エクソダス:神と王/神様! あまりにも容赦なさすぎます!

エクソダス:神と王

エクソダス:神と王Exodus:Gods and Kings/監督:リドリー・スコット/2014年/アメリカ


そしてリドリー・スコットの半端なさが遺憾なく発揮されております。


ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン3、I-16。2D字幕。

ポスター程度の情報しか入れておらず(監督も出演者も誰なのか知らなかった)、あまりにも仕事が忙しすぎるためスルー予定でしたが、なんとなくTwitterで「『エクソダス』見るか迷ってる」的なことを書いたところ、公式アカウントより「見に来てくれ」みたいなキャラ設定リプライを頂き、レイティングを聞いたところ「ジェネラルです」「血は出ますか」「出ます」とキャラ設定を捨ててくれたやりとりがありまして、じゃあ見るか、と軽い気持ちでチケット取ったあと160分もあることに気づき、わあ…となりつつですね、行きました。前置き長い。

エクソダス:神と王

あらすじ:人間が争ってて神様がドシャーンってやります。

モーゼ(クリスチャン・ベール)はラムセス(ジョエル・エドガートン)とモメて国を追放されたんだけど、神様見ちゃって奴隷解放に向かいました。

ネタバレしています。わたしはチャールトン・ヘストンの「十戒」を見ておらず、また宗教絡み、特に聖書に関しては幼少期の経験により回避しているため、基本的な話の内容は知らないんです。ざっくりと「モーゼは海を割った」程度は知っています。

ですから、一般的にこの物語についてどの程度の認知度なのかはわからないので、どこまで書いたらネタバレなのかも定かではないです。みなさん知ってるものとして書きます。前置き長い。


おすすめ
ポイント
ポスターや宣伝でちょっと損してると思います。IMAXで見れば良かったです。とにかく絵がすごい。おすすめです。
エクソダス:神と王

スケール感が半端ないですね。撮影きれいです、絵が気持ちいい。空撮が素晴らしいですね。セットもすごいし、エキストラや動物の数も半端ない。ビッグバジェットで実績ある監督の力を見せつけられた感あります。

実際いくらかかっているのかは調べていないですが、そうとうかかっているでしょう、これ。もちろんね、お金かけずに面白い映画を撮ることは出来ます。が、お金があるとここまで出来るよ、とも思います。

CGに関しては、わたしはね、もう、最近の出来の良い映画は本物とCGの区別がつかないです。
何度か言っていることですが、CGは魔法ではない、CGだからって簡単になんでも出来るわけではない。人の手がかかっているものだし。ビジュアルエフェクトのスタッフ人数すごかったですね。


エクソダス:神と王

さきにも書きましたが、わたしは話を知らなかったために、最初の方は「兄弟対決となるのですな、『マイティ・ソー』みたいな感じですかね」などと思っていましたが、神様が出てきたあたりから状況が一変し、面白さが倍増しておりました。初登場シーンいいですね、すごくいい。

ワニがわっしゃわっしゃ出てきて(最初の一撃は「ジョーズ」かと思った笑った)血がドバー、からの一連のディザスターっぷり、たまらんですね。

そっか、わたしディザスター映画好きだから、よけい、この映画を良いと思ったのかもしれないです。


エクソダス:神と王

そして神様本気出してきたあたりから、え、なにしてんだよ! 神、やりすぎだよ! モーゼも『ちょっと待ってそれはいくらなんでも酷すぎる』って言ってるのにガン切れしてきて、神…神お前…そのキレ方、子供か!

関わった人間全員が『ほんっともう疲れたし勘弁して下さい』ってなってるのよね。さっさと退場した王様(ジョン・タトゥーロ)と、いつの間にか消えていたお母さん(シガニー・ウィーバー)はラッキーでしたな。タトゥーロが退場しなかったら、あんなことにはならなかっただろうが…。
ジョン・タトゥーロとシガニー・ウィーバーが夫婦って組み合わせ、面白いね。


長い映画なので、疲れていたし途中寝てしまうかなと思っていましたが、まったくそんなことはなく、むしろ今年に入ってからの仕事の疲れが一気に吹き飛びました。ありがとうリドリー・スコット。そして「トニー・スコットに捧ぐ」って出てきたときは涙が…。わたし涙もろいのでね。

photo
エクソダス:神と王 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-06-03

by G-Tools , 2015/04/13

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
 今年最初の試写会はシネマサンシャイン平和島さんから招かれた。試写会場となったシネマ7の客入りは7割位。客層は小さなお子さんから年配の方まで幅広い年齢層だ。当日は日本語吹替え3D版が上映された。
  • 新・辛口映画館
  • 2015/02/02 12:38 PM
「日没までに要求を受け入れよ」 公式サイト。原題:Exodus:Gods and Kings。リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アーロン・ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/02/02 1:39 PM
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエー
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/02/02 9:17 PM
エクソダス:神と王 [Blu-ray] [Blu-ray]旧約聖書の出エジプトを描くアドベンチャー大作「エクソダス:神と王」。聖書の独自解釈が興味深い。紀元前1300年。最強王国エジプトで、王家の養子 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/02/02 11:44 PM
2014年/アメリカ/150分 監督:リドリー・スコット 出演:クリスチャン・ベール    ジョエル・エドガートン ■概要 原題は『Exodus: Gods and Kings』。旧約聖書の出エジプト記をもとにした、アメリカ製作による2014年のスペクタクル史劇です。監督は『エイ
  • 偏愛映画自由帳
  • 2015/02/07 10:38 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在931件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM