ゴーン・ガール/他人が”わたし”を創り出す

ゴーン・ガール

ゴーン・ガールGONE GIRL/監督:デヴィッド・フィンチャー/2014年/アメリカ


わたしは”あなた”の被害者です。


TOHOシネマズ日劇スクリーン3、M-17で鑑賞。原作未読です。

ゴーン・ガール

あらすじ:結婚記念日に妻が失踪した。

5回目の結婚記念日、ニック(ベン・アフレック)が帰宅すると、妻のエイミー(ロザムンド・パイク)が綺麗さっぱり消えていました。

ネタバレしています。結婚生活については他の人が書くと思うし、わたしが言うことはあまりないので、他のこと書いてみました。


おすすめ
ポイント
ベン・アフレックにツーショット要求して「シェアするのは勝手でしょ!」って言うバカ女の動き最高にムカつく! 大変面白かったです。
ゴーン・ガール

エイミーの母(リサ・バネス)は、人並みに欠点がある”人間らしいエイミー”をベースにして、人々から愛される『完璧なエイミー』の物語を描く。

物語の流れ上、彼女が母親に反抗する初めてのシーンが『完璧なエイミー』の結婚パーティーの場で、白い服を着て来なかったところ。そんな些細な、母親以外は気にしないようなことしか出来なかった。

母親が望むなら、世間が望むなら、他人がわたしを作り上げることに、わたしは何の抵抗も持たない。それで他人を操れるのなら、それで自分が生きやすくなるのなら、わたしはわたしの心を殺しましょう。


ゴーン・ガール

エイミーは他人からの評価でしか自分を保てない人間で、完璧を求められ続けてきたがゆえに本人の健康的な成長は阻まれ、非常にクレバーでありつつも、どうしようもない幼児性を持ち合わせている。

例えば、モーテルで自分の悪口を言った女の飲み物に唾液入れるとか、そういうの。

最初の彼氏デジー(ニール・パトリック・ハリス)がつきまとい行為をしていたとか、次の彼にレイプされたと言うのは事実ではない。それらの事件を、両親はいともたやすく解決し、あたかもエイミーが完全な被害者であるかのように…もちろん、エイミーがそういうふうに両親へ伝えたのだろうけれども…守っている。

両親が…とくに母親が守っているのは、彼女が”生み出した”『完璧なエイミー』なのだ。それは、母親の頭のなかと、”世間様”の前にしかいないというのに!


ゴーン・ガール

エイミーは母親から受けた呪縛を解けない。
両親に自分の預金を渡しニックから責められたとき、彼女は『だってこれは親の金なのよ』と言う。幼い頃から散々な目に遭いながらも、彼女は親を見捨てられなかった。親離れが出来てないのだとも思う。そして母親も、子離れが出来ていない。

失踪1日めにして専用ダイヤルや独自ドメインを取得し、ポスターを作り、ボランティアを集め捜索本部を置くエイミーの母親は、この物語の中で最も異常だ。

エイミーはわかっていただろう、自分が失踪したら、母親がどういう行動を取るのか。


あ、そうそう、デジーの別荘で見たニックの記者会見が”良かった”からエイミーは家に戻ったわけじゃないよね。復讐プランを変えなくてはいけないのに、あそこにいたら全く身動きが取れないからでしょう。

エイミーが『それが結婚よ!』と叫ぶのはカウンターで、ニックが一連の出来事の中で思い悩み、これ以上の離縁の言葉はない、と貯めまくった不満を、冷静さを欠いた状態で言ってきたから一蹴しただけなんだよね。エイミーが今までの人生で培ってきた、自分の行動により他人からどう思われるか、をほぼ無意識に行っている。

エイミーは、自分を肉体的に傷つけることに関して抵抗がない。彼女に、やってのけたい目的があるため自傷行為も出来る、というのもあるにはあるだろうが、透けて見えるのは破滅願望だ。それも、かなり強い破滅願望だ。死ぬ日まで決めていた…結局、先へ先へと延期していたのだが。状況が変わっていくから延ばしたのか、完璧な死に場所が欲しかったか、あるいは、死ぬと復讐の先が見られないからか。

エイミーが本当に復讐したかった相手は、母親なのではないか。そのことを、彼女自身も気づいていない。

photo
ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2100-12-19

by G-Tools , 2015/01/08

photo
ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)
ギリアン フリン Gillian Flynn
小学館 2013-06-06

by G-Tools , 2014/12/22

photo
ゴーン・ガール 下 (小学館文庫)
ギリアン フリン Gillian Flynn
小学館 2013-06-06

by G-Tools , 2014/12/22

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。ギリアン・フリン原作、デヴィッド・フィンチャー監督。ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キャリー・クーン、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/12/18 12:52 PM
評価:B 公式サイトはこちら。 キャメラがロザムンド・パイクのブロンド(金髪)
  • エンターテイメント日誌 
  • 2014/12/18 1:11 PM
 『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』などのデヴィッド・フィンチャー監督の最新作。  原作はギリアン・フリンが書いた同名のベストセラー小説で、ギリアン・フリンは脚本も担当している。  5年目の結婚記念日。美しく完璧な妻エイミー(ロザムンド・パイ
  • 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
  • 2014/12/18 6:21 PM
『ゴーン・ガール』 を鑑賞しました。 年末にTOHOでパスポートゲットするから待とうかと思ったけど やっぱり待てませんでした 【ストーリー】  ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日
  • 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
  • 2014/12/18 6:53 PM
結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ〜(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX系めちゃイケで『たかみな卒業ドッキリ』での(その二日後、12/8に本当に
  • 勝手に映画評
  • 2014/12/18 10:14 PM
奥さんが行方不明になって、冤罪でマスコミに追われて…『ゴーン・ガール』を観てきました。 ★★★★★ 冒頭に書いたような物語を、とても魅せる演出で描いて、さすがこう言う起伏の少ない映画で有ってもさすがデヴィット・フィンチャーやなぁなんて思っていたら、一
  • そーれりぽーと
  • 2014/12/21 1:19 PM
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/12/21 11:33 PM
『">「完璧な」復讐劇』Text By 岸 豊 / 現代のハリウッドを代表する監督の一人であるデヴィッド・フィンチャーの最新作『ゴーン・ガール』は、ベストセラー作家であるギリアン・フリンの原作を基にした、美しい映像と隙のないプロットが溶け合った極上のサスペンスだ
  • INTRO
  • 2014/12/24 8:41 PM
愛する妻は、何者か? ※核心部分に触れています。 いやはや、デヴィッド・フィンチャーは毎回驚かせてくれる。 ミステリ映画という事で、情報を可能な限り入れないようにしていたのだが、予想してた内容と全く違う映画だった。? 結婚5周年の日に突然妻が失踪して
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/12/25 11:03 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM