大統領の執事の涙/執事とやさしい白人たち

大統領の執事の涙

大統領の執事の涙Lee Daniels' The Butler/監督:リー・ダニエルズ/2013年/アメリカ


「政治に興味はありません」「よろしい、ならば採用だ」


丸の内ピカデリーシアター2、U-17で鑑賞。スルーリストに入れていたけれども、とりあえず押さえておこうかな〜というかんじで。

大統領の執事の涙

あらすじ:ホワイトハウスで執事として働きます。

奴隷のセシル(フォレスト・ウィテカー)は農園をやめてホテルで働き出したんだけど、ある日とつぜんホワイトハウスで執事になりました。

ネタバレはありません。
あんまり褒めてないかな。いいところもあるんだけどね。


おすすめ
ポイント
キャストが豪華ですね。内容は暗いものだけれども全体的には明るく描いているのが、吉と出るか凶と出るかというかんじです。
大統領の執事の涙

セシルがふつうにあいさつして農園を去ったときに、あれえって思ったんですよね。この映画もしかしたらぬるいかな? って。そしたらまあそのとおりで、セシルが仕える白人ってあんまり嫌な人いないんですよ。

現実としての問題は、相手が嫌な人かそうでないかというような感覚的なことではなくて、人権に関わることですから根深いんですけれども、そこはわかった上で、それでも映画のつくりとしては今一歩と思います。

父親は生きていくために白人に仕え、息子は生きる権利を得るために戦っているという対比がね、もっとうまくやれたんじゃないかと思うんです。題材としてはものすごくいいものですから、これはもったいない。


大統領の執事の涙

たとえば映像だけで言っても、息子がシット・インするシーンと父親が給仕するシーンのモンタージュとか、あれーへただなーって。この映画、演出と編集が全体的にあんまりうまくないと思います。

いいシーンもあるんです、自分が給仕される側に立ってみて見えたものがあったうえで、その後、大統領(アラン・リックマン)から『おまえは家族同然だ』と言われる、アラン・リックマンにしてみれば本音かもしれないが、フォレスト・ウィテカーから見たら白々しく聞こえるだろうなと想像ができる。ここは非常に良かった。

息子がシドニー・ポワチエのことを『白人が好む黒人像だろ』って批判するところからの一連の流れとかもね、いいと思います。


あのあたりをもうちょっと突き詰めてくれたらなーと思うんですよね。なんだか、各方面に気を使いすぎた結果、ぬるいものが出来てしまったというかんじもします。

3/21公開の「フルートベール駅で」と組み合わせて見るとね、「大統領の執事の涙」で最後に『オバマばんざい!』ってやっているほぼ同時期には、黒人青年が白人警官に意味なく殺されたっていう事実があるわけです。
ちなみに、フォレスト・ウィテカーは「フルートベール駅で」の製作に関わっています。

photo
大統領の執事の涙 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 2014-08-15
評価

by G-Tools , 2014/05/09

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
結局、全てはバラク・オバマのために 公式サイト。原題:The Butler。リー・ダニエルズ監督、フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッド・オイェロウォ、マライア・キ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/02/28 12:02 PM
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/02/28 8:04 PM
大統領の執事の涙 [単行本]7人の大統領に仕えた名もなき執事とその家族を描く「大統領の執事の涙」。黒人版「フォレスト・ガンプ」という趣の作品だ。20世紀初頭、黒人差別が日常 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/02/28 11:48 PM
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウ
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2014/03/02 9:52 PM
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとし
  • 映画のブログ
  • 2014/05/06 9:42 AM
2014年上半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も半分が過ぎました。早いものですね(季節の挨拶)。 というわけで、恒例の、上半期ベスト、いきます。6/27鑑賞分までです(「her 世界でひとつの彼女」「オールド・ボーイ」は下半期に回します
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/30 9:06 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM