エリジウム/余命5日の救世主

エリジウム/Elysium

エリジウムElysium/監督:ニール・ブロムカンプ/2013年/アメリカ


90年代SF映画が好きなひとにおすすめしていきたい。


試写会で鑑賞。監督がニール・ブロムカンプで主演がマット・デイモンだということ以外知らずに見に行きました。いつもどおりですね。予告も見てなかったです。

エリジウム/Elysium

あらすじ:富裕層が住んでいる宇宙コロニーへ貧乏人が突撃します。

貧乏人のマックス(マット・デイモン)は、工場での作業中に事故って余命5日と宣告される。富裕層が住むスペースコロニー、エリジウムに行けばなんでも治るので、闇商人スパイダー(ヴァグネル・モーラ)と、ある取引をして、エリジウムに行こうとするんだけど…っていうお話です。

ネタバレはありません。ほとんどシャールト・コプリーについてしか書いてないです。


おすすめ
ポイント
登場人物がみんななにかと酷い目に遭いますね。シャールト・コプリーの顔は最高です。
エリジウム/Elysium

富裕層VS貧困層でバッキリ分かれて戦うお話かというと、そうでないんです。エリジウムの人間は生身では戦いませんので、おおむねジタバタするのは地球人とロボットですな。

ロボット微妙にダサいんです。あと地球人が使ってる電子機器とかPCがさ、古いんですよ。これわざとでしょ絶対! この貧乏臭さ、わざとでしょ。

マット・デイモンが雑な手術で身体にガチンガチンとはめられてしまう強化外骨格みたいなのも、ちょー不潔っぽくってびんぼくさい。この感じがね、90年代のSFっぽいなあと思って。


エリジウム/Elysium

だから、90年代のSF好きな人におすすめしたいなあと思うわけです。こゆのすきでしょ? わたしはすきだよ。

あとね、ひじょうに埃っぽい。「第9地区」も埃っぽかったし、監督は埃っぽいの好きなんですね。JJエイブラムスにとってのレンズフレアみたいなもんで。

それでね、シャールト・コプリーがいいんですよ、すげーいいの。ネタバレになるから、はっきり書かないけど、顔がちょういい。もう最高。顔。

んで、何言ってるかわからない。まったくわからない。訛り過ぎてて。カナダ人の友人と見に行ったんだけど、わたしが「ちょう訛ってたわ…」って言ったら「ニュージーランドの訛りだと思うけど…」っていまいち自信なさげに言われたね。

なんとなくだけどニール・ブロンカンプは言語がごちゃまぜになってること(とか、まあ、移民問題とかですなあ)にこだわりがあるんだろうと思うよね。


エリジウム/Elysium

シャールト・コプリーは顔とか身体に金属っぽいもの埋め込まれてるけど、これもなんだかぜんぜんわからない。たぶんそれでちょっと強くなってるんだと思うんだけどわかんない。なぞ。悪そうだなってのはわかる。悪そう記号としてのなぞ金属。さいこう。

ロケットランチャーみたいな武器で、地球上から4発くらいミサイル撃つと、宇宙空間を飛んでるシャトルにぶち当たって爆発する。ちょううける。どんだけ強力。さいこう。あと、やっぱ顔だな〜。それから、ニンジャね。いまわたしはがんばってぼかして書いています。


ネタバレを極力排除して書きますと結論はシャールト・コプリーの顔が良かったということになりまして、なにがどのように良かったのかはぜひご覧になってと言うよりほかありません。

photo
エリジウム [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2014-02-05
評価

by G-Tools , 2013/12/19

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
アイデア倒れの安っぽさ 公式サイト。原題:Elysium(ギリシャ神話でエーリュシオンと呼ばれる英雄、善人が死後に住む極楽)。ニール・ブロムカンプ監督、マット・デイモン、ジョディ・ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2013/09/20 8:06 PM
エリジウム [DVD] [DVD]宇宙規模の格差社会で人類を救うために命がけで戦うことになる主人公を描く異色SF「エリジウム」。スキンヘッドとサイボーグ姿のマット・デイモンに悲壮感が ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2013/09/20 9:46 PM
ランキングクリックしてね ←please click 以前、ゴシップ記事に載せたマットの坊主頭に驚いた作品がコレ。 長編デビュー作にして、アカデミー賞作品賞ノミニーなど評価された 「第9地区」の、ニール・ブロムカンプ監督/脚本最新作 ってことで楽し
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2013/09/26 9:52 PM
英雄の墓標。 南アフリカ発の異色の社会派SF、「第9地区」で大ブレイクしたニール・ブロムカンプ監督の待望の第二作。 舞台はアフリカ大陸から遥か北米へ、しかしそのSFマインドと社会性は健在だ。 時は22世紀、人類の富裕層は環境の悪化した地球を捨て、巨大なス
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2013/10/08 10:56 PM
 【ネタバレ注意】  これはマット・デイモンが取り組むべき映画だ。 --- プロデューサーに会い、この映画の話を聞いた瞬間に「やりたい!」って思ったんだ。「この映画に関わるにはどうすればいい?」って感じだ。 ---  映画『エリジウム』の主演をオファーさ
  • 映画のブログ
  • 2013/10/11 9:25 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在928件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM