フューリー/僕にその手を汚せというのか

フューリー

フューリーFURY/監督:デヴィッド・エアー/2014年/アメリカ


平和のために、今はただ、人を殺す。


TOHOシネマズ日劇スクリーン1、K-18で鑑賞。
スルー予定でしたがシャイア・ラブーフが出ているので見ました。

フューリー

あらすじ:戦争です。

連合軍がナチス倒そうとしてて、戦車に乗ったウォーダディー(ブラッド・ピット)とバイブル(シャイア・ラブーフ)とゴルド(マイケル・ペーニャ)とクーンアス(ジョン・バーンサル)が男臭くしているところへ新人ノーマン(ローガン・ラーマン)がやってきました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
とにかく人がばちゅんばちゅん弾け飛ぶので楽しいです。爽快感のある死にっぷりではないけれどね。ブラッド・ピットのお父さん感よ。
フューリー

シャイアけっこう好きなのですが、今年のはじめから頭に袋かぶったり俳優辞めるって言ったり、と思ったら今作出てるし(去年撮ったんだろうけど)次は役作りのために顔を切るとか言ってて大丈夫かと思うし、スティーブン・スピルバーグの秘蔵っ子って言われてたのに一連の出来事でスピルバーグがシャイアをまったく助けようとしないところ本当スピルバーグは人情味がなくて面白いな

で、シャイア・ラブーフ、なにかとうるうるしていましたね。ちょっとよだれもたれていた。お前、顔、汁っぽいぞ。


フューリー

ストーリーは、あってないようなもので、任務です、行きます、殺します、基本これだけなんですよね。
ドイツ女に、これからどうするか聞かれて、次の街を侵攻する、終わったらその次、と答える。戦争はそのうち終わるとは思ってるし、終わらせるとも思ってるけど、やれることは人殺しだけなんだよ。

で、ブラッド・ピットがお父さんっぷりを遺憾なく発揮し、新人童貞ノーマンくんが嫌だ嫌だと言いつつがんばる。たいそうがんばって人を殺します。なぜなら戦争だから。

うん、お話自体にはわたしはね、惹かれるところはないのです。強い強いブラッド・ピットが恐怖心を口にするところは好きですね。反戦プロパガンダや、アメリカ礼賛要素がなかったのは、いいと思います。


わたし兵器のこと全然わからないんだけど、ドイツとアメリカで弾道? の色がライトセイバー並にまったく違うのでわかりやすいなーと思ってましたね。

残酷描写はハンパなくて、べっちゃべっちゃの死体がいっぱい出てくるのはね、たいへん良いと思います。あるキャラクターの死に様だけはちょっとキレイすぎた。それまで散々、戦車で頭潰したり手足や頭ふっ飛ばしたりしていたのになー、あのキャラクターの顔がぐっちゃりしていたら最高であった。

photo
FURY / フューリー [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-03-18

by G-Tools , 2015/01/30

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ネタバレあり。 第二次大戦終盤の、欧州戦線における戦車乗組員の戦いを描いた映画。 この手の戦争モノでは、新兵が、先輩からのシゴキ、戦場の不合理・不条理、出会いと別れを経験して、一端の兵士になって行くというストーリーが定番だったりしますが、この作品もそ
  • 勝手に映画評
  • 2014/12/04 10:46 PM
凄惨なる戦場の体感! 戦場とはどういうものなのか?想像すらつかない一般観客に端的に示す戦争映画であった。 本作は、俳優業だけでなく昨今はプロデューサー業でも手腕を発揮し、『ワールド・ウォーZ』(13)、『それでも夜は明ける』(13)と娯楽、社会派面と
  • 相木悟の映画評
  • 2014/12/04 11:03 PM
公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/12/04 11:26 PM
フューリー (角川文庫) [文庫]1台の戦車で300人ものドイツ兵に立ち向かった5人の男たちを描く戦争アクション「フューリー」。本物の戦車を使用して撮影するなど、リアル重視の映像 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/12/05 12:36 AM
この世の、地獄の果てに。 第二次世界大戦末期、“FURY(憤怒)”と名付けられた一台のM4シャーマン戦車に乗り組んだ、5人の戦車兵を描く、デヴィッド・エアー監督の超ハードな戦争大作。 物語を引っ張るのは歴戦の車長を演じるブラッド・ピットだが、実質的な主人
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/12/05 10:07 PM
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5
  • 映画のブログ
  • 2014/12/23 2:57 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM