最強のふたり/大丈夫、なんとかしてやるから。

最強のふたり/Intouchables/UNTOUCHABLE

最強のふたりIntouchables/UNTOUCHABLE/監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ/2011年/フランス


誰にでも態度を崩さない人、というのは、ごくまれにいます。


人によって態度を変えるのは、わたしは割と当然のことと受け取っていて、ところが一度、誰に対してもまったく態度を変えることがないひと、に会ったことがあるんですね。あまりにも『自分』がしっかりとありすぎて、面食らいました。その人はそれで他人に愛されていたので、ほんとうに、素晴らしいことと思います。

最強のふたり/Intouchables/UNTOUCHABLE

あらすじ:全身麻痺の大富豪をゴロツキが面倒見ます。

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)の介護人として、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)が採用されました。

ネタバレはありません。実話ベースの物語ですが、コメディ要素が強いので、カテゴリはコメディに分類しています。


おすすめ
ポイント
誰かがものすごくひどく傷つくようなことがないのでとても安心して見ていられます。
最強のふたり/Intouchables/UNTOUCHABLE

最初予告を見たとき、半身不随のロバート・デ・ニーロをドラァグクイーンのフィリップ・シーモア・ホフマンが面倒を見る映画「フローレス」に似ているかなと思ったんです。

確かに設定は少し似ていますが、「最強のふたり」の場合、物語中になにか揉め事が起きるとか、彼らの精神的な決別というのはなくて、ある日突然現れたドリスを、フィリップがなんか気に入っちゃってそばにおいといたら楽しかった、というのがずーっと続くのさ。

物語的にセンセーショナルな出来事が起こらず、ドリスの屈託のなさで主に話を引っ張ってると思うんですな。


最強のふたり/Intouchables/UNTOUCHABLE

ここを「フローレス」と比べて見ると、介護者の個性としてドリスは明らかにフィリップ・シーモア・ホフマンよりは弱いじゃないですか、ドラァグクイーンのインパクトって強いからね。

ドリスは、過剰にかっこうをつけるわけでも演技がかりすぎるわけでもなくさらりとこなす、コミカルさのセーブの仕方がじつにうまい。これ以上やるとやりすぎ、となる二歩くらい手前で止めてる。

良い人加減も、やりすぎると鼻に付くけど、いいところで止めてる。そしてドリスは、最初から最後まで態度をまったく変えない。


最強のふたり/Intouchables/UNTOUCHABLE

もともと面倒見の良い人なのかなとおもったけれども、そんなレベルでないほどに誰に対しても一定の態度なわけです。自分を変えることはしない、そりゃ多少の変化はありますが、人としてすごく安定しているんです。

フィリップを半身不随のデニーロと比べて見ても、身体の自由のきかなさ加減では比べ物にならないわけです。そういう意味で、この映画はバランスとるの難しいと思います。動きの制限も多いし、強烈に印象に残るような派手な動きをするわけでもない。あ、絵としてたいへん美しいシーンは何箇所もあります。


最強のふたり/Intouchables/UNTOUCHABLE

障害者映画としては、障害者を必ず映画に出すファレリー兄弟(「ふたりにクギづけ(監督)」「リンガー! 替え玉★選手権(製作)」)がいますが、彼らはけっこうバイアスかかりすぎてて、もう一歩踏み出せばいいのにと思うバランスの悪さ…もちろん映画はとても良くできているけども出来すぎ感みたいなのがあります。

フローレス」は障害者とドラァグクイーンを組み合わせる、という、わかりやすい個性にわかりやすい個性をぶつけてくる、みたいなとこがある。

最強のふたり」はそこんとこも非常にうまくやってると思うんですね。もちろんファレリー兄弟の映画も「フローレス」もとても素晴らしいし、面白いんですよ。


これらの映画と「最強のふたり」が決定的に違うのは、フィリップが障害者であることに眉をひそめるような態度をとる人がまったく出てこないというところです。フィリップ自身が、自分の障害についてある人に打ち明けられない、と悩んでいるだけにとどまっているんですね。そこをぬるいと感じる人もいるのかもしれないんですが、そういうのを入れてしまうと、この映画の全体的な空気にはそぐわないと思うんですよ。

ふたりの関係は、ありていに言えば信頼とか絆とかそういう、わたしとしては陳腐すぎてどうにも虫唾がはしる言葉になるのだろうけれど、わたしはね、冒頭でドリスが言った、「大丈夫、俺に任せろ」、たぶんこれなんだと思うのよね。大丈夫、任せろ。なんとかしてやるから。人は人とお互い頼りあって生きていくものだということについての物語であって、障害者について、介護についての物語ではないと思うんです。

さてこの映画、ひとつだけ難点がありまして、それは、ラストカットですね。あそこは、絵だけで終わらせて欲しかった。でもほんと、そこが気になるだけですし、他はとっても良いので、おすすめですよ。


photo
最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント 2013-03-22

by G-Tools , 2014/07/22

photo
フローレス [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-11-02
評価

by G-Tools , 2012/09/06

photo
リンガー!替え玉★選手権 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-12-05
評価

by G-Tools , 2012/09/06

photo
ふたりにクギづけ〈特別編〉 [DVD]
ボビー・ファレリー
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント 2005-10-28
評価

by G-Tools , 2012/09/06

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
有無を言わせる暇もない明るさ 公式サイト。フランス映画、原題:Intouchables、英題:Untouchable。エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/09/11 12:37 PM
Data 原題 INTOUCHABLES 監督 エリック・トレダノ 出演 フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ  オドレイ・フルーロ  クロティルド・モレ 公開 2012年 9月
  • 映画 K'z films 2
  • 2012/09/11 7:19 PM
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディド
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/09/11 8:10 PM
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/09/11 11:13 PM
◆プチレビュー◆車椅子の大富豪と貧しい黒人青年の友情物語「最強のふたり」。実話をベースにした笑って泣ける愛すべき佳作だ。 【70点】 事故で全身麻痺になった大富豪フィリ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/09/11 11:58 PM
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
  • Memoirs_of_dai
  • 2012/09/13 12:50 AM
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも) をW受賞。 ハリウッド
  • Healing
  • 2012/09/15 8:44 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM