複製された男/それは罠かもしれないが、いったい何の罠なのだ

複製された男

複製された男Enemy/監督:ドゥニ・ビルヌーブ/2013年/カナダ・スペイン


何が何だか…わからない…


TOHOシネマズシャンテ、E-9で鑑賞。ドゥニ・ビルヌーブジェイク・ギレンホールは、「プリズナーズ」がとても面白かったので、気になって、見に行きました。事前情報はポスターのみです。もちろん原作も読んでいません。

複製された男

あらすじ:自分とそっくりな人を見つけました。

大学で歴史を教えているアダム(ジェイク・ギレンホール)は、同僚に薦められて借りた映画に自分とそっくりな俳優が出ているのを見つけます。

ネタバレしています。ネタバレ前には注意書きをしています。


おすすめ
ポイント
えーとこれ、説明が極端に少なくて、わたし全然わからないので、わかる人は教えて欲しいですね。ラストびっくりしました。
複製された男

教師の方には彼女(メラニー・ロラン)がいて、俳優の方には身重の奥さん(サラ・ガドン)がいるんですね。お話は基本的にこの4人しか出てこない感じです。

で、教師の方は、すごい地味で暗いんですよ。服装もちょっとよれっとしてる。同僚に『映画とか見る〜?』って話しかけられても『いや…あんまり…映画の話がしたいんですか』なんて答えたりして、話しづらい人なの。いっつもどんよりしている。

彼女とは、まあまあうまくいっているような感じなんだけれども、恋人同士として仲良くしている描写より、セックス描写の方が多かったように思いますね。

で、同僚が薦めてきた「道は開かれる」ていう映画を律儀に借りて、フーンって見るんですね。そしたら、そこに脇役で出ていた俳優を見つけて、なにこれ! 僕にそっくり! って探しだして電話かけちゃ う。


複製された男

俳優の方は、あんな脇役しかやっていない上に事務所にも半年くらい顔出してなくって、俳優として仕事してるのか? という感じ。

そのわりに良い部屋に住んでいるのは、冒頭のシーンでやっていることで稼いでいるからでしょうね。奥さんとの言い争いで、女関係にだらしないのもわかりますね。好物のブルーベリーがないからって怒鳴ったりするところも、どうなの、あなた普段ほぼ何もしてないんだから、自分で買えばいいじゃない?

ふたりが会うまでの間は、教師の方が俳優の方にストーカー行為をしているんだけれども、会ってからは俳優の方が教師の方をストーキングするんですよね。ここから2人の関係がひっくり返っていく。

※以下ネタバレを含みます。


複製された男

教師は、母(イザベラ・ロッセリーニ)いわく『優等生』で、『三流俳優と関わるんじゃありません、この話はおわり!』って突き放されちゃうんですよ。お母さん何してる人なのかわからないですが、すごい部屋に住んでますね。

お母さんが何かを知っているのかはわかりません。ラスト付近で俳優の方にお母さんから電話がかかってきてましたが、それがこのお母さんなのかもわからないです。可能性としてはあるけれど、どうだろう。


複製された男

教師は暗いけれども良い人っぽい、っていうのがずっとあったけれども、途中から、お前がやろうとしていることはだいぶひどいぞ、っていうのが出てくるんですね。

嫌がる恋人に無理やり挿入しようとしたり、脅されたとはいえ恋人を、自分の保身のために売るようなことをしたり、挙句の果てには妊婦と浮気したり。だんだん、やることが、俳優の方に近くなっているように思います。

母親は子供を守ろうとします。それはときに過剰で、息子にとっては鬱陶しいときもあるかもしれない。


実の母が言う優等生生活をやめて、他人としての人生を踏みだそうと覚悟したとき、身重の妻が蜘蛛として登場する、それを見てため息をつく、というのが、それなのかな…。ああ、ここにもまた、母親が。

うーん、女に絡み取られる、その女は母親である、ていうところなのかな? この話は。あと、性衝動についてかなあ。冒頭のショーや、俳優の方が彼女をストーキングしているときの視線とかさ、その後の行動についてもだけれど。

わたしがこの映画をあんまりわからないなって思うのは、もしかしたらね、わたしは性描写の多い映画が最近とても苦手で、裸だけならいいんです、けれど、行為はあんまり見たくない。そういう個人的な好みがあって、あんまり考えたくないなあ…ってなっちゃったのかなーと、思います。

photo
複製された男 (ポルトガル文学叢書)
ジョゼ サラマーゴ Jos´e Saramago
彩流社 2012-10-22

by G-Tools , 2014/07/18

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
カオスとは未解読の秩序である 公式サイト。原題:Enemy。ジョゼ・サラマーゴ原作、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/07/22 12:48 PM
複製された男 (ポルトガル文学叢書) [単行本]自分にそっくりな男と出会った男性が体験する悪夢のような出来事を描く異色のミステリー「複製された男」。現実と妄想世界が混濁するス ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/07/22 4:57 PM
ジェイク・ギレンホールが、自分に瓜二つの人間に出会ったことから運命が変わってしまう男の姿を描く。 ッて言うかねぇ、何だかなぁ。 途中まで、サスペンスばりばりで、いい感じだったんですが、ラストショットがあれですかorz。 もっとちゃんと、結末は付けられな
  • 勝手に映画評
  • 2014/07/22 10:25 PM
世の中には自分によく似た人間が、3人いる。なんて話があるけれどーーー。 「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作。 ノーベル賞作家、故、ジョゼ・サラマーゴの小説「複製された男」を映画化したミステリ
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/07/23 10:35 AM
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
複製された男 ENEMY 2014(2013)/カナダ/スペイン/R15+ 監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ 製作総指揮/フランソワ・イヴェルネル/他 脚本/ハビエル・グヨン 出演/ジェイク・ギレンホール/メラニー・ロラン/サラ・ガドン/イザベラ・ロッセリーニ/他 
  • 1953ColdSummer
  • 2015/01/21 7:57 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM