ミュータント・タートルズ/ものすごくマイケル・ベイっぽい!

ミュータント・タートルズ

ミュータント・タートルズTEENAGE MUTANT NINJA TURTLES/監督:ジョナサン・リーベスマン/2014年/アメリカ


でも監督はマイケル・ベイじゃない!


TOHOシネマズ日本橋 スクリーン1、C-11、2D字幕で鑑賞。Cは前すぎるので、DかEあたりが首にやさしいと思います。
わたしは「ミュータント・タートルズ」に関する知識がまったくないので、『カワバンガとは…なんだろう…』と思っていました。

ミュータント・タートルズ

あらすじ:カメがニンジャでカワバンガ!

TVレポーターのエイプリル(ミーガン・フォックス)は、NYを荒らしているフット軍団の取材をしてる途中でカメの忍者に出会って気を失います。

ネタバレはありません。
ストーリーには触れていません。


おすすめ
ポイント
初心者にもやさしい作りで安心して見られます。アバンタイトルかっこいい。ウィリアム・フィクナーかっこいい。ウーピー・ゴールドバーグのタートルズ感。
ミュータント・タートルズ

『トランスフォーマー』のマイケル・ベイが贈る!」っていう宣伝だったので、てっきり監督はマイケル・ベイなんだと思っていたところ、見る前に「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマンだと知り、え? ってなりました。まーこういうことはよくある。

わたし「テキサス・チェーンソー ビギニング」も「世界侵略:ロサンゼルス決戦」も未見で、「タイタンの逆襲」はリーアム・ニーソンがお姫様だなあ。というところ以外に魅力を感じていなかったため、監督名知ったとき、大丈夫かなあって。


ミュータント・タートルズ

ベイ好きだからさ、製作で関わっているとはいえ、監督がベイじゃないならどうなんだろうと。そしたら、ものすごいベイっぽかったので何故か安心するとともに、監督の意向はどの程度反映されているのだろうかとも思いましたね。

すごく思ったのは、これどうやって撮っているんだろうってことです。モーションキャプチャーなんだけど、それにしてもさ。撮影誰だろうと思って調べたら「ロボコップ(2014年)」と同じ人で、また、ん? ってなりました。確かに似ているといえば似ている…。
人が2人で話しているときカメラが2人の周りをぐるぐる回ったりするから、わたしの先入観も手伝って、てっきり「トランスフォーマー」シリーズのうちの誰かなんだろうと思ってましたね。


ミュータント・タートルズ

うーんやっぱ、すごいベイが口出ししてるんじゃないのかなあ。わたしはねーそれでいいと思いますよ。製作に良い監督が関わってて監督は違う人で、フタを開けてみたら超ガッカリな出来みたいなのに比べたらさ。
面白いほうが〜いいじゃない〜。

あっ全然映画の内容に触れてなかった。

えっと、話がわかりやすい。これはとってもいいことだと思います。サックス(ウィリアム・フィクナー)が出てきたとき『黒幕お前だろ!』って一瞬でわかっちゃうのも良し。嫌いじゃないよ、そういうの。だいたい顔がさ。悪人の顔だもんな。かっこいいよな。

それから、エイプリル(ミーガン・フォックス)が主役扱いになっているのも、いいと思いました。エイプリルの視点で話が進んでいくんだよね。


ミュータント・タートルズ

シュレッダー(トオル・マサムネ)のデザインとかカッコいい。この人、日本語セリフのところすごい吹き替えっぽかったから日系人で日本語は話せないのかと思って調べてたら、お父さんがマサチューセッツ工科大学の教授で、正宗白鳥(明治時代から昭和時代の小説家)の血縁者だった。

あっまた映画の内容からそれた。

タートルズのデザインが、気持ち悪くなりそうなのにかわいくてカッコいい。地下鉄のシーンはたいへんかっこ良かった、あの掴み方はすばらしいね。その後のアクションもよいが、最初が肝心ですもん。


タートルズの中でわたしのお気に入りはミケランジェロです。かわいい。修行シーンがあるのもいい! 修行シーン大好き。みんな明るくていいね、コミカルな部分も良かったなー。特にウィル・アーネットまわりはよかった。この映画「俺たちフィギュアスケーター」とキャスト2人かぶってるじゃないか! て、また内容からそれるぞ。いかん。切り上げよう。

というわけで、わかりやすく、かっこよく、小難しいことも言わず、うっかり大惨事も起こりつつ、『続編、やろうと思えば出来ますんで伏線いれときますけど、今はまだどうするか決めてません! 興行成績によります!』ってのもよかろう、わたしのような元ネタに対してまったく知識のない人でも安心して見られる良い映画だと思いました。王道、いいと思います! 地下鉄に始まり地下鉄で終わる!

photo
ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2015-06-10

by G-Tools , 2015/07/03

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
賑やかなるカメ忍者アクションを楽しむべし! キモ可愛いキャラたちのドンチャン騒ぎに身を任せる、極上のアトラクション・ムービーではあるのだが…。 本作は、1984年にデビューした同名老舗アメコミの映画化。亀のミュータントにして忍者という日本テイストが
  • 相木悟の映画評
  • 2015/02/12 12:18 PM
Teenage Mutant Ninja Turtles (Blu-ray + DVD + Digital HD) [Blu-ray]カメの4人組ヒーローが、悪の手から街を守るアクション・エンタテインメント「ミュータント・タートルズ」。マイケル・ベイ印全開 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/02/12 10:19 PM
カワバンガ!また来たよ! 映画の中のニューヨークの下水道は、不思議生物のワンダーランドだ。 巨大ワニから、人間大の人食いゴキブリ、果てはミュータント化したホームレスまでなんでもあり。 そんな巨大都市の地下生活者たちの中でも、最も有名なのが四人組のテ
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/02/12 11:31 PM
ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>Teenage Mutant Ninja Turtles: Out of the Shadows/監督:デイブ・グリーン/2016年/アメリカ ちょっと切なくなっちゃったよ。 新宿ピカデリー シアター3 E-14で鑑賞。 あらすじ:悪いやつがやってき
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2016/08/31 10:28 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM