アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン/君も今日からアベンジャーズ!

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンAvengers: Age of Ultron/監督:ジョス・ウェドン/2015年/アメリカ


エンドロールのスタチューが欲しい!


新宿ピカデリー シアター3 E-17で鑑賞。2D字幕です。

アベンジャーズネイル

タイトルも見出しもバカ丸出しですが、いろいろ考えた末、ネタバレなしのってこれしか思いつかなかった語彙の貧弱さ。

アベンジャーズ』のときはネイルをアベンジャーズ仕様にしておりました。今回は限定ロキワンピースを海外サイトで買いました。気合い。以前、友人からプレゼントされたロキレギンスとあわせてみましたよ。緑のペディキュアくらいすればよかった。



いつも以上にネタバレ回避して挑みましたよー。知っていたのは、なんかマッシヴなアイアンマンがいる。っていうのと、新しいキャラがふたりいる。あと、なんか赤い顔の人がいる。っていうのくらいでしたね。そしてロキちゃんが出ないことは、うっかり知りました。

あらすじ:これができれば世界が平和になるんじゃない? って思いました。

アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、ハルク(マーク・ラファロ)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は、用事があって森のなかで戦っていたら、クイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン)に襲われてギャッてなって、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)に嫌なもの見せられて、意気消沈します。

ネタバレしています。ストーリー上のネタバレはありません。ないと思います。どこからどこまでがネタバレなのかわからないので、念のため。ネタバレっぽいところの前には注意書きをしています。

おすすめ
ポイント
ホークアイがかっこいい! 今回のいちおしホークアイ。あるシーンでトニー・スタークが着ていたTシャツ、売っているところ見つけたので書いておきますね。
トニー・スタークが着ていたTシャツが売っているのは、ここです。オフィシャルです。送料込み6,000円くらい。映画見ているとき、めちゃめちゃ気になって帰宅してすぐ調べました。

オープニングのアクションシーンからもう、超かっこいいですよね、前回もそうでしたけれど、ひとりひとりでは出来ない戦い方をするでしょう。チーム感が最高だよね。

アベンジャーズ』のときに最後一番かっこいいところさらっていったアイアンマンが、その経験のせいもあって『アイアンマン3』で調子悪くして、あんがい引きずっていて今回も「すごく嫌なものを見た。」ってなってるのよね。彼は彼に出来ることで、平和な世界にするにはこうしたらいいんじゃないか、というのを、一番話が通じる人に相談するわけです。

※以下、ネタバレを含みます。早い。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

トニー・スタークとしては、自分の技術力で何かを作って、それが平和に役立てばいいと考えている。
バナー博士は、いやいやそれは……と言いつつも、社長がやりたいことは解るから、手伝うわけです。

社長と博士の関係っておもしろいなと思って。社長は、他の人たちでは話が通じないなあっていう部分を博士には言えるんだよね。会議してる余裕ないから! て言えちゃうのも、それがあってのことだと思うのよ。


ソーもやっぱり「すごく嫌なものを見た。」って、ちょっと気が気じゃないっていうかごめん地球のこと考えている余裕が……いやしかし……とりあえず目の前のこと片付けないと……てなっている。ロキ登場シーンって入る予定だったのを削られたらしいが、あったとしたら、あそこですよね。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

キャプテン・アメリカが見るものは、悲しいなあ、失ったものに対して、『アベンジャーズ』のときちょっと思い出したりしてて、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』では、自分は何を守ろうとして現在にいるんだろうなあって思ってたらバッキー出てきちゃうでしょ、それも乗り越えて今作があるのだろうけれど、もうそろそろ現代に置かれてしまった自分の状況に慣れて、折り合いつけて、こうなってしまったものは仕方がないからここで生きていこうって前向きになっているはずのところへ、「そもそも、こういう未来だったら良かったと思ってたんじゃないの」みたいなのを見せられた上にやっぱり奪われたら、もうやめてよ! ってなりますよ。


そのぶん、ラストでホッとしたね。キャプテン・アメリカはアベンジャーズのリーダーなんだよって、あなたの居場所はちゃんとあるよ、って。今後のシリーズ展開わたし知りませんが(アメコミ原作映画については、普段以上に情報を入れないようにしているのでね)バッキー出てきますかね、出てきますよね、そのときにまた、ああ、つらい……見ていてつらい……となるかもしれないが、とりあえず今は、良かった。キャップは大丈夫。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

ホークアイ! ですね〜ホークアイ、スカーレット・ウィッチに「外へ出たらお前もアベンジャーズだ!」って言うとこ! 最高! かっこいい!

操られるのは前にやられてるんで」って言ってたときから、スカーレット・ウィッチはホークアイに勝てないわけですよ気持ちの上でも。だからそんなホークアイから「戦え! ぼくらは! アベンジャーズ!」って言われたら、腹くくるしかないですよ。スカーレット・ウィッチもがんばった。

クイックシルバーはホークアイに「おっさん」とか言ってますが、最後は戦友になっているでしょう。いいですよねえ。ですからねえ、退場は惜しいです。


ブラックウィドウとバナー博士に関しては、博士が「自分といてもいいことない、緑になっちゃうし子供だって無理だし」と言うのに対しブラックウィドウこれだけは人に言いたくなかっただろうなっていう秘密を明かす。「幸せな男女の関係とは夫婦になり子供を持つことだ」というのは、ホークアイの穏やかな家族を見て思うのです。

一方で、ブラックウィドウとバナー博士のように、ひとりででも生きていけるが、お互いを想い合っていてふたりだけの関係を築くことも幸せな男女の関係のひとつですよね。男女に限らずです、親密度の高い関係においては、幸せのあり方はひとつではないですよ、個人個人によって違うものなんですよと描いているのは、作り手の優しさや思慮深さだとも思います。

それをこの映画で描く必要があるのかどうかっつーことについては、そうだね、うん、他の映画でもよかったんじゃないですかね、とは思います、まーざっくり一言でいうと、わたしは無印のほうがずっと好きでした。が、とにかく、ハルク、早く戻ってきてあげてください。

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
実り得ぬ愛を超えて 公式サイト。原題:Avengers: Age of Ultron。ジョス・ウィードン監督、ロバート・ダウニーJr.、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/07/06 11:54 AM
アート・オブ・アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (MARVEL) [大型本]人工知能ウルトロンとアベンジャーズの闘いを描くアクション巨編の第2弾「アベンジャーズ エイジ・オブ・ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/07/06 12:43 PM
犠牲の規模がデカすぎてちょっとだけ興醒め。  
  • Akira's VOICE
  • 2015/07/06 4:11 PM
ヒーローも無敵ではなく、悩みもするし、間違いも犯す。そんな姿も魅力的だが、やはりワクワクするのは、めちゃかっこいいバトルシーン! 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」同様、もうそれだけで「面白かった〜!」と言えるエンターテインメント作品。
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
  • 2015/07/08 2:42 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM