私が、生きる肌/特殊な性癖のエロ漫画

私が生きる肌/La piel que habito/The Skin I Live In

私が、生きる肌La piel que habito/The Skin I Live In/監督:ペドロ・アルモドバル/2011年/スペイン


それでもほんの一瞬だけ、『わたし』はあなたを、愛していた。


アルモドバル監督作品初めて見ました。いつもどおり予告は未見で、衣装がジャン=ポール・ゴルチエであることだけ知ってました。Twitterで高評価を目にしていたので、とっても楽しみにしてましたよ。

私が、生きる肌/La piel que habito/The Skin I Live Inあらすじ:整形外科医が、完璧な肌を持つ女を作ったようです。

整形外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、最愛の妻を失う。遺伝子実験による人工皮膚を移植し、妻に似たベラ(エレナ・アナヤ)という女性を作って監禁するのだが…。

ネタバレはありません。
おすすめ
ポイント
ネタバレは厳禁でぜひ。衣装はジャン=ポール・ゴルチエで、それ以外にもたっぷりブランド物が出てくるので、見ていてたのしいです。
私が生きる肌/La piel que habito/The Skin I Live In

バージェスの乙女たち」という漫画があります。成人漫画で、三和出版の「コミックフラミンゴ」で連載されてました。SMと人体改造とスカトロがメインの、というかそればっかりの漫画雑誌でした。いまはもうない。

わたしは本誌はほぼ読んでおらず、ただ「バージェスの乙女たち」が好きだったんですよね。だから、「わたしが、生きる肌」の感想で引き合いに出すのにもっと適切な漫画があったかもしれないとも思いつつですね。

バージェスの乙女たち」は、天才外科医であるバージェスが、有機人形と呼ばれる人間そっくりな人形(とはいえ人格があるので、ほぼ人間)を改造するお話です。


私が、生きる肌/La piel que habito/The Skin I Live In

彼の作品には、性器と口を入れ替えたアノマロカリス、胸の谷間に性器を移植されたアイシェアイア、脳に直結した触手と義手義足を持つヨホイアなどがいます。

彼女らは改造されたことに誇りを持ちつつも、「こんな姿になってしまった、世が世なら普通の女子高生だったのに」と思い悩み、生を(性も)謳歌し人を愛します。あと戦争みたいなこととかもある。

性のためだけの人体改造なら、有機人形の人格などは不要なんです。でも、道具としての彼女らには命が与えられている。わたしがこの漫画を愛するのは、人体改造っておもしろいよねっていうこと以上に、異形の者としての人生を愛するからでしょう。


私が、生きる肌/La piel que habito/The Skin I Live In

私が、生きる肌」で人体改造を施されたベラは、かつての自分、世が世なら普通の人生を歩めていたはずの自分を、どこかで切り離したのだと思うんです。彼女がロベルに向けたわずかな愛情は、それが一瞬で過ぎ去ってしまうものであっても、確実にそこに存在していたと思えてならないのです。

この映画はすごくエロ漫画っぽいけれども、抜くためのエロ漫画というよりは、特殊な人生を他人の手によって与えられる、ひとりの男によって肉体も人格も変えられてしまい『異形の者』として生き続けねばならないことを描いており、そこにまとわりつくようなエロスがあるものだと思うんですよね。


特殊な性癖を、「変態」の一言で片付けるのはとてもかんたんです。たとえば石化(女性の身体が石になってしまい、さらにそれを破壊する)、液状化(女性の身体が液体になってしまい以下略)、食品化(女性の体が以下略)などの絵を好んで描き続けている人もいるわけです。はたからみたら、なんでそこに欲情するか…って思うわけ。もっとライトなものであれば、ふたなり、奇乳、ケモノ、脳姦、巨大女とかさ。これらに「変態」「倒錯」というかんたんな言葉を与えて、『普通の自分』とバッサリ切り離し、そのうえ、ポルノだから青少年に悪影響を与えるのだ、と規制するのだとしたら、それはいかがなものかと…二次元でしか実現しえないんだからほっといてやれよ。あれ、映画の感想だったのに話がめっちゃそれましたけれど、とにかく、「私が、生きる肌」いい映画でしたよ。

photo
私が、生きる肌 [Blu-ray]
松竹 2012-11-07
評価

by G-Tools , 2012/08/01

バージェスの乙女たち
バージェスの乙女たち ワイワクシアの章 (SANWA COMICS No.)
蜈蚣Melibe
三和出版 1997-07
評価

by G-Tools , 2012/05/28

バージェスの乙女たち
バージェスの乙女たち ディノミスクスの章 (SANWA COMICS)
蜈蚣Melibe
三和出版 1998-04
評価

by G-Tools , 2012/05/28

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ザ・ピーナッツをオマージュ? 公式サイト。スペイン映画、原題:La piel que habito。英題:The Skin I Live In。ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/05/30 1:00 PM
『抱擁のかけら』のペドロ・アルモドバル監督最新作にして、自他共に認める最高傑作と言われる作品。天才形成外科医の主人公が、長年の研究で生み出した人工皮膚で亡き妻を蘇らせようとするのだが、そこには衝撃の秘密が隠されていた…。主演は『ザ・エッグ ロマノフの
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/05/30 8:21 PM
私が、生きる肌〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕クチコミを見る倒錯的な愛と歪んだ復讐が炸裂するアルモドバルの問題作「私が、生きる肌」。グロテスクで官能的な愛の物語。最愛の妻の ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/05/30 8:49 PM
復讐のスパイスは、狂気。 最愛の妻を亡くした天才形成外科医が、密かに創り上げた妻そっくりの女。 一体彼女は何者なのか。 「トーク・トゥーハー」などで知られるスペインの鬼才、ペドロ・アルモドバル...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/05/30 10:37 PM
Data 原題 LA PIEL QUE HABITO /  THE SKIN I LIVE IN 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 アントニオ・バンデラス  エレナ・アナヤ  マリサ・パレデス  ジャン・コルネット 公開 2012年 5月
  • 映画 K'z films 2
  • 2012/05/31 10:38 PM
私が、生きる肌 ★★★★★ 歪みに歪んだグリーフワーク、 としか今は言えない 監督ペドロ・アルモドバル×主演アントニオ・バンデラス 女性賛歌3部作といわれる 『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー 』 『ボルベール帰郷』や、 『バッド・エデュ
  • Healing
  • 2012/06/01 11:03 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM