ラッシュ/プライドと友情/頂点に立つ者にしかわからない世界がある

ラッシュ/プライドと友情

ラッシュ/プライドと友情RUSH/監督:ロン・ハワード/2013年/アメリカ


伝記映画のまとめ方と、落としどころについて


TOHOシネマズ日劇、K-15で鑑賞。K列は足が伸ばせるのが良い。事前情報としては、実話であること、クリス・ヘムズワースが出ていること、カーレースの話、くらいですね。カーレース映画って言ったら「デスレース2000」かな、っていうくらいの、知識のなさよ。

ラッシュ/プライドと友情

あらすじ:F1ドライバーがしのぎを削ります。

ヤリチンでオラオラなイケメンレーサー、ジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)と、冷静で手堅いニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)が、1976年のF1チャンピオンシップで争います。

ネタバレはないと思います。


おすすめ
ポイント
細かいところをバサバサ切っているのがすごいとおもいますね。そして本人と役者がちょう似ている、キャスティングすごいです。
ラッシュ/プライドと友情

人間ドラマ売りだったので、カーレース以外のところに重点が置かれているのかなあと予想して見に行ったら、彼らの人生におけるプライベートなポイントについてはバッサリ切られていて、ほぼレースメインなんですね。

わたしはF1のことをよく知らないし、時代的に自分が生まれる前の話なので、見終わってから調べたんですよ、ソースとして信用ならんと思っているWikipedia程度ですけれども。そうしたら、実際はジェームズ・ハントとニキ・ラウダはしょっぱなっから馬が合った、一緒に住んでたときもある、って書いてあって、そうなんだ! って。


ラッシュ/プライドと友情

そういう部分をね、バッサリ切り落として、あくまでも彼らは『レースでトップに立つ、というところ以外に共通点がないふたりであった』っていう描き方をしたのは、映画的演出としてすばらしいと思うんですね。

実在の、しかも存命人物について描くときに、事細かに現実をあきらかにする必要がないのだなと、エンターテイメント性を重要視するのであれば、彼らはライバル同士であった、この一点を描ければそれでいいわけです。

ふたりがふたりきりで話すシーンってほとんどないんですよ、最初と最後だけかな。つねに周りに人がいる。相手を横目で見ながら、まあお前はそうやればいいよ、俺はお前には負けないよ、というのを、視線の投げ合いで描いている、おこがましい言い方をすれば、これはうまいなあと。


120分そういう描き方をして、最後の最後で実際の映像が流れるときに、ああ、彼らのあいだには、物語としては描かれなかった、ふたりだけの時間があったのだな、と、同じものを目指している者にしか共有できない『何か』があったのだな、というのをね、見せつけられる、こちらとしてはそれを享受する以外に方法はないわけですよ、わからないから。わかるわけはないよ、自分が、世界の頂点に立とうと思ったことはないもの。それでいいんですよ、自分に引き寄せて考えることができない世界は確実にある。むしろそういう世界のほうが多いですから。そもそも人生において『ライバルがいる』ってことじたい、ないですもの。ふつうの人間にはね。

photo
ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2014-08-04
評価

by G-Tools , 2014/04/09

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
色男とネズミ男の違った栄光 公式サイト。ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフラ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2014/02/24 6:12 PM
ポスター A4 パターンA ラッシュ プライドと友情 光沢プリントF1で熾烈なライバル争いを繰り広げたラウダVSハントの戦いを描く「ラッシュ プライドと友情」。対照的な二人が互いに認め ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2014/02/24 10:06 PM
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2014/02/27 11:12 PM
2014年上半期に見た新作映画を面白かった順番にぜんぶ並べてみたよ 今年も半分が過ぎました。早いものですね(季節の挨拶)。 というわけで、恒例の、上半期ベスト、いきます。6/27鑑賞分までです(「her 世界でひとつの彼女」「オールド・ボーイ」は下半期に回します
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/30 9:06 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM