少年は残酷な弓を射る/子供は無垢で愛すべき存在、という脅迫

少年は残酷な弓を射る/WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

少年は残酷な弓を射るWE NEED TO TALK ABOUT KEVIN/監督:リン・ラムジー/2011年/イギリス


「勉強もスポーツもよくできた、とっても真面目な良い子でした」


邦題がそもそもネタバレである」という話を聞いていたのと、予告の感じも含め、なにがどうなるのかはだいたい想像ついていました。では、それをどう描くのかなと思ったら、これはもうたいへんな悪意映画で…暗い気持ちに…なるよね…。

少年は残酷な弓を射る/WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

あらすじ:息子のことが、わからない。

キャリアウーマンだったエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、恋人フランクリン(ジョン・C・ライリー)との間に息子ケヴィン(エズラ・ミラー)をもうける。しかし、ケヴィンは、赤ん坊の頃から母親にいっさいなつかない子供だった。

ネタバレしています。ネタバレの記述の前には注意書きをしています。


おすすめ
ポイント
ケヴィンの子供時代とエズラ・ミラーがとても似ててすごかった。妊婦さんにはあまりおすすめできません、不安になっちゃいそうだから。
少年は残酷な弓を射る/WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

産む/産まないの選択、産める/産めないの問題はともかく、子を産む性の宿命として、女は、自分の子供、一人の人間に完全に人生を左右されてしまうんですよね。身体的に変化するし、他人をこの世に産み落とすというのは、喜びもあれど、不安だって大きいわけです。

うまく育てる」なんてことは、きっと、ない。だから親は悩む。その悩みも楽しみとして捉えられるならば、それは幸せなことなんだと思うの。

エヴァは、息子が育てば変わるかもしれない、と思っていたのかもしれません。しかし、育ったら育ったで彼は自分に悪意を向けてくる。


少年は残酷な弓を射る/WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

相変わらず、息子を愛せない。そのわりに、母を悪者に出来るような局面ではヘンにかばってきたりして、得体が知れない。彼女はよくこらえたと思いますよ。多少虐待めいたことはしているけれど、でもすごく我慢しているもの。

母は息子をわからない。息子が母をわかっているようにも思えない。彼から母へ向けられる悪意の理由も、わからない。愛されたかった? 愛が足りなかった?

※以下、ネタバレを含みます。


少年は残酷な弓を射る/WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

世間を騒がせるような残忍な事件を未成年が起こした場合、事件を起こした未成年本人のことは「物静かで真面目な子だった、とてもあんな事件を起こすようには思えなかった」と周囲に言われることが多いです(みんなそうだとは言いませんよ)。

この映画では、ケヴィンの学校での様子を誰かが話すようなシーンはありません。けれどなんとなく、彼の様子から察するに、「真面目な良い子だった」と言われていたような気がするんですよね。

そのいっぽう、親は「育て方が悪かった」と糾弾される。そうすることは、安易な方法だと思うのね。


少年は残酷な弓を射る/WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

お前がいちばん子供のことを『わかっていた』だろう」「愛が不足していたんだ」「愛が全てだ」と。

それは、事件を起こした子供の心情を、誰も「想像できないから」だと思うんです。親は大人だから、自分に近いから、想像がしやすい。大人だから、責めやすい。

しかし、誰にも、エヴァを責める権利などないんだよ。それが出来るとすれば、ケヴィンだけなんだけど、しかし、彼はそれすらもしない。お前のせいだ、愛されたかったんだ、とは、はっきり言わないのね。それが言えない、という彼の、なにか、こちらにはわからないなにかが、あるのでしょう。


こんなことになるのなら、そもそも避妊すればよかったのに」って思う人もいるのかも。まあ避妊は大切ですよ避妊しましょう、子供が欲しくないときは避妊するべきだよ。でも、やはりそれも、結果論でしかないんです。着床した胚子がどのような性質の人間になるのかなんて、誰にもわかりません。子供が親を選べないように、親だって子供を選べない。だからこそ楽しみもあるんだけどね。生まれ、育ち、生きることに、ひとつだって「わかること」はないんじゃないのかな。そのかわり、「わかりあえること」はあるので、そこに、一縷の望みを託すしかないのでしょう。

というわけで、眉間にシワが寄りっぱなしになってしまうような悪意まみれで痛々しいシーンの連続でしたが、素晴らしい映画です。ひとつだけ難があるとすれば、夫役のジョン・C・ライリーが、ちょっとミスキャストなのではないかと…。鈍感なダメ旦那感、みたいな雰囲気は出てますけれど、やっぱちょっとさ、この人がしゃべると『おもしろく』なっちゃうからね。

photo
少年は残酷な弓を射る [DVD]
東宝 2012-12-21

by G-Tools , 2014/07/22

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
Data 原題 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN 監督 リン・ラムジー 原作 ライオネル・シュライバー 出演 ティルダ・スウィントン  ジョン・C・ライリー  エズラ・ミラー 公開 2012年 6月
  • 映画 K'z films 2
  • 2012/07/12 12:25 PM
ライオネル・シュライバーの同名原作小説を映画化。恐ろしい事件を引き起こした息子の母親が、息子が生まれてから現在までを回想しつつ心の葛藤に苦しむ姿を描いている。主演に『ミラノ、愛に生きる』のティルダ・スウィントン。共演に『おとなのけんか』のジョン・C・
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/07/12 8:22 PM
ランキングクリックしてね ←please click NYで去年の12月、ポスターと予告篇みて日本にきたら観ようと思ってた作品 ティルダ・スウィントン主演。イギリスの女性作家に贈られる文学賞として著名なオレンジ賞に輝く、 ライオネル・シュライバーの小説
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/07/12 9:55 PM
SHE NEED“ED” TO TALK WITH KEVIN 【Story】 作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。それ故に生まれてきた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)と...
  • Memoirs_of_dai
  • 2012/07/14 2:09 AM
なぜ少年は狂気の弓を射たのか? 赤ん坊の頃から実の母親に懐かず、成長するに従って異様な悪意を無慈悲にぶつける様になる奇妙な少年と、息子への愛と憎悪の間で葛藤する母親。 やがて息子が引き起こした...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/07/15 10:52 PM
少年は残酷な弓を射る ★★★★ 「母さん、僕が怖い?」 男の子の母としては聞き捨てなりません、このキャッチ。 この映画で、ある少年の母親は、アルコールと睡眠薬で朦朧とするなか、 記憶の断片をたぐり寄せながら、 自分の息子が起こした、ある凄惨な事件に至るまで
  • Healing
  • 2012/07/18 2:17 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1027件の記事があります。

最近の記事
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM