ジャージー・ボーイズ/人生のあれこれは、曲のあいだに起きている。

ジャージー・ボーイズ

ジャージー・ボーイズJersey Boys/監督:クリント・イーストウッド/2014年/アメリカ


さあ、それでは歌っていただきましょう!


丸の内ピカデリーシアター1、T-18で鑑賞。クリント・イーストウッド監督作ということで見に行きました。
もちろんミュージカル版は未見です。

ジャージー・ボーイズ

あらすじ:フォー・シーズンズの結成から解散まで。

フランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)は、その歌声でマフィアのボス(クリストファー・ウォーケン)に気に入られ、バンドメンバーであるトミー(ヴィンセント・ピアッツァ)、ニック(マイケル・ラマンダ)、ボブ(エリック・バーガン)と共に音楽活動を行う。

ネタバレしています。ネタバレ前には注意書きをしています。


おすすめ
ポイント
元がミュージカルだからというのもあるけど、曲の入り方がうまくてテクニカルだなーなんて見てたら、ある曲のとこでバーッて泣いてしまい慌てました。あとウォーケン。ウォーケン。
ジャージー・ボーイズ

お話そのものはですね、結成、成り上がり、絶頂期、家族とのあれこれ、仲間割れ、解散、ってかんじで大変わかりやすいですね。
これミュージカル版とどれくらいすりあわせているのかわからないのですが、見ていないものは仕方がないので、ミュージカル版のことは忘れましょう。

まず思ったのが、編集と演出が大変うまいことです。うまい…というかバッサバッサ切っていく。キスしたと思ったら次のシーンでは結婚してる。いや当然、バサバサ切る編集=うまい、っていうわけじゃない。うまくいっているかどうかっていう話よね。


ジャージー・ボーイズ

この映画の中で重要視されているのは、彼らが音楽的にどう成功していったか、またその裏側には何があったかであり、彼らのプライベートな出来事については最小限に抑えられているんですね。

仕事と家庭の両立』について少し描かれる場面もありますが、彼らの仕事の内容を考えたら、家庭との両立なんて無理、無理ですよね。それもあって、グジグジ描く必要はないということでしょう。これは潔い。


また、場面によって登場人物がこちらに向けて語りかけてくる、これはストーリーを円滑に進めるとともに、ナレーター役以外の登場人物と、ナレーター役の登場人物との間に若干の認識の違いがあったり、すれ違いがあったりすることを表してくるんですね。

おすすめポイントにも書きましたが、曲の入り方がとにかくうまい。そして回数が多い。わたしはショーのシーンや歌の多い映画が好きなので、見ていて本当に楽しかったです。あんなことやこんなことがあったあとでも、顔色一つ変えずにパフォーマンスをやり切る姿もいいですね。

ジャージー・ボーイズ

※以下ネタバレを含みます。

わたしが泣いた曲のところ…直前の、電話からの葬儀がまたバッサリとカットされていて、フランキーの悲しみについてエモーショナルな描き方はされていないんですよね。ここでも、プライベートな出来事や心情については最低限のものになっている。

その流れで、あの曲を歌うわけなんですよ。恋愛の曲かもしれないが、父から娘への曲にも思え、また、鎮魂歌にも聞こえる。けれども、曲調は明るい。人が歌う姿を見て、聞いて、涙が出るのが初めてで、たいそう驚きました。自分に。


というわけで、130分と長めの映画ですが大変見やすく、お歌も多くて楽しいし、1990年のシーンもいい、ラストのダンスもいい、ウォーケンのステップ! はあ! たまらん! ウォーケンはもういっこたまらんシーンがありますので、おじいちゃん映画の方で書きました。

photo
ジャージー・ボーイズ ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-02-04

by G-Tools , 2014/12/16

photo
ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック
ボブ・ゴーディオ サントラ ジョン・ロイド・ヤング カイリー・レイ フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ フランキー・ヴァリ エリック・バーゲン
ワーナーミュージック・ジャパン 2014-09-09

by G-Tools , 2014/10/02

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/10/02 6:26 PM
ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック [CD]60年代に数多くのヒット曲を生んだ4人組音楽グループ、ザ・フォーシーズンズの栄光と挫折を描く「ジャージー・ボーイズ」 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/10/02 9:04 PM
フォー・シーズンズの結成から解散、そして再会までを描いた映画でございます。映画としての出来もすばらしく、ちゃんとした(?)感想はこちらに書いております。 ジャージー・ボーイズ/人生のあれこれは、曲のあいだに起きている。 | 映画感想 * FRAGILE で、ウォ
  • おじいちゃん映画 - 映画に出てくるおじいちゃんが好き
  • 2014/10/02 10:53 PM
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステー
  • 映画のブログ
  • 2014/10/11 9:42 PM
巡りゆく四季、巡りゆく音楽。 トニー賞受賞のブロードウェー・ミュージカルを原作に、巨匠クリント・イーストウッドが作り上げた瑞々しい音楽映画。 1960年代、時代を牽引した伝説的ポップスグループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の実話を元に、アメリカンドリーム
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/10/13 8:21 PM
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
2014年に見た新作映画を「アクションあり」と「アクションなし」で分けて、それぞれベスト5を決めてみたよ 「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」と、「2014年下半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をや
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/26 12:04 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在985件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM