オール・ユー・ニード・イズ・キル/明日の日はさようなら

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キルEdge of Tomorrow/監督:ダグ・リーマン/2014年/アメリカ


繰り返せ、死ぬこと自体は怖くない


丸の内ピカデリーシアター1、T-18 3D字幕で鑑賞。原作は未読です。漫画も読んでないです。
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」以来の映画館でトム・クルーズです。
去年「オブリビオン」スルーしちゃったんだよね。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

あらすじ:死ぬと戻ります。

ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、気づいたら手錠かけられてて、気づいたら死んでて、気づいたらまた手錠かけられてました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
悲壮感のない死って面白くなりますね。トム様はわたし久しぶりに見たのですが、年を取らないのか? なんでしょうこの人はもう、トム・クルーズっていう種類の生き物なのか。
オール・ユー・ニード・イズ・キル

最初のうちの予告に『This is not the Earth』って機械音声入っているやつがあった気がするんですけど、本編になかったですね。ですよね? あの音声が気に入っていたのにな〜。

前半はちょいちょいコメディ要素が入っていて、全裸デブが毎度潰されるところとか、2回目のときにトムが口をテープで留められちゃってるとか、交通事故死とかね。わたし交通事故シーン好きなんですよね〜。

ああいうこまごました部分で、死んでループするっていう設定の悲壮感のなさを、まず出してきているんじゃないかと思うんですよ。


オール・ユー・ニード・イズ・キル

トムは何度死んだのか知りませんが、リタ(エミリー・ブラント)と知り合ってからのリセット回数てかなりだと思うのよね。

そこにいちいち命の重みみたいなもんをぶら下げてきたら、見てる方も疲れますから、ゲーム感覚、まさにこれ。死ぬって大変なことですけど、リタにとってはリセットでしかないわけで。トムもわかってるから特に抵抗はせず。
わっちょっと待ってよ』っていうのはあるし、それは面白味なのでね。


オール・ユー・ニード・イズ・キル

ヘリコプターのシーンはぐっと来ましたね。
リタに『何度目だ』と聞かれて答えない。そうとう何度もやったのでしょう。それでもダメだった、このままでは今回もダメかもしれない、聞き入れてくれないなら仕方ない。もう一度やるから、その時にはうまくいくようにがんばります。

っていうトムの気持ちはあの場所に入った時からあっただろうに、リタは『疲れたし痛いからリセットしていい?』って言ってるの、このギャップ。この気軽さ。


トム・クルーズはたまに顔面を崩壊させる(「バニラ・スカイ」「マイノリティ・リポート」顔面崩壊はしていないが全体的に大変なことになっている「トロピック・サンダー」など)ときがあるなと思っていて、今回もね、崩壊してた。わたしあれ、トムが望んでそうしているのだとしたら、なにか自分のルックスに対する、常人にはうかがい知ることの出来ない葛藤のようなものがあるのではないかと思っております。思い込みだよ。

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/07/10 1:12 PM
本当に久しぶりですが、皆さん呆れ返ってませんでしょうかね。本日はトム・クルーズの新作SFアクション映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観てまいりましたので、その感想を書きたいと思います。例によって結末もバラしてしまいますので、未見の方はお気をつ
  • 生まれてから今まで観てきた映画全部
  • 2014/07/10 7:14 PM
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"と
  • 映画のブログ
  • 2014/07/10 8:54 PM
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白い
  • 勝手に映画評
  • 2014/07/10 10:00 PM
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) [文庫]タイムループの能力を手にした主人公が死と覚醒を繰り返しながら戦うSFアクション「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。ヘ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/07/11 12:24 AM
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/07/13 10:12 PM
アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜ABOUT TIME/監督:リチャード・カーティス/2013年/イギリス きみが生きるこの瞬間は、僕が望んだ「理想」の時間。 TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン7、G-25で鑑賞。「ラブ・アクチュアリー」が好きなのと、タイムト
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/10/08 5:46 PM
2014年下半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も終わりを迎えようとしていますね。早いものですね(季節の挨拶)。 例年は上半期に「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をやって、下半期はまとめて年間
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/16 9:55 PM
2014年に見た新作映画を「アクションあり」と「アクションなし」で分けて、それぞれベスト5を決めてみたよ 「2014年上半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」と、「2014年下半期に見た新作映画をおもしろかった順番にぜんぶ並べてみたよ」をや
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/12/26 12:04 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM