君が生きた証/いなくなってしまった君と、分かり合うことは出来るだろうか?

君が生きた証

君が生きた証Rudderless/監督:ウィリアム・H・メイシー/2014年/アメリカ


良い監督と良い仕事をしてきた名脇役は、視点が一味違うなあ!


ヒューマントラストシネマ有楽町 シアター1、F-11で鑑賞。ウィリアム・H・メイシーが好きでですね、初監督作ということで、本人が出ていることを確認してから見に行きました。良い映画にたくさん出ている俳優だけれど、だからって監督をやって良い映画が出来るかどうかっていうのはわからないから、あまり期待せずメイシー久しぶりに見ようくらいの感じで。そうしたらさー! めちゃめちゃ良かったです!

君が生きた証

あらすじ:息子が死んだのでバンド組みます。

サム(ビリー・クラダップ)は、大学で起きた銃乱射事件で息子のジョシュを失い、息子が遺したオリジナル曲をバー兼ライブハウスみたいなところで演奏していたら、息子ほど歳の離れた若者クエンティン(アントン・イェルチン)に惚れ込まれて、しぶしぶバンドを組むことになりました。

ネタバレはありません。ラストの曲あたりについては触れていますが、ストーリーの根幹に関わるネタバレにはならないと思います。


おすすめ
ポイント
音楽が良いですね、この映画は音楽が良くないと成り立たないので良くて当然という見方もあるにせよ、絶対失敗出来ないわけですから大変だったと思います。おすすめです。
君が生きた証

サムに一目惚れしてめっちゃなついてくるちょっと内気な若者クエンティン(アントン・イェルチン)、どっかで見た顔だなあと思っていたら「それでも、愛してる」(あらすじ:メル・ギブソンが鬱になって腕にビーバーのぬいぐるみはめてしゃべりだして、アハハ頭おかしいわーって思ってたら突然腕を●●してしまう気の狂った映画)でメル・ギブソンの息子をやっていた子でした。

それでも、愛してる」は予告やポスター、煽り文句から受ける印象とぜんぜん違うところへ着地する映画でジョディ・フォスターの正気を疑いましたが、「君が生きた証」も同じくとんでもないところへ着地するのでウィリアム・H・メイシーの正気…は疑いませんが本気は見たなと思います。


息子が死ぬまでがものすごく早いんですね。父子の関わりって1本の電話しかないんですよ。
息子の死後2年のところから話が本格的に始まる構成になっていて、息子が死んでお父さんが悲しんだり荒れたりしている描写がずいぶん少ないように思えたのですが、中盤になって、前半そういう描き方をされていた理由がわかりまして、いやーこれはびっくりしますね。

全体的にかなり長い尺を歌のシーンに使っており、バンド結成してライブをやるシーンの、だんだん成功してゆきつつ日常風景も映しつつというところ、技法の名前わからないが、とても良かったです。お父さん救われたなって思うもの。

君が生きた証

息子はもしかしたらバンドを組みたかったのかもしれない、わからないが、お父さんが息子の曲をクエンティンにアレンジされても嬉しそうにしていたのは、のちに本人の口から言われるようにクエンティンと息子を重ねあわせていた部分があったからですよね。

死んでしまった今だから思う、息子と一緒に歌いたかった。でも、生きていたら一緒に歌う機会はなかっただろうし、歌いたいとも思わなかったかもしれない。


クエンティンは自分の置かれている環境について『複雑だ』と言う、サムも同じく複雑なのだが、お互い、本当に具体的なところには踏み込まない。いったいどのタイミングでサムが本当のことを打ち明けるべきだったかは誰にもわからない。もしかしたらエスカレーターのシーンあたりで言っておくのが良かったのかもしれないが、結果が良くなるかどうかはやっぱりわからん。しかたのないことです。

君が生きた証

息子の書く歌詞は比喩表現が入っていたり若さあふるる青臭さで言葉をいじってる感じがあるのだけれど、ラストの曲、途中からはサムが作詞してるんですよね。飾り気がいっさいない。

これはクエンティンにアドバイスして鼻で笑われたりするところとも繋がっていると思うんです。
元々は広告屋だし話も上手いはずで、それはクエンティンに女絡みのアドバイスをするシーンなどで発揮されている。

最後はね、こうなってしまったら、サムが言えること伝えられることって、シンプルで何にもくっつけない、思ったそのまんまの言葉しかないんですよ。ダサかろうがつまんなかろうが、それしか言えない。


サムの言葉が他人の心に響く/響かない、共感される/されない、は別としてね。
あのシーン、観客の中には眉をひそめている人も何人かいたように見えました、気のせいでなければ。あの場に自分が突然いて、あんなことを言われた後で歌われて、どう思うだろうと。受け止めきれないだろうし、すっごい不快な気持ちになるかもしれないですよね。それこそセリーナ・ゴメスが言ってたみたいに思うかもしれない。

でも映画を見ているわたしはサムがどのような苦悩を背負っているのかを知っているから、思う存分涙を搾り取られたわけでして、本当にねえ、サムはこれからどのように生きていくつもりなのだろう。彼が前を向いて生きていってくれるだろう、という希望だけが残っていますよね、あとはもうなんにもないのだよなあ。非常につらいが、おすすめです。

photo
君が生きた証 [DVD]
Happinet(SB)(D) 2015-08-04

by G-Tools , 2015/05/01

photo
君が生きた証
V.A.
Rambling RECORDS 2015-02-03

by G-Tools , 2015/03/05

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1004件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM