桐島、部活やめるってよ/ナードもジョックもクインビーも

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ監督:吉田大八/2012年/日本


マクガフィンとしての桐島の存在と、均された青春の物語。


原作は朝井リョウの同名小説ですがいつもどおり未読です。試写で鑑賞。公開は8月11日です。

おそらく舞台となった高校で試写が行われたときの高校生たちの感想が載ったチラシには「よくわからない」と書いてあったりしたので、破綻してるのかな? って思っていたのですが、見終わってみると、これがわからないのはたんに読解力に問題があるのやもしれん…。わかりにくい話というわけではまったくないですよ。

あらすじ:桐島が部活をやめたらしい。

バレー部のキャプテンだった桐島が部活をやめた。映画部の前田(神木隆之介)は、自主制作映画を撮っていた。

※物語上のネタバレはありませんが、クライマックスの描写については書いています。ネタバレの記述の前には注意書きをしています。


おすすめ
ポイント
10代の少年少女に。とにかく、若い子におすすめです。青春を忘れきる前にどうぞ。
「エレファント」っぽい撮り方をしているところもちょっとあります。

どこにでもありそうな高校が舞台となっております。バレー部(ジョックス)、学校一の美女(クインビー)とそのとりまき(サイドキックス)、映画部のナード…この分類はアメリカの高校でのヒエラルキーでの分け方ですけれども、とにかく、それぞれの階層の子供たちが、「桐島が部活をやめたらしい」という一言を発端にして、様々な人間関係を見せていくというお話ですね。

キャラクターはわりとステロタイプ的な描き方をされているんだけれども、誰もがだいたい想像できうる「青春のかたち」を表しているのかなって思うんですよ。

見出しに「均された青春」って書いたのはここで、突出して変わったキャラクターがいないから、誰でも「そうそう、青春って、こんなかんじだよね」と受け取れるんじゃないのかなと。そのうえで、「同じクラスにいた、よくわかんないって思ってたあの子は、もしかしたらこういうふうに考えて、感じて、暮らしていたのかもしれないな」と思いやることが、できるんじゃないのかな。

特にホラー映画では、ジョックスは悪者でありひどい目にあってこそ、という立ち位置を与えられていました。映画を作る側がナードに属していることが多いから、ジョックス憎し、でぶち殺す。どうもそういう映画に慣れていると、ジョックス=悪者、と思っちゃいますよね。

この映画では、ナードにもジョックスにも同じだけの意識を向けているところが、りっぱだなあっと思います。ジョックスもな、タイヘンなんだよ! それでもナードの描写のほうが丁寧だったりもするんですけれどね(笑)。映画に関する用語がわりと出てくる、出しやすいんで、当然かなとも思います。

それでね、館内は若い子が多かったんですが、笑うところがまったくわたしとは違ったのね。映画部の子がダサい、っていうところとかで、笑い声が上がる。
いっぽうわたしは、「映画秘宝買った?」「ロメロって言ったらジョージ・A・ロメロですよ!」「『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』じゃん…」とか、そういうところで笑ってる。


ああ、見に来ている子たちは、こういう映画がらみの小ネタみたいなのはわかんなくって、それは仕方ない(解れ、とは思わない)けれども、「ナードってダサいな」とは思ってるんだな、と、つまり、この子らはジョックス側なんだな、って思ったんです。ナードを馬鹿にしてきたのかもしれないんだろうなと。

※以下、ネタバレを含みます。

でね、映画部がゾンビ映画撮っていて、クライマックスでナードがジョックスを食い散らかすんですね。わたしにとっては、ここは、ナードよくがんばった! っていう泣きポイントだったの。でも場内は、大爆笑だった。すごい温度差ある。やっぱ、ジョックスとはわかりあえないなって思う…と同時に、もしかしたらあんまりゾンビ映画を見たことのない子たちが、「ゾンビって、笑えるんだ」って感じたのかな? とも思うわけ。爆笑と同時に、拍手が起こったんだもの。

わたしも普通にゾンビ映画見ているとき、ゾンビが人を襲うの、おもしろがって笑ってる。映画をまったく見たことなかった頃には、ゾンビ映画って怖そうだから見られなかったのに。そう思うと、ある意味で、ここはナードとジョックスが解り合った瞬間だったのかなって。だとしたら、それって素晴らしいことだよね。


photo
桐島、部活やめるってよ
朝井 リョウ
集英社 2010-02-05

by G-Tools , 2012/07/06

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
桐島とは、何者だったのか? 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バレー部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消す。 そして齎された、「桐島、部活やめるってよ」という何気な...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/07/30 10:36 PM
半径1m以内の神の不在 公式サイト。朝井リョウ原作、吉田大八監督、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出昌大、山本美月、松岡茉優、清水くるみ、落合モトキ、浅香航大、太賀、鈴 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/08/14 9:58 AM
桐島、部活やめるってよクチコミを見る高校生活に歴然と存在するヒエラルキーを正面から描く、勇気ある青春映画「桐島、部活やめるってよ」。若手俳優の競演に勢いを感じる。とあ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/08/14 7:14 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM