シェフ 三ツ星フードトラック始めました/料理と映画は似ているのかもね

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

シェフ 三ツ星フードトラック始めましたChef/監督:ジョン・ファブロー/2014年/アメリカ


ジョン・ファブローは映画に対して誠実でありたいのだなあ


TOHOシネマズシャンテ スクリーン2、F-10で鑑賞。まったくチェックしていませんでしたが、評判がすごく良かったので見に行きました。監督がジョン・ファブローだというのも見に行く直前に知ったくらい。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

あらすじ:一流シェフが移動屋台でキャッキャします。

有名レストランの総料理長カール(ジョン・ファブロー)は、新しいメニューを試そうとしたらオーナー(ダスティン・ホフマン)に勝手なことすんなって言われ、批評家(オリバー・プラット)にはボロカス書かれてキーッてなってTwitterが炎上して移動屋台を始めました。

ネタバレはありません。ないと思います。あるかな。あるかもしれない。ストーリーの内容についてより、映画を作ることについて書いています。


おすすめ
ポイント
ちょくちょくすごい珍妙なシーン(特にロバート・ダウニーJrとの)があって面白いです。ジョン・レグイザモいいよなあ。面白いです、おすすめ。おなかすく。
シェフ 三ツ星フードトラック始めました

ジョン・ファブローが『アイアンマン3』の監督を断ってこれを撮ったのだというのが本当なんだとしたら、すごく納得がいくように思いました。

オーナーは『客はうちの定番メニューを期待しているんだから新しいことすんな、アートならよそでやれ。あと、金出してんの俺だから』と言う。彼の言うことには一理あって、ビジネスであるから仕方ないんですよね。マンネリでも、望まれるものを提供するのが仕事だと。

雇われているから好きなものを作れない。勝負をかけるときでも、自分の意見を通せない。それで彼にとって『つまらない』ものを提供したら、批評家にボロカス言われてしまう。つまらないとわかっていても責任を取る立場として名前が出るのは自分だから仕方ない。


シェフ 三ツ星フードトラック始めました

ここまででもう、あーこれ、ジョン・ファブローが映画作りに対してどう考えているのかっていう話なのかな……と思ったんですよね。

で、好き勝手やる、自由にやるには、メジャーの舞台を降りて4ドルや7ドルで売るものを作ることになるんだけれども、それでも、客が喜ぶことが一番大切だと。

焦げたサンドイッチを出さないシーンに、それが一番良く現れているなあと思いました。いいものを作ろうとしたら妥協は出来ないんですよね。


シェフ 三ツ星フードトラック始めました

SNSで炎上してそのままSNSで宣伝というのは大変現代的で、カールが最後でいちど息子の話を断ったのは、この大繁盛がそんなに長く続くものではないとわかっているからというのもあるでしょう(だから、がっかりさせたくないと言っていた)。

それで、落としどころもああなるわけで、好きなように良いものを作り、ビジネスとして成り立たせつつ、嫌な奴とも和解したいという、ここはファブローの理想を描いているのだと思いますね。

オーナーは、あれでいいんです。ああいうビジネススタイルの店があることを否定は出来ない。


2012年に堤幸彦が、本当に撮りたかった映画として『MY HOUSE』(ホームレス主人公のモノクロ映画・原作付き)ってのを作ってるんですけど、まー見ていないので内容についてはなんとも言えないが、ヒットはしませんでした。

んで彼は同年『エイトレンジャー』やってるんですね。当然これはヒットする。内容については知りません。
ヒットするための土台があるから売れる。売れるものが必ずしも悪いわけではない。繰り返しになりますがビジネスですからね。ただ、やりたいことがやれているかどうか、っていうことになると、ちょっと話は変わってくる。堤幸彦にも、映画についてのいろいろな葛藤があるのかもしれないと思いますよ。あるでしょうよ。

紀里谷和明はまたちょっと違った感じになってるなと思っていて、わたし『CASSHERN』だけ見ているのですが原作知らないのでそれなりに楽しめたんですね、あと、なんだかんだ言って紀里谷色みたいなのはあると思ってるんです。で、今年公開予定の『The Last Knights』、クライブ・オーウェンとかモーガン・フリーマンとか出ているのですが、ちょっとトレーラー置きますね。見てみてください。



これ見た時、紀里谷色ぜんぜんないな、って思ったんです。彼はきっとやりたいことがあったんだと思うんですが、通らなかったのかなと。モーガン・フリーマンを使えるような立場になりながらも、自分の色は出せないのか、もしくは色を変えてきたのか、ともかくこのトレーラーだけ見たら紀里谷監督作だとわからない。
紀里谷監督に聞きたい。これ、本当に自分が作りたいように作れたと思う? って。

好きな映画を好きなように撮って評価もされて観客にも愛されるっていうの、もしかしたら今はクエンティン・タランティーノくらいなんじゃないかなって思う時あります。彼は映画に愛されている。もっと大御所になってくると話は違うと思いますが、わたしがパッと思いついたのは彼くらいだなあって。あ、ジェームズ・ガンが追い上げてきてるかなあ。

さて長くなりましたので切り上げます。
ひとつ思ったのは、わたし料理がメインの映画ほとんど見ないのですが、ほぼすべての料理シーンの手元が少しだけ薄暗いのは意図的なものか、これがスタンダードなのかどちらなのでしょう? 食べ物を撮るってなったらライトがんがん当てたくなりそうなのに、いいかんじにちょっと薄暗いんだよね。

photo
シェフ 三ツ星フードトラック始めました(初回限定版) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-06-24

by G-Tools , 2015/05/14

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
人生再スタートを謳う満腹ロード・ムービー! 仕事とは?家族とは?人生における大切な命題を、明るく楽しく描いた良作であった。 本作は、『アイアンマン』2作を大ヒットさせたジョン・ファブロー監督作。なんと数億円のギャラが保証された当シリーズ第3弾の監督
  • 相木悟の映画評
  • 2015/03/11 11:36 AM
アイアンレストラン? 公式サイト。原題:Chef。ジョン・ファヴロー監督・主演。ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、ソフィア・ベルガラ、ジ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/03/11 2:03 PM
'15.01.31 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』@ソニー・ピクチャーズ試写室 cocoさんで当選いつもありがとうございます! この試写会、懇親会つきだった。その時の記事はコチラ。1人参加だったので、ちょっぴり不安だったけど、映画も懇親会も楽しくて、
  • ・*・ etoile ・*・
  • 2015/03/12 12:41 AM
《第27回東京国際映画祭特別招待作品》、《トライベッカ映画祭2014「観客賞」受賞》 ジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演の4役。ジョン・ファブローが“アイアンマンシリーズ”の監督や、制作などを行ったためか、アイアンマンのロバート・ダウニー・Jr.も出演
  • 勝手に映画評
  • 2015/03/12 10:36 PM
『アイアンマン』を成功させ、マーベル・シネマティック・ユニバースの基礎を築いたたジョン・ファヴローが、製作・監督・脚本・主演までこなした『シェフ 〜三ツ星フードトラック始めました〜』を観てきました。 ★★★★★ SFのイメージが強いジョン・ファヴロー監督
  • そーれりぽーと
  • 2015/03/13 12:06 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1006件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM