猿の惑星:新世紀(ライジング)/仲間殺しと信頼関係

猿の惑星:新世紀(ライジング)

猿の惑星:新世紀(ライジング)Dawn of the Planet of the Apes/監督:マット・リーヴス/2014年/アメリカ


今度は戦争だ! 次もたぶん戦争だ! そういえば前回も戦争だった!


ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン5、F13で鑑賞。2D字幕です。
前作が「Rise of the Planet of the Apes」で今作の邦題が「猿の惑星:新世紀(ライジング)」なので、なんか混乱してました。

猿の惑星:新世紀(ライジング)

あらすじ:猿がみんなで暮らしています。

あれから10年、人間はウィルスの蔓延によりほとんど滅亡しかかっていた。猿たちはシーザー(アンディ・サーキス)をリーダーとし、森の奥で平和に暮らしていたんだけど、生き残りの人間が電気欲しいわーっつってやってきちゃって大騒ぎになります。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
130分あるので長いのですが、体感時間はとても短かったです。話そのものがかなりシンプルで、無駄がなかったからかなと思います。コバよ…。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のときは、「猿の惑星」シリーズを引きずり過ぎていたために、わーぎゃー言っていましたが、もう別物だと割り切れたので、そういう意味ではわーぎゃー言う気持ちはなくなりましたね。前回かっこよかったゴリラは、今回、空気かっていうくらい目立たなかったなあ。

猿の惑星:新世紀(ライジング)

人間がやってきたことで猿たちの間に不穏な空気が漂ってしまって、特に片目猿コバ(トビー・ケベル)は『あいつら危ないのになんでシーザーはわかってくんないんですか!』っていうところから暴走しちゃうんだけど、もうねえ、コバがかわいそうで。

シーザーは人間に育てられたので、人の愛を知っているんですよね。テリトリー内に入られるのは迷惑だが、困ってるなら助けてやらんでもないと思っている。


猿の惑星:新世紀(ライジング)

コバは人間に対して憎しみしか持っていないから、シーザーの言ってることとか理解できない。それでも、ボスはシーザーなので従うしかない。

シーザーは、コバがどんな目に遭ってきたのか知っているのになあ。とは思いますが、王国を率いる者としては、個人の感情は抑えさせなきゃならないのかなあ。
あれ、こうやって書くとちょっと危険思想に聞こえてしまうなあ。

コバが銃を奪うために『猿の真似』をするところ、狡猾で賢いやり方で、かつ滑稽なんだけれどもすごくかわいそうだった。その後のコバの行動は酷いものだとは、もちろん思うけれど…。


猿の惑星:創世記(ジェネシス)」でコバが人間を蹴落とすところと、コバの最期って同じなんだよね、高いところから落とすっていう意味でね。
コバを止めるためにシーザーはああするしかなかったのだろうし、仕方のないことなんだけれども、映画を見終わって残ったのは、コバの人生の悲惨さがつらいなあ、という気持ちでした。
photo
猿の惑星:新世紀(ライジング) 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-02-04

by G-Tools , 2014/12/16

photo
猿の惑星 ブルーレイBOX (FOX HERO COLLECTION) (6枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 2012-07-18

by G-Tools , 2014/09/23

photo
猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-09-03

by G-Tools , 2014/09/23

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
希望は再エネだったが・・・ 公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/09/23 10:29 PM
猿の惑星:新世紀 ライジング [Blu-ray] [Blu-ray]前作「創世記(ジェネシス)」から10年後、人類と猿との新たな戦いを描く「猿の惑星:新世紀(ライジング)」。モーションキャプチャー技術はも ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/09/24 12:31 AM
猿の惑星:新世紀(ライジング) なんとまたしても猿の惑星ですね。 何度目のリメイクでしょうか? 前にやったのは、確か観た記憶がありましたが。前のがどの回か、分かりませんけどね。 宇宙船があって、そこで何か判明していた気がしますが。 今回は、どん
  • 映画情報良いとこ撮り!
  • 2014/09/24 5:58 AM
“星を継ぐもの”は誰だ? 2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。 ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/09/24 11:06 PM
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ
  • 勝手に映画評
  • 2014/09/26 8:18 AM
 横浜DeNAの中村ノリ、3度目のFA宣言するみたいですね。どこの球団が、彼のような我がままデブを採るのでしょうか。本当に、懲りない人ですなぁ。では、本日紹介する作品はこち
  • こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
  • 2014/10/01 11:15 AM
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM