リベンジ・マッチ/30年越しの因縁対決!

リベンジ・マッチ

リベンジ・マッチGrudge Match/監督:ピーター・シーガル/2013年/アメリカ


スタローンとデ・ニーロが喧嘩してます!


丸の内ピカデリーシアター2、T-18で鑑賞。

リベンジ・マッチ

あらすじ:ロッキーVSレイジング・ブル。

元ボクサーのヘンリー(シルベスタ・スタローン)と ビリー(ロバート・デ・ニーロ)が30年ぶりに戦います。

ネタバレはありません。
あんまり褒めていません。っていうか褒めていません。


おすすめ
ポイント
若いころのシーンはどうやって撮ったんでしょう…。
リベンジマッチ

去年、「バレット」「大脱出」と立て続けにコケたスタローンさんね、今回「リベンジマッチ」の惨状は、予想の範囲内とはいえ、ちょっとこれ酷いですよ。

修行シーンとかね、楽しい部分もあるんです。中盤で明かされるスタローンの秘密や、デ・ニーロと息子とのあれこれなんかも、もうちょっとうまくできれば…って思うんですよ。

というか、そもそもこれ、コメディじゃないほうが良かったんじゃないですかね。


リベンジ・マッチ

情報が出た時点で、『コメディか、厳しいな』って思っていたのが全部当たった感じです。ひどいのは脚本であったり演出であったり、そもそも監督の手腕が豪華な出演者を扱えるに至っていないとかだと思うんです。

ただね、スタローンもデ・ニーロも、こんな企画、乗るなよ! って思ってしまいましたね。

もちろん、この映画に登場するのはロッキーとジェイクではないけれども、もちろん、観客は「ロッキー」VS「レイジング・ブル」を求めて見に来るわけです。

スタローンにとってもデ・ニーロにとっても、観客にとっても大切であるはずの2本の映画を元にして、なんでこういうリスペクトのないことをしちゃうんですかね。


スタローン、わたしは大好きですけれども、「エクスペンダブルズ」以降の『消耗品感』がつらくなってきました。自分を切り売りしないでほしい。このままでは本当に使い捨てられてしまうよ。

そして制作側はもっとスタローンに愛を持ってほしい。適当なことすんな! 卵飲ませて肉叩かせれば観客は喜ぶだろうっていう安易なネタぶっこみもやめてほしかった。いや、なかったらなかったで、なかったわ…って言うけどさ。とにかくすべてが雑な映画でした。「レイジング・ブル」ネタよりも「ロッキー」ネタが目立つのは、わかりやすいからだと思います。

photo
リベンジ・マッチ ブルーレイ&DVD セット (【初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-08-06

by G-Tools , 2014/07/22

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
メディアに乗せられた2人 公式サイト。原題:Grudge Match(遺恨試合)。ピーター・シーガル監督、シルヴェスター・スタローン(実年齢67歳)、ロバート・デ・ニーロ(同70歳)、キム・ベイシン ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/04/10 12:33 PM
かつてのライバルボクサーが意地とプライドをかけて再戦する「リベンジ・マッチ」。確信犯的にユルい展開とセルフ・パロディで楽しめる娯楽作。1980年代のピッツバーグのボクシング ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/04/10 10:01 PM
2014年上半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も半分が過ぎました。早いものですね(季節の挨拶)。 というわけで、恒例の、上半期ベスト、いきます。6/27鑑賞分までです(「her 世界でひとつの彼女」「オールド・ボーイ」は下半期に回します
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/30 9:06 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM