ウルヴァリン:SAMURAI/不死身の浪人ミュータント 東京へ行く

ウルヴァリン:SAMURAI/The Wolverine

ウルヴァリン:SAMURAIThe Wolverine/監督:ジェームズ・マンゴールド/2013年/アメリカ、オーストラリア


ヒロシマ・ナガサキ ハラキリ・ヤクザ ニンジャ・サムライ ウルヴァリン


TOHOシネマズ日劇3Dで鑑賞。2Dでもいいかなと思います。
わたしはね、「悪魔の毒々モンスター 東京へ行く」の豪華版みたいなかんじだったら満足だな! って思って見に行きました。結果、そういう意味では満足です。

ウルヴァリン:SAMURAI/The Wolverine

あらすじ:ウルヴァリンが日本へ来ました。

ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が山にこもってたら、ユキオ(福島リラ)っていう赤い髪の女が来て、むかしウルヴァリンに助けられたっていうお金持ちのおじいちゃん(ハル・ヤマノウチ)がお礼を言いたいから日本に来てよって言うんで、1日だけですよって約束で来日しました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
誇張された日本描写がおもしろいです。外国の方が見てどう感じるのかはともかくとしてですね。これはもう、日本人で良かったと思って見るのが一番かとおもいますね。
ウルヴァリン:SAMURAI/The Wolverine

洋画で日本の描写がおかしいと言って憤慨される方がいらっしゃいますが、わたしはね、そういうのは構わないと思っているんです。北朝鮮なんか、ちょうざっくりと敵扱いされてること多いじゃないですか。北朝鮮のひとがその映画を見る機会がないにしてもさ。そういう扱いを受けてないだけマシというかね、細かいことはいいじゃないかと、思うわけです。

ウルヴァリン:SAMURAI」は、長崎への原爆投下から始まって突然のハラキリ! お風呂でおばちゃんにゴシゴシ洗われるウルヴァリン! ちらっと見えた刺青でヤクザと見ぬくウルヴァリン! 新幹線でガコーンとシートを倒すウルヴァリン! なにかと「ガイジン」ってバカにされるウルヴァリン! そして、新幹線上でのヤクザとの対決は最高です。ドス1本でウルヴァリンとほぼ互角に戦ってるヤクザまじ強い。


ウルヴァリン:SAMURAI/The Wolverine

ラブホテル、パチンコ、なぞの剣道とか、おもしろい。真田広之の『この縦に長い島国は、電車も上りと下りの2本しかない』みたいなセリフは、『これが東京タワー! 全部鉄!』なみの名台詞だと思いましたね。

わたしは、そういう面白さと、ウルヴァリンがずーっと悩んでるようすとの間にギャップを感じてしまったことと、途中まで矢志田家のお家騒動にただ巻き込まれてる感が強く、あれ、これは気持ちをどこに持って行ったらいいのかわからないわ…とはなりました。
正直ね、気が散ってしまってお話に入り込めなかったところはありますよ。喪失と再生について描かれているのはわかります(喪失と再生について描かれている映画はめっちゃ多いのですが)。


というわけで、ここはハッキリ割り切って、日本のおもしろさ、外国の方から見た日本がこうあってほしいのだろうなというおもしろさをですね、楽しむ。というのが、よろしいかと、思います。東京オリンピックの開会式にはニンジャを出すべきですね。

あ、そうだ、日本刀の効果音『ミーン』っていうの、最初にやった映画ってどれなんでしょうね? わたしあの音大好きで。発想としてはミュージックソーから来てるのかなあとは思うんですが、映画では、どれかな?

photo
ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-01-08
評価

by G-Tools , 2013/12/19

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
エンドロールの胸の高まり 【Story】 カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユ...
  • Memoirs_of_dai
  • 2013/09/17 1:48 PM
武士道とは死なないことと見つけたり 公式サイト。原題:The Wolverine(クズリ)。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、ハル・ヤマノウチ、ス ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2013/09/17 2:24 PM
ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray] [Blu-ray]「X-メン」シリーズの人気キャラ、ウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ作品の第2弾「ウルヴァリン:SAMURAI」。ヘンな日本もアメコミの舞台と思う ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2013/09/17 11:17 PM
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウ
  • 映画のブログ
  • 2014/05/06 10:05 AM
X-MEN:フューチャー&パストX-Men: Days of Future Past/監督:ブライアン・シンガー/2014年/アメリカ、イギリス もしもこの世を、変えられるのなら。 ユナイテッド・シネマとしまえん、F-11で鑑賞。2D字幕です。 あらすじ:過去へ行って未来を変えます。
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/01 9:57 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在938件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM