ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ
映画「黒執事」が「ダークナイト」を参考にしているという記事を見て、なんかもう最近そういうの多くないか? と思いましてですね、いっそこれはまとめてみようかと、思います。邦画に限定したのは、洋画まで手を伸ばすと大変だからです…! 世界は広い!
監督などが「ダークナイトを参考にした」などと明言している邦画

莫逆家族-バクギャクファミーリア-監督:熊切和嘉 /2012年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

以下引用。

その五十嵐は『ダークナイト』(08)のジョーカーを連想する狂気のキャラクターで、「熊切監督を始め、映画好きの30代が集まれば、ヒース・レジャーが演じたジョーカーは絶対の存在なわけですよ。それに俳優であれば、大抵はヒール(悪役)を演じたいもので」と熊切和嘉監督とアイデアを出し合いながら共同で生み出していったと明かす。

引用元:『莫逆家族』の五十嵐けんを演じた村上淳、『ダークナイト』のジョーカーを意識!?|ニュース@ぴあ映画生活

これは元記事のタイトルが釣りっぽい感じですが載せておきましょう。


るろうに剣心監督:大友啓史 /2012年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ以下引用。

和月伸宏の大人気コミックを実写映画化した『るろうに剣心』の大友啓史監督が、主人公・緋村剣心が置かれた立場が公開中の『ダークナイト ライジング』(12)の主人公、バットマンに通じるという解釈で撮影・演出を進めていたことを説明するとともに、作品の世界観やテイストはアメコミ作品を多く生み出しているマーベルを目指していたことも明かした。
引用元:『るろうに剣心』大友啓史監督、「剣心とバットマンは似ている。世界観はマーベルを目指した」|HotTrash.com @nifty映画

脳男監督:瀧本智行/2013年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

以下引用。

その世界観や“脳男”と悪役の緑川の対決の図式は、
明らかに『ダークナイト』の影響が感じられる。
というか日本版『ダークナイト』やりたかったんでしょ。
爆弾魔の緑川紀子は、「さあ、どっちの命をとる?」
と、ジョーカーと同じように選択を迫るが、
「映画秘宝」のインタビューで緑川役の二階堂ふみが
「『脳男』で爆弾魔を演じることになったんで、
役作りのために何度も見直した」
て、言っているので、たぶん監督から指示があったのだろう。


引用元:最新映画レビュー『脳男』日本版『ダークナイト』を目指したのだろうが、2つの異なる演技プランがダメに : 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記


黒執事監督:大谷健太郎 /2014年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

以下引用。

(略)松橋プロデューサーが参考にしたのは、クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』3部作。「バットマン」というアメコミを原作にしながらもオリジナルの世界観を構築した同シリーズは批評的にも興行的にも世界中で大成功を収めた。「(映画『黒執事』でも)そういうアプローチを目指した」

引用元:映画『黒執事』はなぜオリジナルストーリーなのか?プロデューサーが明かす - シネマトゥデイ


『ダークナイト』みたいに原作とは変えてみてもいいんじゃないかなって思ってるんだよねー」っていうことなので、免罪符扱い…。映画『黒執事』公式サイトの監督のコメントに『そして映像美と、アクションシーンに、是非ご期待下さい。』とありますね。「黒執事」ってアクションあるんですね。


内容やテーマに「ダークナイト」からの影響がみられる邦画

踊る大捜査線 THE MOVIE3監督:本広克行/2010年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

小栗旬がトゥーフェイスっぽい」との情報をいただきましたので掲載します。

以下引用。

その他にも(略)「ジャガーノート」「オデッサ・ファイル」「愛と哀しみのボレロ」「日本沈没」「フィールド・オブ・ドリームス」「ミスティック・リバー」「ダークナイト」など様々な作品からの影響をスタッフが語っており、その数は枚挙に暇がない。

引用元:踊る大捜査線 - Wikipedia

ソースがWikipediaだし要出典ついてるけど…。


ワイルド7監督:羽住英一郎 /2011年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

覆面強盗シーンで始まったり音楽が似てたり空撮だったりとかですね。あとラストシーンですね。
ワイルド7」は内容もルックも似てるんで、だいぶ重症かとおもいます。



映像全体またはシーンの一部分が「ダークナイト」に似ている邦画

藁の楯監督:三池崇史/2013年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

予告にもあったトラックのシーンがまんまですね、アングルがちょっと違いますけれども。この、トラックひっくり返るシーンは洋画でもよく見るようになりました。

プラチナデータ」の監視システムが「ダークナイト」という情報も頂いております。


ガッチャマン監督:佐藤東弥/2013年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ

なんとなく入れたかったから入れときましたが、予告見たかんじ「ダークナイト」っていうよりは「アベンジャーズ」なんですよね〜。でも入れたかったから入れときました。

黄金を抱いて翔べ」のクライマックスの音楽が似ている、と教えて頂きました。が、音楽だとぱっとわかんないのでここに書いておきます。



ポスターが「ダークナイト」に似ている邦画

タイガーマスク監督:落合賢/2013年

ダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよダークナイト症候群の邦画をまとめてみたよ
変態仮面」を入れるか迷いましたが、見比べてみると意外に似てないんですよね。

というわけで集めてみました(アドバイスくださった方、ありがとうございました)。思ってたより少ない気もします。邦画限定にしたからか…。また見つけたり教えていただいたりしたら追加しますね。あ、洋画は、わたしのかわりにどなたかやってください(最後の最後で人任せ!

JUGEMテーマ:邦画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1015件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM