アメリカン・スナイパー/遠くの敵なら、よく見える

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパーAmerican Sniper/監督:クリント・イーストウッド/2014年/アメリカ


あー、これはちょっと困りましたね…


丸の内ピカデリー、シアター1 T-19で鑑賞。最近、どんな映画を見てもだいたいは面白いという楽しい脳味噌になっているんですが、今回は困りました。何が困るのかは本文中で。

アメリカン・スナイパー

あらすじ:いっぱい狙撃しました。

海軍特殊部隊のクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、イラクで狙撃手としてがんばってました。いっぽう家では子供が生まれました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
可もなく不可もなしというかんじです。演出は全体的に控えめだと思いました。スピルバーグが監督するって話も出てたらしいんで、スピルバーグで見てみたかったですね。
アメリカン・スナイパー

で、なにが困るかというとですね、実話なのと、演出が控えめなのとで、ちょっと現実との切り離しが難しいなというところです。

先日Twitterを見ていたら「マシンガン・プリーチャー(2011年)」の話題が出ていて、ざっくり説明すると『クズ男が突然キリスト教に目覚めて牧師になるけど活動が攻撃的すぎて頭おかしいようにしか見えないヤバイ(実話)』です。ジェラルド・バトラー主演。存命人物をここまで頭おかしく描いたのは実に立派である。

アメリカン・スナイパー」のクリスも、ちょっと「マシンガン・プリーチャー」の主人公に似ているところあるんですよね。


アメリカン・スナイパー

ただ、前述のとおり、演出が抑えめでエンターテイメント性は低いと思うのと、愛国心ゆえに何度も戦場へ赴くことと家族を守ることの関係(奥さんからしてみたらたまったもんじゃないが、クリスにとっては国を守る=家族を守るなので彼の中では矛盾が発生していない)とか、一番は、実際にPTSDで苦しんでいる人がいるっていう事実があることを考えると、クリスが人殺しに対して反省とかないっす、って言い放ったりすることに対して『おやおやすっかり頭をやられてしまいましたな』とは言えないですよ、あとあれは自分に言い聞かせているとも思うしね。いくらこれは映画ですとはいえ、わたしもそこまで無配慮な人間では…。


アメリカン・スナイパー

普段はねえ、人がいっぱい死んで楽しい! とか言ってますけど、なんかこれは困った。こうやって、困ったなーって思わせるような作りをした時点でイーストウッドの勝ち(何の勝ち負けかは知らないが)かなあとも思います。

っていうことを差っ引いて、じゃあ遠慮無く言いますと、傷口を不必要なまでにずーっと映しているところとか、斬首された生首がゴロゴロしてるところとか、拷問されて死んだ死体がブラーンってなってるところとか、子供が撃たれるのもそうですし、人がぱっちゅんぱっちゅん死ぬのはね、楽しかったです。すいませんねえ、映画の中で人が死ぬの楽しいです。あと、テレビ見てるシーンは良かったですね。


あ、『シリアスな場面で赤ちゃんがあからさまに人形だった問題』に関しては、シエナ・ミラーがちょっと手を揺らしすぎでプルプルしちゃってるのがよろしくなかったってのと、人形の中に重しを入れたらバレにくかったのではないかと思いました。

photo
アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-07-08

by G-Tools , 2015/07/03

photo
アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
クリス・カイル スコット・マキューエン ジム・デフェリス 田口俊樹・他
早川書房 2015-02-20

by G-Tools , 2015/02/26

photo
マシンガン・プリーチャー [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ 2012-08-03

by G-Tools , 2015/02/26

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:American Sniper。クリス・カイル原作。クリント・イーストウッド監督。ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/02/26 11:30 AM
深き余韻が刻まれるスナイパーの一生! 従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった。 本作は、映画界の長老クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争で公式記録160人を撃ち抜いた最強スナイパー、ク
  • 相木悟の映画評
  • 2015/02/26 11:50 AM
2014年/アメリカ/132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー    シエナ・ミラー ■概要 原題は『American Sniper』。アメリカ製作による2014年の戦争伝記ドラマです。監督は『ジャージー・ボーイズ』の御大クリント・イーストウッ
  • 偏愛映画自由帳
  • 2015/02/26 11:57 AM
アメリカン・スナイパー (ハヤカワ文庫 NF 427) [文庫]実在の射撃手クリス・カイルの半生を映画化した「アメリカン・スナイパー」。無音のエンドクレジットに米国の闇を見る。アメリカ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/02/26 8:10 PM
アメリカ軍史上最高の狙撃手、アメリカ海軍特殊部隊SEALsのクリス・カイルを描いた作品。 作品では、クリス・カイルが、戦闘によって徐々に心を蝕まれ、そして、退役後、傷痍軍人やPTSDを負った退役軍人たちとの交流で徐々に人間の心を取り戻していく姿が描かれていま
  • 勝手に映画評
  • 2015/02/26 10:16 PM
スコープの中の戦場。 アメリカのゼロ年代は戦争の時代だ。 2001年の同時多発テロの衝撃から火が付き、アフガニスタンからイラクへと燃え広がっていった戦争は、アラブの政変などの影響を受けつつウィルスの如く変異を重ね、いまだにその出口すら見えていない。 今
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/02/26 10:24 PM
 【ネタバレ注意】  スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。  男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。
  • 映画のブログ
  • 2015/02/27 3:19 AM
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ〜 その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒ
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/02/28 10:18 AM
もう3月も後半に入るかというこの時期に今年初の記事となりますが平常運転で参りますよ。「アメリカン・スナイパー」を観てきましたので、ぐだぐだと能書きを垂れますよ。 これ主演のブラッドリー・クーパーさんが自分で映画化権をとった渾身の企画らしく、当初スピ
  • 生まれてから今まで観てきた映画全部
  • 2015/03/20 8:42 PM
自らの判断で、味方が危ないと思ったら引き金を引く。即断即決のストレスはいかばかりか。いくら任務とはいえ、人を殺して平気なはずがない。何度も死にかけて平常心でいられるはずがない。イラク戦争が、一人のアメリカ人兵士に与えた影響を描く実話物語。
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
  • 2015/06/02 8:37 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在919件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM