ビッグ・アイズ/モラルハラスメントと奪われた子供

ビッグ・アイズ

ビッグ・アイズBIG EYES/監督:ティム・バートン/2014年/アメリカ


監督名を知らずに見たら、ティム・バートン作品だと気づかなかったと思います。


ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン5、F-13で鑑賞。事前情報はクリストフ・ヴァルツが出ていることと、ポスターくらいでした。

ビッグ・アイズ

あらすじ:奥さんが描いた絵を旦那が売ってた。

バツイチ子持ちのマーガレット(エイミー・アダムス)は、人当たりが良い画家ウォルター(クリストフ・ヴァルツ)と一緒に、絵を描いて売ります。

ネタバレはありません。予告やポスターがとても情報を制限しているので、それらからわかること以上については書いていますが、ストーリーそのものにはあまり触れていません。


おすすめ
ポイント
実話ベースであることを差っ引いても、今までのティム・バートン作品とは、まったく雰囲気が違いました。色使いは「ビッグ・フィッシュ」に似ていると思います。
えーと前提として、以前「ティム・バートン監督作品ベストテンを決めてみたよ」に書きましたが、わたしは「アリス・イン・ワンダーランド」(テレビで流し見程度)とTVシリーズ、ドキュメンタリー、「ヴィンセント (1982)」以前の作品以外のティム・バートン監督作をすべて見ており、ティム・バートンはプライベートの出来事に作風が左右される監督だと思っています。今作は、プライベートな事情みたいなものが透けて見えないなと思いました。

冒頭のワンカットだけ「シザーハンズ」みたいな絵があったので、ティム・バートンの中では、幸せで平凡な小さな町のようすって、こういうイメージなんだなーとか思いながら見続けていたら、あれれ、今までと全然違う作風だな、これはティム・バートン新境地突入か? と思いましたが、そういえば「ビートル・ジュース」続編やるとか言ってましたね。

ビッグ・アイズ

思い返してみると、ティム・バートンが『大人の女性』を主人公として描くのは初めてなのではないかな。

この夫婦のあり方は、モラルハラスメントなんですね。仕事のない女は離婚が出来なかったとか、女性は男性より下に見られているのが当たり前であったような時代ですので、今の時代と比べることは難しいとは思います。

ウォルターはマーガレットを家に閉じ込め、他者との関わりを断たせ、発言権を奪い、息をするように嘘をつき、子供を利用し、自分たちの生活のためだという理由を掲げて、彼女を追い詰めていきます。


ビッグ・アイズ

モラルハラスメント加害者は最初はとても優しく、相手の同情を引こうとする。ウォルターはマーガレットに対してとてもロマンチックな行動を取っていたり、自分は絵描きになりたかった、本当の自分の仕事を知られたくなかった、などと言います。

そして加害者は外面の良い人が多いんですね。ウォルターも外面が大変良い。ゆえに自分が描いたと偽って絵を売る能力には長けている。

マーガレットはウォルターに反発することが出来ず、彼の言うとおりに絵を描き続けるしかなかった。最初のほうこそ、ウソをつくのはやめて欲しいとは言っていますが、それもままならなくなっていく。


ビッグ・アイズ

自分には力がない、彼がいなければ生きていかれない状況に追い込まれた。彼女が『自分の子供』だとすら感じている大切な絵を搾取されているにも関わらず。

ウォルターが『お前がこんな絵を描いたから批判された』などと責めるシーンは、特にモラルハラスメント加害者の特徴が出ていると思います。

マーガレットがこっそり描いた絵は、彼の束縛により自我が保てなくなっていることから身を守ろうとする行為であったため、ウォルターから隠そうとした。


結局その後、起きた出来事により、やはり自分は彼がいなくては何も出来ない人間だと痛感させられる結果となってしまった。最悪の出来事が起きるまで、彼女は逃げられなかったのです。

少し映画と離れて、夫婦間、恋人間においてのモラルハラスメントについてわたしが思う話をします。

モラルハラスメントは非常に複雑で闇が深く、こういう言動をとったらそれはモラルハラスメントになります、と一般化するのはとても難しいと思っています。加害者は自分がモラルハラスメントを行っているという自覚がない(わざとやっているわけではない)、他者から見たらほんとうに些細なことであるため理解されにくい、日常生活の中でほんの少しずつ現れる、相性が悪いだけだと感じている、継続的に行われているわけではない(DVのハネムーン期みたいなもの)があったりするからです。

典型的な特徴として挙げられるものとしては上に書いたウォルターの言動だと思いますが、こういうモラルハラスメント以外にも、相手を完全に無視する、他者を巻き込む、また、モラルハラスメントというものがあることを知っている相手に対し『あなたはわたしを追い詰めて人格を否定している、あなたは加害者だ、その証拠にこういう言動を取った、わたしは傷ついている』と被害者を装うタイプの加害者もいると思います。

最初はうまくいっていた関係が徐々に変化していき、険悪になるようなことは珍しくないですので、いくつかある特徴の一部分だけを切り取ってモラルハラスメントだと断定することや、被害者側が『これはモラルハラスメントだ』と主張する相手の言動が即モラルハラスメントであると断定するのは危険だなとは思います。

また、被害者側が自分の置かれている状況に納得してしまっている、共依存的になっている場合もあるため、それでお互いの関係が無理なく成立しているのであれば、他者が口を挟むことは出来ません。

ビッグ・アイズ

話を映画に戻します。

結局、ウォルターはどういう人間だったのか、金儲けと自己顕示欲の塊のように思えるけれども、あるいは本当に画家になりたかったのかもしれない、とも思うのです。そして、自分に才能がないこともわかっていた。

わたしは人形を作るので自分の基準で考えると、他人が作った人形を自作だと偽ったり作風を真似たりして賞賛されても嬉しくはないどころか惨めな気持ちしか残らないだろうと思うのですが、ウォルターには、それはまったくないんですよね。


最後の最後まで彼が守ろうとしていたものは、いったい、なんだったのでしょう。
印象的だなと思ったのは、スーパーでマーガレットがカゴに入れるの、キャンベルのスープ缶なんですよね。冒頭にアンディ・ウォーホルの言葉が入っていたことと関わりがあるように思えました。

photo
ビッグ・アイズ [Blu-ray]
ダニー・エルフマン
ギャガ 2015-08-04

by G-Tools , 2015/04/13

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Big Eyes。ティム・バートン監督。エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、デラニー・レイ、マデレーン・アーサー、ダニー・ヒューストン、ジェイソン・シュ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/01/26 2:52 PM
テレンス・スタンプは批評家の役でちょびっとだけ出ているんだよ。かっこいいぜ。 なにがかっこいいって、パーティーでブチ切れたクリストフ・ヴァルツに襲い掛かられて めっちゃキレの良い動きで止める! キャー! かっこいい! あと、ずっとムスッとしてる!
  • おじいちゃん映画 - 映画に出てくるおじいちゃんが好き
  • 2015/01/26 5:49 PM
Big Eyes [MP3 ダウンロード]米国美術界を騒がせたゴーストペインターの実話「ビッグ・アイズ」。アダムスとヴァルツ、バートン組初参加の俳優の上手さが光っている。1950年代から60年代 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/01/27 12:02 AM
その瞳は、何を映す? アンバランスなほど大きな目を持つ少女の絵は知っていたけど、その裏にこんな話があったとは。 才気にあふれ独創的な絵を描くが、商売っ気はない女と、絵の才能はゼロだが商才はある、野心満々の男が出会ってしまう。 すぐに二人は夫婦となり
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2015/02/12 10:37 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在978件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM