バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/存在の、耐えられない

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)/監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/2014年/アメリカ


アカデミー賞授賞式までで1作品扱いしたい所存でございます。


TOHOシネマズシャンテ、E-10で鑑賞。事前情報としてはマイケル・キートンが出ていること、アカデミー賞作品賞とったこと、ワンカットに見えるように撮っていること、くらいでした。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

あらすじ:元ハリウッド俳優が舞台でがんばりたい。

むかし『バードマン』っていうヒーロー映画で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、ブロードウェイで舞台やって返り咲くぜと意気込むものの、混乱していて大変です。

ネタバレはありません。
ストーリーには触れていません。他の映画のざっくりネタバレはあります。


おすすめ
ポイント
コメディ映画ですが、めっちゃくちゃ怖くて面白かったです。ダーレン・アロノフスキー好きな人におすすめ。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バットマン』のマイケル・キートンにこういう役を当てるのは意地悪だなあと思っていましたら、お話が進むにつれて、あれ、これもしかしてエドワード・ノートンは『ファイト・クラブ』(『インクレディブル・ハルク』も?)、ナオミ・ワッツは『マルホランド・ドライブ』、エマ・ストーンは『アメイジング・スパイダーマン』なのか? と、思いまして。

ファイト・クラブ』は二重人格者のお話ですよね、リーガンは二重人格者というより統合失調症、ひとりなのにふたりいる。統合失調症的な描写はかなり多かったですね。クライマックス含めこのへん『ブラック・スワン』っぽさあります。


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

お話全体では『レスラー』っぽさもあります、そして『レクイエム・フォー・ドリーム』っぽさも……なのでダーレン・アロノフスキー好きな人にいいんじゃないかなって思ったんですね。

ちょっとズレたんで戻しますと、『マルホランド・ドライブ』はハリウッドで女が大混乱して、もうなにが現実やら空想やらわからんぞというお話ですよね、リーガンも、なにがなにやらとなっております、女同士のなにがなにやらもございます。

アメイジング・スパイダーマン』はリーガンでなくエマ・ストーン側の立場になっていると思うんですね。


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

アメイジング・スパイダーマン』が、『スパイダーマン』のリブートということも考えると、この役にエマ・ストーン持ってきたのは、わざとなんじゃないかなあ。

マイケル・キートンが『バットマン』シリーズを(ティム・バートンの事情があるとはいえ)2作で降りてますので、あー、「1992年」っていうせりふもありましたね、これ『バットマン・リターンズ』が1992年だから入れてるんじゃないですか? たぶんこのあたり、詳しい人にお任せしたら山ほど出てくる気がします、わたし知らない映画いっぱいあるから。


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

またズレたんで戻します、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の登場人物はほとんどみんな、どこかぐらつきを持っている中で、エマ・ストーンだけが現実、現在の世界を見ている。『スパイダーマン』がまたまた作り直されるらしいって話ありますが、今のところは『アメイジング・スパイダーマン2』が最新ですので、先のことは置いといてエマ・ストーン。

彼女は下を見てから上を見ますが、これ、下見て現実が終わっていて、上を見るのはリーガンの理想のようなものかと。ここにほんの少しの救いがあって、下見てバツンって切れたらドヨーンですからね……。ああ、でも、バーンってなったところで終わっているのか、撮り方変わるからね。


ザック・ガリフィアナキスも現実側の人間ですが、この人は登場回数に反してストーリーの根幹に関わる部分には居ない。『ハングオーバー』でしっちゃかめっちゃかやってた人が、しっちゃかめっちゃかやるリーガンを「まあまあちょっと、落ち着きなさい」って諭してるの、ちょうおもしろかった。

アカデミー賞主演男優賞が発表されたとき、マイケル・キートンが胸ポケットからスピーチ原稿らしき白い紙を取り出しかけていた瞬間がカメラに抜かれてちょっと話題になっていました。それが本当に原稿だったのかどうか、本人に聞かないとわからないですけれども、映画を見終わってから思い出すと切なさが倍増というか……。
映画見たあとに授賞式見ていたら、もっと「うわーん」ってなってたと思いますね。メタいなあ。メタいって今つくった。アカデミー賞授賞式含めてね。もう、授賞式までで1作品扱いしたい所存でございます。

photo
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-09-02

by G-Tools , 2015/07/03

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小芝風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。客入りは満席、客層は大人ばかりであるが、一人だけ5歳位
  • 新・辛口映画館
  • 2015/04/13 12:29 PM
Ost: Birdman [CD]元ヒーロー役者が現実と虚構の間で追いつめられていく様を描く「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」。奇抜な映像と役者の演技合戦、ひねった映画批 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/04/13 1:13 PM
ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・ 公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/04/13 2:40 PM
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/04/14 6:55 AM
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/04/14 6:55 AM
バードマンは飛んだのか? メキシコの異才、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作は、ブロードウェイの舞台制作を通して、再起をかける落ち目の俳優が、虚構と現実の狭間に迷うシュールでユーモラスなダークファンタジー。 主人公の元ヒーロー映画のスターに
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/04/17 12:41 PM
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であること
  • 映画のブログ
  • 2015/04/21 10:43 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1018件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM