チャッピー/知能は人を超えてゆく

チャッピー

チャッピーChappie/監督:ニール・ブロムカンプ/2015年/アメリカ、メキシコ、南アフリカ


人の本質は、どこにあるのか。


丸の内ピカデリー シアター1、T-18で鑑賞。

チャッピー』まわりは騒がしかった。映画ファンをやめるかインターネットをやめるか、ってくらい嫌になって、インターネットの観測範囲を狭くすることで解決しました。

ソニー・ピクチャーズが完全版の劇場公開はしないとハッキリさせたのは誠意だと思うし、もし完全版が公開されたらそれはそれで怒る人が多くいると思う。映画ファンが映画の邪魔してどうするの? とも思う。

ザ・レイド2』みたいにアクション映画で肝心のアクションシーンがカットされてると、わたしも洋盤見るけど、チャッピー』はストーリーと関係ないところがカットされているのね。レーティング下げるためだって怒る人もいたが、子供にも『チャッピー』見せてあげなよ。ほとんどの国でR指定なのはFワードが多いというのもあると思います。

カットされたシーンは、以下リンク「Violence & Gore」の一番下に書いてあります。ゴアシーンがもう一箇所あります、この2つ以外はオリジナルのままということです。

観測範囲を狭くしたから、結局『チャッピー』騒動が今どうなっているのか知りたくもない。これについて話し合いとかもしたくない。言いたいことは4分の1くらい書いたので、この話は終わりにします。

チャッピー

あらすじ:人工知能ロボットつくった。

ディオン(デーヴ・パテール)は警察ロボット作る会社に勤めつつAIの開発して、廃棄処分予定のロボットにぶっこんだら動いたのはいいんだが、ギャングのニンジャ(ワトキン・チューダー・ジョーンズ)とヨーランディ(ヨーランディ・ヴィッサー)がギャングロボにするぜとか言って、えっやめて? て困って、会社ではおっきいロボット作ってるヴィンセント(ヒュー・ジャックマン)が、俺の作ったロボすごいのにみんなバカにする! キーッ! ってなってます。

ネタバレはありません。いや、どうだろう、あるかもしれない。ストーリーには触れていません。


おすすめ
ポイント
お話はものすごくシンプルで、ものすごく個人的なのだがものすごく壮大でもあって、生きるとは……とか思っちゃいますね。ヨーランディ人形の特定してみました。
チャッピー

チャッピーでーす。いえーい。ごあいさつー。

チャッピーが「家族」になるのはギャングなんだよね、まずここでビックリしちゃったよね。

ディオンは自分がインテリなこともあって、チャッピーに「芸術を理解したり創造したりしてほしい」って思ってるしチャッピーにはそういう能力もあるんだけど、犯罪に手を染めて生きなければならない人々の中にいる、荒んだ世界しか知らない。家庭環境が悪いのです。


チャッピー

ママでーす。絵本を読んでくれるよ。
チャッピーのこと、愛してるって!


ここもまたビックリしたのが、「愛情」という部分に関してチャッピーはなんの引っ掛かりも疑問も持たずにスルッと理解している、もしくは何の関心も持っていないように思えるんですね。絵本読んでもらいながらボーッとしているけれど、それも、死について考えている(であろう)と思われる。

知能ロボットもので比較的多い、愛情や感情が芽生えて……というのは、すっ飛ばしている、もうひとつ先に行っている。


チャッピー

パパでーす。最初怖かったんだけど、いろいろ教えてくれるんだ。それに、ぼくを助けてくれるって。

ヨーランディがチャッピーに対してすぐに母性愛を見せるのに対し、ニンジャは最後の方になるまで父性のようなものを見せないです。いきなり子供を持ってしまった男の人がめっちゃ戸惑ってどうしていいかわかんないっていう感じ。

彼にとってチャッピーは道具だが、ひとつずつ物を教えていくにしたがって愛着が出て、ああいう行動を取るのだな、よっ、男前! ニンジャは不器用なんだなあ。


チャッピー

創造者でーす。ぼくを作ってくれたよ。
でもたまに説教してくるからウザい。


人間が知能のある者を作ったら、自分の思う通りに動いて欲しいと、すくすく成長して欲しいと願うであろう、ディオンもそうです。やさぐれて人を傷つけるような者になってほしいわけがない。

神と呼ばれる者が人間を作ったとすれば、やっぱり人間に対して同じように思うのかも、でも、それは人知を超えたところにあるから、人間にはわからない。


そして、人工知能は人を超えていくんですね。人が成し得ぬことをやってのける、それは生と死を超えていく。
このまま彼が「成長」を続けたならば、世界を統べる者となり得るわけで、それって神ってことじゃない? と思うんです。チャッピーの意識は、だんだん遠くへ行ってしまうだろう、『her/世界でひとつの彼女』みたいにさ。でもきっと、家族からは離れないよね。

チャッピー

人形者的にはヨーランディ人形が気になるわけです。

最初はBRATZカスタムだと思ったのですが、唇の形が違うんですよね。Monster Highカスタムかな、かなり植毛されていることは間違いないなあ、しかし足の形と長さがまったく違うよ。Monster Highもここまで頬はこけていないけれど、削れるし、色についてはどうにでもなるし、と思いつつ、ヘッドは原型から起こしている可能性もありつつ。パッと見て解るような既存ドールは使わないかもなあと思いつつ。


ボディは原型起こしてソフビに置換する手間をかけるくらいなら既存ドールのボディを使うと思うなあ。撮影用のドールが1体っきりってことはないし。顔ほど目立たないから既存品だと思うんですよね。1/6ドールは詳しくないため、見えている手足からの特定は難しいのです。ヨーランディ人形が出てくるたび、目を凝らして見ていましたよ……。

で、クレジットにマテル社が入っていたため、Monster Highヘッドカスタムでボディすげかえか? って思ったら『He-Man and the Masters of the Universe』(チャッピーが見てるアニメ)の方でのクレジットだった。マテル社が入っているのなら他メーカーのドールは使わないと思うので、ボディはマテル社のドールだろう、ヘッドは謎だがMonster Highが濃厚ってことで、マテル本社に問い合わせるほどの気力はありません。

自分の記録用に、今後、ツイートも載せていくことにしました。
photo
CHAPPIE/チャッピー アンレイテッド・バージョン  [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-09-18

by G-Tools , 2015/07/29

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
 映画comさん主催「『第9地区』萌え萌え男子限定独占試写会」に招かれた。客席は満席だ。映画上映前に赤ペン瀧川氏による公開「映画添削」イベントが行われた。
  • 新・辛口映画館
  • 2015/05/27 12:22 PM
公式サイト。原題:Chappie。ニール・ブロムカンプ監督。シャールト・コプリー、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー、デヴ・パテル、ヨーランディ・ヴィザー。同じロボ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/05/27 4:35 PM
チャッピー [CD]無垢な人工知能のロボットと人間たちとの関わりを描くSFアクション・ドラマ「チャッピー」。設定はありがちだが、ラストには意表をつかれた。2016年、凶悪犯罪が後を ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/05/27 11:49 PM
『第9地区 / District 9』、『エリジウム / Elysium』の、ニール・ブロムカンプの作品。 ニール・ブロムカンプ監督の作品は、『第9地区』も『エリジウム』も、SFを舞台にしながらも、差別や、階級社会という社会的な問題を浮き彫りにした、社会派の一面を持つ作品でし
  • 勝手に映画評
  • 2015/05/29 6:23 PM
チャッピーChappie/監督:ニール・ブロムカンプ/2015年/アメリカ、メキシコ、南アフリカ 以降、ネタバレしかありません。とはいえ本文3行くらいです。 どこかのサイトなどで既出かもしれないが、わたしには〜関係ないからね〜。 没エンディ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2015/06/07 7:36 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1018件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM