トランス/失われた記憶を求めて

トランス/TRANCE

トランスTRANCE/監督:ダニー・ボイル/2013年/イギリス


ジェームズ・マカヴォイがパイパンを見て『わあ♡』ってなります。


TOHOシネマズシャンテF列で鑑賞。毎回F列を取って、毎回E列で良かったのかもなあと思っています。次からE列にしよう。
ダニー・ボイル監督作でジェームズ・マカヴォイが主演ってことだけ知っていました。

トランス/TRANCE

あらすじ:盗んだ絵を催眠療法で探します。

オークションの競売人サイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、フランク(ヴァンサン・カッセル)を中心とする強盗集団と手を組んで絵を盗むんだけど、殴られちゃったショックで絵の在処を忘れちゃいました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
現実と虚構が入り乱れていて面白いです。音楽がいいなあと思っていたらUnderworldでした。
トランス/TRANCE

アバンタイトルでの引きの強さはさすがだなって思いますね。やっぱり最初がいい映画はいいよね、いつも言ってますけれどもそれは間違いないとおもう。

ここで心を掴んできてくれると、ものすごく入り込みやすいもんね。現実と虚構(催眠状態の幻覚的な映像)が交差していってだんだん状況がつかめていくのもおもしろい。

謎が解けていくあたりの、するするとした展開も、見ていてとても気持が良いですね。


トランス/TRANCE

お話は、あらすじのとおり、まかぼいが、ゴヤ作「魔女たちの飛翔」を盗もうとしたんだけどどっかやっちゃって、ヴァンサン・カッセルが怒り狂って「しょうがない、催眠療法だ!」って言い出して(わたし、冗談言ってるかと思ったよ最初!)催眠療法士のエリザベス(ロザリオ・ドーソン)のとこに通うんだけど〜、このエリザベスという女がなかなか切れ者でですね、というかんじですね。

催眠療法はほとんど魔法のように描かれていて、エリザベスが最強キャラになってるね。それがセラピーとしての枠を超えてるなあと、途中まで思うわけですが、そこについても落としどころがあるので納得ですね。


それにしても、中見出しにも書きましたが、ジェームズ・マカヴォイがパイパンを見て目をキラキラさせちゃうシーンがもう最高すぎた。そしてパイパンが物語上のキーになってるところもおっかしかった。たいへんばかばかしくてよろしい。りっぱである。ところで、まかぼいさん、下着つけずにズボン履くんですか。挟むよ?

物語が二転三転して飽きることなく見られ、来るか? と思ったらやっぱり来た『頭がパッカーン』とかね、たいへんおもしろい映画だと思いますが、このお話って、もっと若くて経験も浅い監督が、低予算で1発当てたあと予算もらって2本目に撮ったってかんじがしたよ。なんだろ、ちょっと小粒感があるのかな。

ところで、ヴァンサン・カッセルの手下のひとり、リュダクリスかと途中まで思って見ていたら違った…そして名前がいまいちわからない。ワハブ・シェイクかな。

photo
トランス [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-02-05
評価

by G-Tools , 2013/12/19

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2013/10/18 4:22 PM
トランス(ダニー・ボイル監督) [DVD] [DVD]記憶をテーマにしたスタイリッシュなクライム・サスペンス「トランス」。多彩な引き出しを持つダニー・ボイルらしい不思議な陶酔感が残る作 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2013/10/18 11:02 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1004件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM