ダラス・バイヤーズクラブ/死の淵で彷徨う

ダラス・バイヤーズクラブ

ダラス・バイヤーズクラブDallas Buyers Club/監督:ジャン=マルク・ヴァレ/2013年/アメリカ


俺はまだ死んでいないだけ


ヒューマントラストシネマ有楽町シアター1、F-11で鑑賞。マコノヒーが激ヤセということと、エイズの話だということしか知りませんでした。差別問題を扱っているのかと思っていたらまったくちがったねー。

みなさん指摘されていることだと思いますが、字幕がややお上品というか、気を使いすぎているのか知らないが、FaggotもQueerもぜんぶ「ゲイ」って訳されているのはちょっと気になりました。

ダラス・バイヤーズクラブ

あらすじ:エイズになったので薬を買ったり売ったりします。

テキサスのカウボーイ、ロン(マシュー・マコノヒー)は、HIVに感染し、トランスセクシャルのレイヨン(ジャレッド・レト)と共に国内未認可のエイズ治療薬を売っていた。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
マシュー・マコノヒーもジャレッド・レトもブラッドフォード・コックス(レトの恋人)も、痛々しいほど痩せていて、かげろうのようでした。おすすめです。
ダラス・バイヤーズクラブ

ロンは自堕落で奔放な生活を送っているように思えるけれども、事故によって脚を潰された従業員に対する態度から、彼の中にある『命の捉え方』が透けて見えるんですね。同情などでなく、ほんらい誰しも持っているが普段は意識しない、生きることへの本能ゆえのもので。

物語が進むにつれ語られていく、彼やその周りの人たちの生への執着心、そして、ただ生きているだけでは意味がない、何かを成し遂げなければ、とまではいかないが、死んでいないだけの生き方はあまりにも悲惨だ、というところへと。


わたしたちはどんな病気であれ、罹患したときに、他人の意見を聞かなくてはなりません。その相手は専門知識を持っている医者になります。自分に何が起きているのか、これからどうしたらいいのかを、ひとの判断に委ねなければならない。果たしてその相手が『信用に値するかどうか』すらもはっきりとはわからぬまま、言うとおりにしていれば治るはずだ、と。

ダラス・バイヤーズクラブ

女医のイブ(ジェニファー・ガーナー)は、『ロレックスつけてるやつなんて信用できない』と言います。信用。ロンがひとりで治療薬を売ろうとしたとき、彼の言葉を信じる人はいませんでした。

もともとロンがホモフォビアであるから、どうしても態度に出てしまっていたのでしょう。それでは信用は得られない。そこで、トランスセクシュアルのレイヨンが関わってくると、薬が売れるわけです。『彼(彼女)なら信用できる』、あまりよくない言い方をすれば、『こちら側の人間だ、だから信用できる』ということなのかなと、思います。


この物語は80年代を舞台にしていますから、おそらく当時は、エイズ=不治の病とされていたと思われます。後天的な不治の病にかかることは、未知の領域に脚を踏み込むことと同じです。いままでの人生ががらりと変わってしまう。濃厚に漂う死の臭いがつきまとい、逃れようにもままならない状況を生み出してしまうのです。

ロンとレイヨンには、ずっと、死神が大鎌を首筋に当てている。いつ死んでもおかしくないような状況を、時にはコミカルに、また時にはこちらの胃をわし掴みにしてくるような残酷さをもって描き切る。その手法もさることながら、いうまでもないことではありますが、出演者の演技の素晴らしさにより、なにをもって生きるとするか、を突きつけられたように思います。

photo
ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2014-09-02

by G-Tools , 2014/09/02

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
不屈のカウボーイスピリット。 1980年代、当時猛威をふるっていたAIDSに罹患し、余命30日を宣告されながら、自ら未承認治療薬を取り寄せるクラブを立ち上げ、7年もの間懸命に生き続けたロン・ウッドルーフの闘いを描く実録ヒューマンドラマ。 このところ、まるで映
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/03/06 10:50 PM
ダラス・バイヤーズクラブ(マシュー・マコノヒー出演) [DVD] [DVD]HIVを患った男が生きるために闘い自分自身と向き合った実話に基づくヒューマン・ドラマ「ダラス・バイヤーズクラブ」 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/03/20 9:37 PM
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は
  • 映画のブログ
  • 2014/05/06 10:07 AM
2014年上半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も半分が過ぎました。早いものですね(季節の挨拶)。 というわけで、恒例の、上半期ベスト、いきます。6/27鑑賞分までです(「her 世界でひとつの彼女」「オールド・ボーイ」は下半期に回します
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/30 9:06 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM