The Death of "Superman Lives": What Happened?(原題)/ティム・バートンとニコラス・ケイジの『スーパーマン』に何が起きたのか

The Death of Superman Lives: What Happened?

The Death of "Superman Lives": What Happened?The Death of "Superman Lives": What Happened?/監督:ジョン・シュネップ/2015年/アメリカ


製作中止になった、ティム・バートン監督、ニコラス・ケイジ主演
『スーパーマン』についてのドキュメンタリー映画


友人にBlu-rayを借りて鑑賞。現状、この映画を見る方法は、出資者から借りる以外にはないと思います。洋盤Blu-rayも発売はされていません。
出資者を募っているのは知っていましたが、少し悩んでやめてしまったんですね。Blu-rayつきが確か50ドルでした。払っておけば良かったと切に思います。
ティム・バートンマニアの方が日本公開に向けて活動されているようです。

あらすじ:ティムとニックの『スーパーマン』は、どうなるはずだったのか。

英語字幕があったのですが、半分も理解できていません。わかったところだけ書きます。
海外サイトを周れば、具体的に記述してあるところも見つかると思います。今回わたしは調べずに書きますので、間違い、勘違いなども、かなりあるかと思います。不十分で申し訳ないです。日本公開もしくはソフト化を待ちましょう……。ドキュメンタリー映画としての完成度はかなり高いと思います。

ネタバレしています。内容が足りていないので、これを読んだだけでは全部はわからないです。

おすすめ
ポイント
ネットに流れている半目のニコラス・ケイジ写真が印象をすごく悪くしているなと思います。その点についても言及されていました。完成形を見たくなります。
内容がわからなかった理由はいくつかありまして、人がずっと話していること。オーディオコメンタリーを想像していただけるとわかりやすいかな。早口で聞き取れない&字幕があっという間に流れていってしまう。固有名詞が多いし、わからない単語も多いので、なかなかついていけませんでした。
アメコミファンの方ならわかるんだと思いますが、原作のストーリーにも言及されます、クリストファー・リーヴの『スーパーマン』と『マン・オブ・スティール』しか知らないわたしには難しかったです。

ニコラス・ケイジはフッテージのみの出演です。ニックが話している字幕にかぶって他の人が話している字幕も出るため、わたしの英語力では難易度が高かったですね。ニックは終始楽しそうで、ティム・バートンもスタッフも真剣に取り組んでいました。それって当たり前のことではあるんですが、ニコラス・ケイジのスーパーマン、をおちょくっているような話をネットで見ると、悲しくなっちゃうんですよ。
このドキュメンタリーを見ると、わたしが悲しくなっちゃう理由が、もっとわかると思います。

コミコンでスーパーマンのコスプレをしている人たちに「ニコラス・ケイジのスーパーマンについてどう思う?」というインタビュー。「ニックはいい役者だけど……」みたいな反応が多め。
構成としては、このあと脚本家やスタッフ、プロデューサーのインタビュー、ティム・バートンのインタビュー、ニコラス・ケイジのフッテージ、絵コンテを元にした再現などです。おもに話しているのはケヴィン・スミスとダン・ギルロイ。

ケヴィン・スミスとダン・ギルロイが脚本について話します。条件として出されたものは「空を飛ばないこと」「スーツを着ないこと」「クモを出すこと」。ケビン・スミスはその3つに対して「あーうん、OK」「え? ……うん、OK」とか答えた、って言っていました。
※2015/9/15 追記:三つ目の条件、聞き取れていませんでしたが、友人に教えてもらいました。

「空を飛ばない」のは、「ずっと飛び続けない」という意味です。長いジャンプをして、いったん着地し、また飛ぶ、というスタイルでと。「スーツを着ない」は「今までのスーパーマンのような、青と赤、黄色のスーツはナシ。赤いパンツは特にナシ」でと。

The Death of Superman Lives: What Happened?

よくネットでいじられている、この写真ですね。
かなり初期のもので、偶然半目になっているのが流出してしまったようす。「インターネット……なぁ〜……」みたいなこと言っていました。

スーツは黒ベースで、光るようにしよう」ってことで、太い血管と筋肉に沿ったようなかんじで電飾入りのチューブを這わせたものを製作していました。Sのマークは武器として取り外しできるように。やや透明で、角度によって色が変わるようなものでした。

ニックはスーツを着て身体を動かし「腕を曲げると、たるみが出るから直したほうが」「マントの素材はこれじゃないと思う」などいろいろ意見を出し、何着も試作品が作られていました。

スーツはピッタリしていないといけないため、ニックの身体を型取りしたものをベースにし、筋肉に合わせて細かくパーツ分けして、体型の似ているスタッフが試着したり。


髪が長いことについては、原作でも長髪のスーパーマンが出てくるときあるから、これもOKかなという話。長髪ではないニックがスーツを着ている場面も。ニコラス・ケイジが選ばれた理由として、演技がうまいと。『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した時の映像も流れました。
ティム・バートンの『バットマン』にマイケル・キートンが起用されたことは当時叩かれたが、結果良かったし、とか。

バットマンは『闇』のヒーローだ。スーパーマンは『光』のヒーローだ

ここがね、すごく興味深い話ではあったのですが、英語を見聞きしてから日本語に変換し文章化する力がないため、すみません、そういう話が出ていましたということだけ書きますね。

ヴィランはクモで、最初大きいのがドーンって出てきて、小さいクモにスーパーマンが襲われてギャーみたいな、これ原作にあるようですね。そもそもベースのストーリーが原作にあるものです、タイトルわかりません、スーパーマンが死んでしまい葬式も行われる話です。

ヴィランの候補はクリストファー・ウォーケン。緑色で、身体をマントで隠しており、脱ぐと身体がなくて頭と脚だけというデザイン。シロクマもいましたね、モンスターではないです。スーパーマンの前にシロクマが2頭いて、でっかいクモが現れたと思ったらレーザーがビーって出て、シロクマの骨が透けて見えちゃってギャーみたいな。

他にもモンスターのコンセプト・デザインが大量に出てきました。「ティムは怪獣が好きだからね〜ゴジラとかね」ていう話も。モンスターは双頭のものとか、ぬるっとした身体に脚だけとか。忍者の話もしていて、スーパーマンが刀持ってる絵コンテがあったり。絵コンテを元にして、それを役者で再現したりアニメで再現したり。再現を見ていると、実際に映画化されていたらなあという気持ちが強まります。

クリプトン星は有機的なデザインで、ジョー=エルは頭に透明なマスクみたいなのをかぶっていました。『マーズ・アタック!』の火星人みたいなかんじ。クリプトン星からカル=エルが脱出する宇宙船はドクロのデザインで、それはティム・バートンが「ナショナルジオグラフィック」の表紙で見た奇妙なドクロから着想を得、「眼窩を広げて、サイドにはH.R.ギーガーのデザインみたいなのを付ける」て話で、どこなのかな、場所わからないのですが、実際に作られたプロップが飾られているようすも。

バットマンもスパイダーマンも人間だ。X-MENも。でも、スーパーマンはエイリアンだ

これが本当にすごいなと思って、スーパーマンはエイリアンだから、地球になじめないはずだと。
クラーク・ケントとして働くけれども、他人とのコミュニケーションがうまく取れないだろうと。
ニコラス・ケイジのクラーク・ケントは、サックスブルーのモッサリしたジャケットを着ているのです。ぜんぜん格好良くない。まさかこの人がスーパーマンだとは、誰も思わない。
わたしはクリストファー・リーヴの『スーパーマン』が好きなので引き合いに出しますが、クラーク・ケントのときもハンサムだし、メガネかけているくらいで、すぐ正体ばれちゃってもおかしくないよねってかんじですよね。ティム・バートン&ニコラス・ケイジのスーパーマンは、そこをクリアしている。

わたしは現在のティム・バートンとニコラス・ケイジが映画界でどういう立ち位置なのか知っているから、この映画が滞りなく製作されたら良かったのに思ってしまいます。「マイノリティとしてのスーパーマン」という、ティム・バートン色のあるスーパーマンになったかなあと。
でも、もしかしたら、すごく叩かれたかもしれない。わからない。中止になったのは、あまりにも予算がかかりすぎることでワーナー・ブラザーズが難色を示したようです。このあたりに関しては、パッと調べればすぐ出てくると思います。

ティム・バートンは最後に「90年代に戻れたら?」と聞かれ「撮りたいよね」と答えていました。
ちなみにティム・バートン、「今って何年なの?」て言ってました。

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM