マップ・トゥ・ザ・スターズ/地獄のハリウッド

マップ・トゥ・ザ・スターズ

マップ・トゥ・ザ・スターズMaps to the Stars/監督:デヴィッド・クローネンバーグ/2014年/アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ


ジュリアン・ムーア様は、実に立派であることだなあ!


新宿武蔵野館スクリーン3、前から5列目で鑑賞。ジュリアン・ムーアが第67回カンヌ国際映画祭で女優賞をとったということで見に行きました。一番好きな女優なのです。

マップ・トゥ・ザ・スターズ

デヴィッド・クローネンバーグ作品を見るのは「危険なメソッド」以来です。さほどクローネンバーグ映画を見ているわけではないですね。

あらすじ:ハリウッドで大変です。

中年女優ハヴァナ(ジュリアン・ムーア)は、自分の母親クラリス(サラ・ガドン)が出演した映画のリメイク版に出たくてしょうがない。

ところで、スター子役ベンジー(エヴァン・バード)は薬物依存症を抜けだして復帰しようとしていた。

そんな折、顔に火傷のある少女アガサ(ミア・ワシコウスカ)がロサンゼルスへやってくる。

※少しネタバレしています。ストーリー上のネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
いくつになっても惜しげも無く裸を晒すジュリアン・ムーア様は偉い! ぼかしが大きくて何をしているかわからないシーンあります。キャリー・フィッシャーが本人役で出てます。
マップ・トゥ・ザ・スターズ

クローネンバーグはきっとハリウッド嫌いなんだろうな〜と、まあ、好きではないだろうねえ。あからさまにハリウッド風刺てんこ盛りですもの。

ミア・ワシコウスカは、脚本家志望のリムジン運転手ジェローム(ロバート・パティンソン)に『近親相姦とか薬物依存とかそーゆーの、クリシェだけどさー、そういうの入れたら? ハリウッドは無理でもインディーズなら撮れるかもよ〜』って言うのね。で、この映画って、そういう映画なんだよね。

とにかく登場人物ほとんど、特に俳優役のひとたちは、みんなめっちゃ下品なのよ。ティーン女優はパーティーで『23歳過ぎたら更年期障害だよね〜ちょうウケる〜』とか言ってるわ、ファンが自分のうんこ買った話するわ、お前ら…お前らな…。


マップ・トゥ・ザ・スターズ

なで肩子役ベンジーは、そういうときちょっと無理しているように見えるのね。がんばって下品な話についていこうとしてるっぽい。

わりとこの人は繊細で、ストレスで吐いたりするんだけど、人に見せる姿は悪ぶっている感じ、実際口も悪い。最初出てきた時、言動があまりにも大人びているので、この人は本当は大人なんだけど子供が演じているという設定の映画なのか? と思ったくらいですもの。

ベンジー関連で一番良いシーンは、eBayで落札したコロンバイン高校の銃をいじくってるところ。緊張感すごい。コロンバイン高校の銃ってとこもいいよね。偽物だろそれーeBayでって。わはは。落札した人のアホさ加減もよく現れております。


マップ・トゥ・ザ・スターズ

で、ジュリアン・ムーア様ですよ。エキセントリックに演じている部分がゾワーってする、のは、わりとこの人いつものことだと思う。そこは安定してる、テンプレ演技でもない。

わたしが一番好きなのは、自分が出たくて出たくて仕方なかった映画の主役に抜擢されてしまったアズィータ(ジェイン・ハイトメイヤー)と偶然出会ってしまうところ! あの上っ面感すごい!

そしてアズィータに『(母の)若い頃は誰が演じるの?』と尋ね、『アン・ハサウェイ』っていう返事を聞いた時の、あ、あー、はい、ねえ…みたいな一瞬の表情さいこうだ! ここでアン・ハサウェイを持ち出してくるクローネンバーグの意地悪さも相当だ!


それから、あるニュースを聞いた時の、嬉しいんだけど抑えなきゃっていうとことか、抑えきれなくてキャッキャしちゃうところとか、たまらんね。素晴らしいよ。ジュリアン・ムーア様はどのシーンもすべて良かったです。さすがです。キレイなところはキレイ、醜いところはとことん醜い。

見終わった時、ラストの展開のせいもあり、なんだかわけがわからないぞ! と思ったのですが、改めて思い返してみると、細部にわたって面白シーン満載でしたね。おすすめです。

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
クローネンバーグの前作「コズモポリス」では全編リムジンの中の会話劇だったが、あそこで客席で運ばれる大金持ち役で主演したロバート・パティンソンが、ここではセレブを運ぶ運転手役をやるという一種セルフ・パロディみたいなことになっている。 正直いって、セレブ
  • prisoner's BLOG
  • 2014/12/24 4:22 PM
2014年に見た新作映画を「アクションあり」と「アクションなし」で分けて、それぞれベスト5を決めてみたよ 「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」と、「2014年下半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をや
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/26 12:04 PM
地上の星より永遠の星 公式サイト。カナダ=アメリカ=ドイツ=フランス。原題:Maps to the Stars。ルース・ワグナー原案・脚本、デヴィッド・クローネンバーグ監督。一応、ワグナーの ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/01/07 9:39 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM