ビザンチウム/儚き命に爪を立て

ビザンチウム/Byzantium

ビザンチウムByzantium/監督:ニール・ジョーダン/2012年/イギリス、アイルランド


「わたしの話を聞いてください」


TOHOシネマズシャンテF列で鑑賞しました。ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが出ているので見ましたよ。
予告は見ていなかったのですが、ケイレブくん画像を漁っているときにネタバレ画像見ちゃったりしてました。
映画comで「かもし出す“憂い”が人気の新ジャンル「シックボーイ」とは?」ってケイレブくん特集みたいになってましたけど、「シックボーイ」って言ったら「トレインスポッティング」じゃないですかね!

ビザンチウム/Byzantium

あらすじ:ヴァンパイアの少女が過去の話をします。

エレノア(シアーシャ・ローナン)はヴァンパイアで、めっちゃセクシーなおねーさん・クララ(ジェマ・アータートン)と一緒にいるんだけど、とにかく誰かに自分の話を聞いてほしくって、日記を書いては投げ捨て書いては投げ捨てしてました。

ネタバレはありません。わたしがケイレブ推しすぎてシアーシャ・ローナンのことあんまり良く言ってませんが、シアーシャ・ローナンが悪いわけではないです。


おすすめ
ポイント
久しぶりに首がスッパーンと飛ぶ映画を見ました。ケイレブくんの具合の悪さは最高です。絵がとにかくきれいですね。ジェマ・アータートン素敵です。
ビザンチウム/Byzantium

見る前に「シアーシャとケイレブくんがベタベタするだろうから、見終わってちょっとイライラするに違いないので、10月に届く『アンチヴァイラル』のBlu-rayでケイレブ分を補給するというところまで予想してる」って言ってましたけれどもね、ノーチェックだったジェマ・アータートンにがっつり心を掴まれましたね。

ジェマ・アータートンは『アリス・クリードの失踪』がちょうおもしろいのでおすすめです。

たいへん印象的なシーンがありまして、娼婦を買った男が、いざってときに泣き出すんです。お母さんが死んじゃったーって。そこで娼婦が男を慰め始めるんですよ肉体的にでなく。よしよしってするの。年季の入った娼婦はホスピタリティが違うね!


ビザンチウム/Byzantium

シアーシャ・ローナンですが、ケイレブくんとベタベタするから憎ったらしいってことを差っ引いても差っ引いても差っ引けない。どうしよう。

しょうがないので思った通りに書きますと、お前なにしてんだと。食欲が理性を超えてるんじゃないのこの子って思いますけれどね、血を飲んでも飲んでも本当に欲しいものが得られなくて〜って表現のうちなんだろう。が、知らん。わたしはあなたのことは知りません。

このキャラクターは、ひとに構って欲しくて構って欲しくてしょうがなくてTwitterに黒ポエム書いたり不幸自慢語りを延々した挙句に自殺予告するようなタイプだよ!(いま全力で投げたブーメランが自分に刺さりましたが気にしない。


ビザンチウム/Byzantium

彼女が語る物語は、自身のことではないんですよね。血で繋がった切れない縁を、語り尽くすことによって断ち切っていったのでしょう。エレノアでなくクララについての物語だなと思いますね。

ケイレブくんはですねー、最初っから最後まで調子が悪いッ! うまく喋れてない! 自転車で転んで腕から血をドバドバ流しながら走るところとか、たまらんです。雨のバス停でぐったりしてるときの顔いいね。声を荒らげるシーンもいいですねーこの人はほんとうに、こうやって突然ひどいこと言うんじゃないのか? って思ってるんですが、わたしの思い込みでしょう。あと、ヴァンパイアの設定で気になってたことをケイレブくんがはっきり言った! わはは。


ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

映画の撮影期間というのがどれくらいかかるものなのかさっぱりわからないのだけれど、おなじ2012年に「アンチヴァイラル」と「ハード・ラッシュ」(おもしろいよ!)が公開になってるんですよね。

ハード・ラッシュ」のケイレブくんは「アンチヴァイラル」や「ビザンチウム」ほど痩せてないよね。いつ何の撮影してたかとかって調べる方法ないんですかね。それ知ったからって、何、ということでもないのは、わかっています!

で、まあね、キスシーンあったんでー、当初の予想通り「アンチヴァイラル」Blu-rayでのケイレブ分補給待ちになりますね、わたし今後ケイレブくんを好きでいつづけるとしたら、キャリアを積んでいろんな役をやってラブシーンもあったりするたびに「『アンチヴァイラル』見よう…」ってなるんじゃないんすかね。気持ち悪! わたし気持ち悪! あのね、好きな俳優のラブシーン見ていられないんですよ…ヒロインに感情移入することもできなくてさ…。


ケイレブくん具合悪い可愛いってばかり言っているので、笑顔も可愛いよっていうのを貼っておきますね。

最後に、中見出しを「ぼくのエラ 200歳の少女」にしようかと思いましたがすんでのところで思いとどまりましたことを記しておきます。て書いたら意味ない。

photo
ビザンチウム [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2014-03-04
評価

by G-Tools , 2013/12/19

photo
アンチヴァイラル [初回生産・取扱店限定] [Blu-ray]
カルチュア・パブリッシャーズ 2013-10-11
評価

by G-Tools , 2013/09/25

photo
アリス・クリードの失踪 [DVD]
東宝 2012-01-27
評価

by G-Tools , 2013/09/25

photo
ハード・ラッシュ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2013-10-23
評価

by G-Tools , 2013/09/25

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
Byzantium Ost [CD]人間からも吸血鬼からも疎まれる女性ヴァンパイアの運命を描く「ビザンチウム」。永遠の思春期を生きるヒロインのはかなさが印象的だ。英国の港町に流れ着いた16歳の ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2013/09/26 9:49 AM
理想郷からの旅立ち。 アイルランドの異才ニール・ジョーダンが、ハリウッドで撮った「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」以来20年ぶりに手がけたヴァンパイアもの。 個人の中の秘められた歴史というのは、ジョーダンがほぼ一貫して描いているものだと思う。 そ
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2013/09/26 10:03 PM
公式サイト。イギリス=アイルランド。原題:Byzantium。モイラ・バフィーニ原作、ニール・ジョーダン監督、ジェマ・アータートン、シアーシャ・ローナン、サム・ライリー、ジョニー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2013/10/24 10:44 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1010件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM