セレステ∞ジェシー/女は離婚してからが本番です

Celeste and Jesse Forever/セレステ∞ジェシー

セレステ&ジェシーCeleste and Jesse Forever/監督:リー・トランド・クリーガー/2012年/アメリカ


結婚してくれてありがとう、離婚してくれてありがとう。


シネクイントで鑑賞。完全スルーしていたのですが、「アンチヴァイラル」を見に行ったときの予告で気になったので。バツイチとしてはですね…看過できなかったというかですね…。

あらすじ:離婚して親友になりました。

キャリアウーマンのセレステ(ラシダ・ジョーンズ)と売れないアーティストのジェシー(アンディ・サムバーグ)は、ずっと親友でいられるように離婚を決めた。しかしふたりは別居しても隣同士に住み、毎日一緒に過ごす仲だった。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
結婚と離婚の話ですが、生活感はあんまり絡んでこず恋愛寄りです。下品な下ネタあります。
Celeste and Jesse Forever/セレステ∞ジェシー

相手が居ることなので、自分のプライベートについてあれこれと書くのは良くありませんが、前提としてわたしは1年以上前に離婚しておりまして、いまは元主人と友人として良好な関係を保っていると思います。離婚してお互いちょっと生活が落ち着いたときが一番仲良かったかもしれません。

で、これは愚痴なんですけれど、離婚するかしないかっていうときに、あまり親しくない独身女性が『結婚したときは好きだったんでしょ、なんで別れるの? 離婚するんならなんで結婚したの?』と聞いてきたことがあって、なんだかなと思ったものです。

じゃあバツイチ女だったらわたしの気持ちもわかってもらえるかというと、そうでもない。会社のバツイチ女から『それくらい我慢したらいいじゃん、別れる必要ないよ。別れちゃだめだよ』とか無責任に言われてイラァ…っとしたりですね。


Celeste and Jesse Forever/セレステ∞ジェシー

両親も離婚には大反対で、『お前みたいな女をもらってくれる人は二度と現れないから我慢しろ』の一点張りでしたね。あー、思い出したらいろんな人に対して腹が立ってきた(笑。元主人に対してはなにも思わないのに。

離婚って本当に人それぞれの事情があって、他人に説明できることでもなくて、彼らが言ったことは正しかったのかもしれないが、その正しさはわたしには通用しなかったんですよね。正しいことを言うのは気持ちが良いでしょう、相手より優位に立っているのを実感できるから。恋愛や結婚に関してのみ言えば、第三者がどうしても踏み込めない、理解できない『ふたりだけのなにか』が必ずあるのです。


セレステとジェシーでいえば、CとJのハンドサインであったり、リップクリームでの下品な冗談だったり、そういうものが。別れてしまうと、『その相手とだけ共有できたなにか』も失うということで、それはとても寂しいことではありますが、でも大丈夫、次の人とまた新しい『ふたりだけのなにか』を築いていけば良いのです。

ところで、仮装パーティーのシーンで「White Trash」を「白いゴミ袋」と訳していたのはどうかなー、「ホワイトトラッシュ」って日本で通じにくいからしかたなかったのかもしれないけど、誤訳である気もします。

photo
セレステ&ジェシー [DVD]
Happinet(SB)(D) 2013-11-02
評価

by G-Tools , 2013/08/16

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
Celeste & Jesse Forever [DVD] [Import] [DVD]親友でいるために別れたカップルのほろ苦いラブ・ストーリー「セレステ∞ジェシー」。これは自己チューの女性の成長物語だ。いつも冗談を言って ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2013/06/20 10:16 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM