ウォルト・ディズニーの約束/夢と魔法の裏側で

ウォルト・ディズニーの約束

ウォルト・ディズニーの約束Saving Mr. Banks/監督:ジョン・リー・ハンコック/2013年/アメリカ、オーストラリア、イギリス


わたしが紡ぐ物語は誰かを救うのに、わたしはずっと救われなかった


TOHOシネマズシャンテE-8で鑑賞。ディズニー好きだしトム・ハンクスだからっていう理由だけで見ました。そうしたらねこれすごい良かった!

ウォルト・ディズニーの約束

あらすじ:「メリー・ポピンズ」を映画化したい。させたくない。

「メリー・ポピンズ」原作者パメラ・トラバース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)に20年間「メリー・ポピンズ」映画化を打診され続けていたけど断ってました。

ネタバレはありません。

原題が「Saving Mr. Banks」で、「Saving Private Ryan」とトム・ハンクス繋がりでかぶることと、若干原題でネタバレ気味なので、今回は邦題「ウォルト・ディズニーの約束」が正解だったと思いますね。


おすすめ
ポイント
安定のトム・ハンクスそしてポール・ジアマッティ! コリン・ファレルも良かった。
「メリー・ポピンズ」を見返したくなります。
ウォルト・ディズニーの約束

最初ね、『メリー・ポピンズというキャラクターを安易に扱ってくれるなよ』というトラバースの思いを描いた映画なのかなと、思っていたんですけれども、本質的なところでは、そういう映画ではなかったね。

もちろんメリー・ポピンズを雑に扱うなよっていう面もあるんですけれど、トラバースがキャラクター設定や音楽や、なににつけてもダメ出しをするときって、ほとんど言いがかりに近かったりするんですよ。意地でも折れてやるもんですか、あなたがたはわたしがノーと言い続ける限り、なにも出来ないんだから。


パメラ・トラバースは、かたくなにパメラと呼ばれることを嫌がるんですね。いっぽうで、ウォルト・ディズニーは、ディズニーと呼ばれることを嫌がる。ふたりの、父親にたいする感情や思い出は違えども、彼らの共通点として『父親の大きすぎる存在』があるわけです。嫌な思い出もあった、いい思い出もあった。つらいときもあった、けれども彼はまぎれもなく自分の父親だ。その事実がいつまでも自分を苦しめる、どうにもできない幻影のような父の姿から解放されない。

ウォルト・ディズニーの約束

あの頃、自分が子供だったがゆえにできなかったことを、してもいいんじゃないか、もちろん小説を書くことでもそれはできるが、他人の手に委ね、客観的に自らの物語を見てもいいのではないか、とわだかまりが氷解する。そして『もう十分よね』と、彼女は言うのです。

この、トラバースを口説き落とすシーンでのトム・ハンクスはほんとすばらしいですね。


ディズニーが、自分たちの「父親」であるウォルト・ディズニーを描くときに、下手なやり方や安易な方向に持っていくはずがない。わたしなんかが想像できる範囲のことをするわけがなかったよね。

それにしても、いずれ(というかこの時点ではすでに?)酒浸りになるウォルト・ディズニーと、アル中だったパメラの父っていうのが、みょうにかぶってチクっとつらい気持ちにもなりますね。

くまのプーさん」問題(ホテルのシーンでプーさんのぬいぐるみが出てくるが、プーさんのディズニー入りは「メリー・ポピンズ」よりも後)に関しては、わたしは、看過してもいいのではないかと、思います。ファンから見たら許しがたいかもしれないですけれども、あのシーンのトラバースの一言は、物語上わかりやすいので…。映画のウソということでひとつ。

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM) [CD]傑作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」誕生秘話を描くヒューマン・ドラマ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/04/03 12:16 AM
物語の裏側にあるもの。 あまりにも有名なディズニーのミュージカル映画、「メリー・ポピンズ」のビハインド・ザ・シーン。 魔法使いのナニー、メリー・ポピンズは、本当は誰を助けにやって来たのだろうか。 映画は子供の頃に何度も観たし、原作も読んだが、この話
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/04/04 9:42 PM
アイルランドとカリフォルニアの相性の問題 公式サイト。原題:Saving Mr. Banks。ジョン・リー・ハンコック監督、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、コリン・ファレル、アニー・ロー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/04/10 1:39 PM
もう少し別の内容を想像していて、なんとなくためらっていたのだが、非常に面白かった。さっさと観ればよかった。 題名ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks) 監督ジョン・リー・ハンコック 出演■1961年/トム・ハンクス(ウォルト・ディズニー)、エマ・ト
  • 窓の向こうに
  • 2014/05/08 5:15 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在928件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM