100歳の華麗なる冒険/無責任・無邪気・無計画!人生、考えるのなんて無駄よ。

100歳の華麗なる冒険

100歳の華麗なる冒険Hundraåringen som klev ut genom fönstret och försvann/The 100-Year-Old Man Who Climbed Out the Window/監督:フェリックス・ハーングレン/2013年/スウェーデン


ガンガン爆発するわ、人は死にまくるわで大変です。


新宿ピカデリーシアター6、E-11で鑑賞。100歳のおじいちゃんが主人公ですが、中の人は撮影当時49歳なので、おじいちゃん映画扱いにはなりません。

100歳の華麗なる冒険

あらすじ:おじいちゃんが老人ホームを抜けだした。

100歳のアラン(ロバート・グスタフソン)は、誕生日当日に老人ホームを抜け出しました。

ネタバレはありません。

見出しに使ったのは本国版ポスターですが、これね、ちょっと内容と違うと思うんです。日本版ポスターのほうが雰囲気に合っていると思う、けど、やっぱ違うんですよね。おもしろいよ!


おすすめ
ポイント
しょっぱなっから爆発しまくり、人が死にまくりでえらいこっちゃです。美術や小物がかわいい! ゾウもかわいい! そして飛び散る人体! PG-12で、血はあんまり出ません。
100歳の華麗なる冒険

おおまかには、老人ホームを抜けだしたおじいちゃんがギャングに追われるはめになり、そのときどきで出会った人たちと一緒に旅をしながら、彼の人生について回想シーンが入るという構成です。

青年期から100歳までを同じ役者が演じているんですが、声の作り方がものすごくうまいと思いました。

「引退した元CIA(など特殊技能のある人)が大暴れ」系映画というわけでもないです。
おじいちゃんは基本ボーっとしてる。びっくりするくらい素直で、言われたことそのままやってしまうし、隠し事もしないんですね。


100歳の華麗なる冒険

人を殺したとか普通に言っちゃう。さすがに死体は隠すけど…。ものすごい行き当たりばったりで動いていて、それをやった結果がどうなるかとか、気にも留めない。

おじいちゃんは、もともとこういう人なんですね。心に深く傷を負ったため性格が変わったわけでもない。母親から『考えても無駄です』って言われたことくらいかな、彼の人生に大きな影響を与えたものって。母親への思い入れもあんまりないが…。

一方、彼の行動によって思いがけず歴史が動いちゃったりするの、そういうところがねえ、すごい面白いんですよね。


100歳の華麗なる冒険彼がまともに考えてたのって、強制収容所でヘルベルト・アインシュタイン(デヴィッド・シャックルトン)にどうにか脱走計画をわからせようとがんばってたときくらいじゃないですかね。このシークエンス以外にも『誰かに自分の考えをわからせようとしても無駄』っていう出来事がいくつかあります。わからないものはわからないのだ。仕方ないのだ。

この映画わりと年配の人が多く出てくるんですが、一番いいおじいちゃんはヘルベルトです。白髪がふわふわだよ〜。デヴィッド・シャックルトン、調べても誕生日がはっきりわからなかったんだけど、今年でたぶん66歳。おじいちゃん!
100歳の華麗なる冒険

話を100歳のおじいちゃんに戻しますと、彼は、物に対する執着もない。お父さんからもらったマトリョーシカもソッコーで爆破してた。カメラだけは持ち歩いているけれど、あのカメラと100歳のときに持ってるカメラ、違うものだし。

おじいちゃんはダイナマイトでガンガンいろんなものを爆破しながら歴史に巻き込まれつつ生きてきて、いろいろあるけど人生がうまくいってました、というわけでもないのよね。そこもいいね。

死にかけて大変な目に遭った、ということもないが、順風満帆だった、ということもない。彼本人の人柄が良くて愛された、みたいなのも、ほとんどないんだわ。気に入られはしても、すぐ捨てられたりする。それでも別に構わない。爆破さえ出来ればいいんです!


おじいちゃんは、ものすごく無責任で無邪気で無計画な生き方をしていると思う、100歳まで生きてこられたのが不思議なくらいヤバイ橋もたくさん渡ってる。それらを武勇伝としているわけでもなくって、気づけばここまで生きてきた。くらいにしか思ってない感じ!

にわかには信じられないような過去があったというのを感じさせないボンヤリのんびりした空気と、『考えてもがんばっても、何かを主張しても世界を変えたくても、死ぬときは死ぬから意味ない』っていうのが、最近すっごい疲れているわたしにとって、あ、なんかもうちょっとラクに生きようかなあって思える瞬間をくれましたね。爆破で清々しい気持ちになりますしね! 良い映画です。

photo
100歳の華麗なる冒険 ブルーレイ [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 2015-04-24

by G-Tools , 2015/04/13

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM