キャビン/いつだって面白半分

キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

キャビンThe Cabin in the Woods/監督:ドリュー・ゴダード/2012年/アメリカ


わたしたちは、ひとが死ぬのを待っている。


「映画の変態」という試写企画で鑑賞。変態。邦題がどうしてもなんか座りわるくて「キャビン・イン・ザ・ウッズ」で良かったよね。今回もいつも以上にまったく情報を仕入れず見ました。いやーおもしろかったなー。

キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

あらすじ:若者が湖畔の山小屋で殺されます。
あらすじ的には上の一文だけにしておきたいところですね。わたしが、なにも知らずに見ておもしろかったから…。

ネタバレはありません。ストーリーには一切触れていません。


おすすめ
ポイント
ホラー映画好きな人にはたまらんと思います。グロ描写はあるけれども怖くはないので、怖いのが苦手な人でも見られるのではないでしょうか。わたし怖いの苦手だけど大丈夫だったし!
キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

わたしはホラー映画はあまりみない(怖いから。ホラー映画は怖くて当然なので、わたしが怖がるほどよい映画なのではないかと思っています)のですが、詳しくないということをさっぴいて頂いて聞いて欲しいんですけれどもね、ホラー映画って、『人が死ぬのっておもしれえな』で出来てるなって思うときありますね。

あの、スプラッタ描写があるもののほうが好きなんですよ、わたし。だから和製ホラーみたいなじんわりじめじめしたものよりは、勢い良く首がスパーンと飛ぶほうがいい。威勢がいい。人が死ぬのが面白いのは、首が飛んだ瞬間に『完全に取り返しのつかないことが起きた』というのがね、いいなあって。


キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

取り返しのつかないこと、それこそ首が飛ぶとかなんて、現実で起きたら冗談じゃあないけれども、映画だったらアハハと笑って見られる。そして、わたしたちはホラー映画を見るときに『誰かが死ぬのをわくわくしながら待っている』のです。

なんと不謹慎な! 人が死ぬのを笑いながら見るなんて! と『良識ある』方は思うのかもしれませんが(知るかそんなもん)、『画面の中の人間が死ぬのを笑って見ていられる』というのは、現実と虚構の区別がきちんとついている証拠だと思うんですね。ドキュメンタリーは別ですよ、わたしは今ホラー映画の話をしている。


キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

映画を見るとき、登場人物の死を願うとき、わたしたちはいつも面白半分なんだ。現実で人が死んだらグッタリしてダメージくらうのに、映画の中では面白がれる。結局そこには、どこまでいっても他人ごとであるというどうにもならない断絶があると感じることも多いのだけれども…。

たとえば、凄惨な死に方をした人のニュースを見て、気の毒にと思う一方で、どこか興奮しているときはありませんか。アウシュビッツ強制収容所について多少高揚感を抱いたことはありませんか。女子高生コンクリート詰め殺人事件でもいいです、なんでもいい。


エド・ゲインでもいい、チャールズ・マンソンでもいい。コロンバイン高校銃乱射事件でも、津山三十人殺しでもなんでもいい。たしかにそれは現実に起きた事件ではあるけれども、わたしたちは安全な場所からニュースを見ながら、あらやだ怖いわなんてのんきに言っているのです。自分に降りかからないと思っているから。

自分には振りかかることのないと思っていた凄惨な出来事が、ある日突然起きた時、わたしたちはどういう反応をするのでしょう。泣き叫ぶ? 出口を探す? 血まみれになって、汚い床を這いずりまわって、命乞いをするでしょうか。まあまったく想像が難しいですが、もしそんなことになってしまったら、みじめったらしい自分の姿を誰かが笑いながら見ているのかもしれない、なんて思えるような映画でした。

photo
キャビン [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2013-09-03
評価

by G-Tools , 2013/06/10

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ホラー映画ファンに捧ぐ 【Story】 森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノー...
  • Memoirs_of_dai
  • 2013/03/06 11:45 PM
ランキングクリックしてね ←please click 公開前から面白いとの評判聞いてたこの映画。Rotten Tomatoesでの支持率はなんと91%の「フレッシュ(新鮮)」で かなり満足度の高い作品 楽しみにしてました〜♪   ついに日本公開 先週、試写にて鑑
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2013/03/07 2:38 PM
この世界の秘密を知りたいか? 「クローバーフィールド/HAKAISHA」の脚本家、ドリュー・ゴダードの監督デビュー作は、山奥のキャビン(山小屋)を訪れた5人の若者に降りかかる恐怖を描いた、超異色のホラ...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2013/03/09 10:11 PM
2013年上半期に見た新作映画を印象的だった順番にぜんぶ並べてみたよ 2013年も半分が過ぎました。早いもんですね。今年も新作をほとんど見ておりません。2012年は年末にばたばたしててベスト決めたりしなかったんでね、2013年上半期はやっとこうと。思います(6/20鑑賞
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2013/06/28 11:54 AM
凶悪The Devil's Path/監督:白石和彌/2013年/日本 俺がブッ込んでやっからよォ! ヒューマントラストシネマ有楽町F列で鑑賞。なんで見たのかな。ピエール瀧を見に行ったのだと思います。原作は未読です。これはねー面白かったですね。おじいちゃんががんばりま
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2013/09/30 11:48 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1020件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM