コングレス未来学会議/わたしとわたしの理想の国

コングレス未来学会議

コングレス未来学会議The Congress/כנס העתידנים/監督:アリ・フォルマン/2013年/イスラエル・ドイツ・ポーランド・ルクセンブルク・フランス・ベルギー


現実はいつだって、どこまでだって、残酷だった


新宿シネマカリテ スクリーン1 D-08で鑑賞。原作は未読です。

コングレス未来学会議

あらすじ:二次元に入れた。

女優のロビン・ライト(ロビン・ライト)は、全盛期の自分の身体と感情をすべてスキャンさせてデータ化された女優になる契約を交わします。

そして20年後。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
ちょこちょこいろんな映画の小ネタがあると思います。アニメーションパートはどこもかしこも大変なことになっていて楽しい!
ロビン・ライトはロビン・ライトの役で、「プリンセス・ブライド・ストーリー』や『フォレスト・ガンプ』とか、『ステート・オブ・グレース』の時は良かったのにねえ、最近パッとしないし、男選びもひっどいし、現場飛ばすし、あんたの選択はいっつも間違ってんの!」とかボロクソ言われています。

コングレス未来学会議

落ち目ってほどでもないけどパッとはしてないから、キッツイよね〜。『サンセット大通り』を思い出したよ、落ち目の女優役に本当に落ち目の女優をキャスティングするっていう……。

ハーヴェイ・カイテルはロビン・ライトのエージェントで、厳しいことも言いつつ、彼女をどうにかして守ろうとしているんですよね。

俺に任せろ」からの一連の話はもう、泣きそうでしたね。ハーヴェイ・カイテル涙ぐんでるしね。俺はお前のことをよくわかっているつもりだ、わかっているから、お前を利用していた。



コングレス未来学会議

20年後。彼女はある会議に呼ばれました。20年経っていますから、前半の世界観とはまったく違うんですね、それは徐々に明かされていくことなのだけれども……。そしてここからアニメーションパートです。最初はね、めっちゃニヤニヤしていました。

だってわたし、こういう絵柄と動きのアニメーション好きだし、アニメの中はとっても自由なのにドラッグやったりするところとかさ、なんだろ、自由自在なんだからドラッグやんなくていいじゃんって思っちゃうんだけど、やるんだよ。このへん人間味残ってるよね。「」の人間味かな? ねー。


コングレス未来学会議

それから、「このアニメの世界を作っているアニメーターの人たち(アニメキャラ)」というややこしい設定とかね、ただこれは、映画制作会社CEO(ダニー・ヒューストン)がそう言っているだけで実際は? というか実際ってなんだ、わからないが、ああ、この、わかるようなわからんような感じたまりません。

起きていることについて、見たまま言われたままを受け止めていくしかない、そうやっていると、最後に何かがわかるんだと思うんですよね。

実写パートにしてもアニメーションパートにしても、そんなにものすごく目新しい画はないんです。


これ最後のほうで、思ったのは、ものすっごく目新しい画面にしてしまうと、ラストシーンの切なさが薄れたのかもしれないなって思って。見たことのあるような画でやることが大切だったのかなと、見たことがある、繰り返していく。
お話自体に似ているところがあるわけじゃないんですよ、直感的にそう思ったのね。内側へ内側へとこもっていく、そして、母親の愛ゆえにあのようなことを行ったわけじゃないんだよな、彼女はただ、自分勝手な理想を追っているんだと思うのよ。医者(ポール・ジアマッティ)はたぶん、わかっていて「あちら側への選択」を止めなかったんだと思うんだよね。

行きたいですよね。現実と向き合わないのは悪ですか!? そうですか!
ではなおさら、二次元行きたい! 現実逃避の選択肢をわたしにください!

photo
コングレス未来学会議 [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2016-02-17

by G-Tools , 2016/02/15

photo
泰平ヨンの未来学会議〔改訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)
スタニスワフ レム 深見 弾
早川書房 2015-05-25

by G-Tools , 2015/06/24

photo
ウルトラヘヴン (1) (ビームコミックス)
小池 桂一
エンターブレイン 2002-02

by G-Tools , 2015/06/25

photo
ウルトラヘヴン (2) (ビームコミックス)
小池 桂一
エンターブレイン 2005-03-25

by G-Tools , 2015/06/25

photo
ウルトラヘヴン (3) (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
小池桂一
エンターブレイン 2009-11-26

by G-Tools , 2015/06/25

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
最近、SFもの映画の充実を実感している。 昨年末のぶっ飛び「インターステラー」も素晴らしかったし、最近では Ex Machina とか(別途アップ予定) 今日ご紹介するこの映画も、その驚きの文脈上にある。 実は全く予備知識なく、最近凄みが増しているロビン・ライト
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/06/27 9:39 AM
幻想の未来を求めて。 「戦場でワルツを」の異才アリ・フォルマン監督による、異色の近未来SF。 スタニスワフ・レムの原作「泰平ヨンの未来学会議」は未読だが、監督によると大幅に脚色されているそうな。 果たしてこれはディストピアなのか、それともユートピアな
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/07/06 7:54 PM
ひょっとして脳内会議? 公式サイト。イスラエル=ドイツ=ポーランド=ルクセンブルク=フランス=ベルギー。英題:The Congress。スタニスワフ・レム原作、アリ・フォルマン監督。ロビ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/07/07 9:00 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在938件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM