サニー 永遠の仲間たち/オンナ7人40代、あの放課後をもう一度。

サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

サニー 永遠の仲間たち써니/Sunny/監督:カン・ヒョンチョル/2011年/韓国


綺麗な女の子は、歳をとっても綺麗だけれど。


以前駅の構内を歩いていて、急にはっきりと「自分がモブになった」と感じた瞬間があったんですね。自分の足元には光が当たっていない。もう誰も自分に興味を持たない。なんでその瞬間が駅の構内で訪れたのかはわかりませんが、とにかく一瞬で『その他大勢』になったことを自覚したんです。怖かったなあ。でも、あれがなかったら、今以上に痛々しいおばさんになっていただろうから、ちょっとほっとしてる。

サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

あらすじ:女子高生だったときの仲間を、40代になってから集めます。

40代専業主婦のナミ(ユ・ホジョン)は、偶然同級生のチュナ(ジン・ヒギョン)と再会する。チュナは余命2ヶ月の癌患者だった。そこで、かつての仲間たちを集めることにするのだが…。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
40代の女性におすすめです。部活感が好きな男の人にもおすすめ。エロはないけどバイオレンスとダンスがあるよ。すごく漫画みたいでおもしろかったです。
サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

これねタイトルとポスターだけだったら絶対に見に行かなかったなー。もともと韓国映画そんなに見ない方だし、惹かれる要素ないもんね。相変わらず予告も見ていないです、人につよく勧められたので見てきましたよ。そしたらちょうおもしろかった。

行く前にTwitterで流れてきた評判をちらっと見てみたら、人数が多すぎて誰が誰だかわからないと言っている方がちらほらいたので、女優に興味ないしわたしも混乱するかなあと思ってましたけれど、ぜんぜんそんなことなかったですね。だって個性強いもん。


サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

なんか漫画みたいなの、とくに高校生パート! キャラ紹介のシーンなんて冗談かと思った。今季のプリキュアが7人だったら、「サニー」の登場人物をひとりずつプリキュアにあてはめるところだった。どうせ7人に増えるんだろうけどさプリキュア。プリキュアはともかく、それくらい漫画っぽかったよ。

転校生の主人公(シム・ウンギョン)、姉御肌のリーダー(カン・ソラ)、武器を持つと暴走する眼鏡っ娘(ナム・ボラ)、高飛車お嬢様(キム・ボミ)、口の悪いやんちゃな子(パク・チンジュ)、あと陽気なデブ(キム・ミニョン)。こういう設定、深夜の美少女アニメにもありそう。


サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

40代になった彼女らは、やはりある程度のアニメっぽさ(というかデフォルメ感)があるものの、高校時代と比べたらずいぶんリアルなわけです。リアルだし、暗い。姑にいびられてる子とか、わりと笑えない感じに仕上がっていたよ。ああそうか、プリキュアが、おとなになると、キツくなるんだな…。

主人公はなにかと他のメンバーに「あんたは変わらないね、相変わらずキレイだね」と言われるのね。実際、40代のほうの主人公は綺麗な人なの。


サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

でもね高校時代の主人公は、キュートだけれどキレイかっていうと…田舎の子で、ダサくって、変顔するし、グループの中でも、別に綺麗な子ポジションじゃないんですよ。ふるまいとかも高校時代と今とではだいぶ違う。

じゃあどうして高校時代の仲間たちは、彼女のことを、キレイだ、変わってない、って褒めるのか? と思ったんだけれど、それは彼女が『主人公だから』なんだろうなあと。たぶんね。


サニー 永遠の仲間たち/써니/Sunny/

自分のことを『人生の主人公だ』と思っていたころの『自分』を知っている人たちだけが、自分のことを今も『主人公』扱いしてくれる。『あの頃と変わらないね、相変わらずあなたは主人公だよ』という。

そして、「変わってないね」と言われるたびに、彼女は『自分が変わってしまった』ことを意識していたんじゃないのかなー。


未来に対する不安がなかったころ、自分がいったいどういう人間になっているのだろうかと想像したことはわたしにももちろんあって、でも今、そのころに自分がなにを思っていたかも忘れてしまったし、たぶん、そのころに思い描いていた未来とはまったく違う人生を歩んだんです。「こんなはずじゃなかった」という気持ちは、つねにつきまとっている。

人生は後悔の連続で、取り返しのつかないことが多すぎて、それが成長というものなんだろうけれど、なんかさーやっぱちょっと疲れるじゃない。疲れている状態にも慣れるじゃないですか。わりとね人生は『慣れ』と思ってるフシもあるわけ。だけどときどき、未来があったころの自分を思い出してみるのも、いいものなのかもしれないですね。

photo
サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray
TCエンタテインメント 2012-11-02
評価

by G-Tools , 2012/08/27

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
『過速スキャンダル』のカン・ヒョンチョル監督が送るヒューマンドラマ。高校時代の親友7人組“サニー”の一人、イム・ナミが偶然リーダーのハ・チュナと出逢うのだが彼女は末期がんに冒されていた…。出演はユ・ホジョン、チン・ヒギョン、コ・スヒ他。高校時代と現
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/06/01 1:45 AM
韓国映画 サニー(Sunny) DVD(3DISC)(韓国盤)クチコミを見る現在と過去を同時に描いて女性たちの友情を謳いあげる韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」。ノスタルジックなポップスが効果 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/06/01 7:28 AM
公式サイト。英題:SUNNY。カン・ヒョンチョル監督、シム・ウンギョン、カン・ソラ、ミン・ヒョリン、ユ・ホジョン、ジン・ヒギョン、コ・ソヒ、ホン・ジニ。40代、10代の高校時代がシ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/06/01 8:37 AM
サニー 永遠の仲間たち ★★★★4.8 友情と笑いと涙が絶妙 このさじ加減が韓国風 映画を見終わり、その費やした時間を振り返って すごく楽しかったと、 いい映画だったと、 心から満喫したと思えるものって、年に何本あるか、ないか。 これは間違いなく、その1本に入
  • Healing
  • 2012/06/01 11:20 AM
25年ぶりに高校時代の親友たちと再会した女性たちの人生を描いたドラマです。 笑顔で並んでいる女性たちのチラシの写真を見て、どんな作品なのかなと気になっていました。 7人の女性たちが輝いていた青春時代と現在の姿の違いに切なくなりつつも、 彼女たちの笑顔に元気
  • とりあえず、コメントです
  • 2012/06/02 8:56 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在981件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM