ヒックとドラゴン2/共に飛び、共に戦う

ヒックとドラゴン2

ヒックとドラゴン2How to Train Your Dragon 2/監督:ディーン・デュボア/2014年/アメリカ


「How to Train Your Dragon」の意味について。


洋盤Blu-rayで鑑賞。日本語字幕付きなので何の問題もありませんでした。特典いっぱい入ってます。テレビ用と思われるショートストーリーも入っていて、それらも全部日本語字幕付きですね。珍しいですね。

※日本版Blu-ray発売決定しましたね。

ヒックとドラゴン2

あらすじ:ドラゴン乗りが他にもいた。

あれから5年、ヒック(声:ジェイ・バルチェル)はトゥースレスと一緒に空を飛び回っていました。

ネタバレしています。
ストーリーの核となる部分については触れていません。この感想を読んだだけではどういう話なのか、わからないと思います。


ただ、日本公開の署名活動についてや日本での情報公開がどの程度かなどまったく知りませんので、一行あらすじがすでにネタバレだったら申し訳ないです。

おすすめ
ポイント
映像のダイナミックさがすごいですね。めっちゃかっこいいですよ。突然出てきた武器の仕組みについては特典映像で説明がありますが、なくても物語に支障はないですね。
photo
ヒックとドラゴン2 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-07-03

by G-Tools , 2015/03/03

オープニングのドラゴンレースで、島民たちがドラゴンとの暮らしを楽しんでいること、空を飛ぶことの喜びについてなどが瞬時にわかるし、多幸感みたいなものも伝わってくる、映画は最初の5分が肝心だなあというのを改めて思いましたね。

ヒックとドラゴン2

ヒックは自分で発明した羽根を使って、トゥースレスと一緒に飛んでいます。乗るだけではないのよ。で、外の世界を調べて地図を作ってるんですね。

そしたら、見たことのない島や知らない人たちと出会ってしまう。どうも、彼らはドラゴンを狩って誰かに引き渡しているらしい。


新しい島を見つけたとき、ヒックが『お前の仲間もいるかもね』みたいなことを言ったので、今回のお話はトゥースレスの仲間が出てきて分かり合えなくってみたいなのかと一瞬思いましたが、わたしなんかに想像できるようなことをやるわけがなかった。でももしかしたら「ヒックとドラゴン3」ではトゥースレスの仲間が出てくるかもしれませんね。

ヒックとドラゴン2

ヒックは自分が島民たちに以前『ドラゴンと人間は共存できる』というのを証明したから、今度も出来ると思っている。話せばわかるはずと。1作目のとき、悪い人っていなかったんですよね。ヒックは悪意なき人間関係しか知らなかった。

しかしここで彼が出会ってしまったのは、ドラゴンを支配下に置いている人間、ドラゴ(声:ジャイモン・フンスー)だったわけです。ヒックがドラゴンを手懐けたのに対し、ドラゴは彼らを操っている。

これね、原題の「How to Train Your Dragon」の「train」の部分で、あーわたしがもうちょっと英語わかればうまく伝えられるのに、むずがゆいなあ。雰囲気で言ってしまうと、これは良い意味にも悪い意味にもとれると思うのです。


ヒックとドラゴン2

話を少し戻すと、ヒックはもうひとり、外の世界で出会う人がいます。
それは彼のお母さん(声:ケイト・ブランシェット)で、20年間ドラゴンたちと一緒に暮らしている。お母さんめっちゃかっこいいんですよ。トゥースレスを一瞬でコロンってさせる。ジェダイか。そういえばヒックの武器もちょっとライトセーバーみたいだったな。

それはともかくお母さん、人と接してこなかったせいで、ちょっとコミュニケーション不全になっちゃってるのもいい。最初あんまりうまく話せてないんだもん。動きも、人間のそれじゃなかったからね。


お母さんはでっかいドラゴンを集団の王として扱って暮らしてきた。ドラゴは、お母さんが一緒にいるのと同じ種族のでっかいドラゴンを軍団の王として使っている。

ヒックとドラゴンの関係、お母さんとドラゴンの関係、ドラゴとドラゴンの関係はそれぞれに違うわけです。
ヒックは友情と共存、お母さんは敬意と同化、ドラゴは支配と恐怖。「How to Train Your Dragon」は、三者三様であると思うのです。

長くなりましたのでこのあたりで切り上げます。前作で主人公が足を失うというビックリ展開がありました、今作でもあるものが失われるうえにその流れが、ああもう、たいへんだ。たいへんだ。おすすめです。

photo
ヒックとドラゴン 1&2ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-07-03

by G-Tools , 2015/03/03


JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
 堂々たるサーガである。  『ヒックとドラゴン』の監督ディーン・デュボアは、続編のオファーを受けるに当たって三部作にすることを条件にした。しかも『ヒックとドラゴン2』を第一作の五年後と設定し、少年ヒックの冒険を描いた前作とは打って変わって、二十歳の
  • 映画のブログ
  • 2015/07/07 9:00 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM