キラー・エリート/殺し屋稼業もラクじゃない

キラー・エリート/Killer Elite

キラー・エリートKiller Elite/監督:ゲイリー・マッケンドリー/2011年/アメリカ、オーストラリア


ジェイソン・ステイサムがロバート・デ・ニーロを助けに行きます。


イサムさんとデニーロが共演するんなら見なきゃいけないだろうと、思ってね。見るよね。見る直前になってTwitterで、イマイチみたいな噂が流れてきたので、ちょっとテンション下げて行ったよね。そうしたら、まあ確かにものすごくおもしろいわけではなかったが、ものすごくダメなわけでもなく、気に入ったシーンもありましたし、全体的には良かった方だと思います。良いシーンがひとつでもあれば、いい映画だよ!

キラー・エリート/Killer Elite

あらすじ:元英国特殊部隊のメンバーを、事故死に見せかけて殺せ!

ターゲットの車に子供が乗っていたので仕事にうんざりしてしまった殺し屋のダニー(ジェイソン・ステイサム)は、引退してロハス生活を送っていたが、ある日、かつての相棒ハンター(ロバート・デ・ニーロ)が捕虜になっていることを知る。しょうがないので、ハンターを助けるために、ちょうめんどくさいミッションを引き受けることにしたのだが…。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
イサムさんのファンの方に。デニーロもかっこいいです。実話であるかどうかは、どうでもよかったなあ。
キラー・エリート/Killer Elite

題材もキャストもいいんですけれど、脚本がわるいのかな? 説明セリフと「どこかで聞いたようなセリフ」ばっかりなんですよ。最初、字幕のせいなのか? と思ったんですけれど、どうもそういうわけでもないようで。説明セリフはまだいいとして、どこかで聞いたようなセリフには最後まで違和感を拭えませんでした。そのせいでキャラクターの厚みがないのだよね。

物語の流れの中で、アクションシーンも十分バランスよく入れられているし、車は爆発するし、盛り上げどころを意識して作られているのもわかるんです。


キラー・エリート/Killer Elite

悪くないんだけど、 切羽詰まった感が足りないのかなあ。殺し屋稼業をやめる、ことにしても、「もう辞めたいからやめます」でさらっと辞めることができてしまう。そんな、バイト辞めるみたいに辞められることじゃないはずだよね。

あと、『テンプレっぽさ』がよくないのかも。殺しの現場に子供がいてうんざりして仕事辞めるとか、心の支えになる恋人がいてどうのとか、そういうのが。

お話の展開そのものには、意外性もあったりして、良いんですけれどもね。あんまりはっちゃけてないのが、もったいないのかな。アクションはすごくいいのよ。


キラー・エリート/Killer Elite

デニーロが銃持ってるところとかすっごいひさびさに見た気がするし、とにかくねデニーロがかっこいい。まあこの人、「タイタンの逆襲」のリーアム・ニーソンと同じでお姫様役、つまりヒロインなので、ほっとんどなんにもしないんですけれど、最後のとことかちょうかっこいいし、イサムさんのこと好きすぎてかわいい。

登場人物としてのヒロイン(イヴォンヌ・ストラホフスキー)のほうはさ、なんなんですかね(笑)暗殺者の心の支えになる恋人が大自然の中でロハスなかんじでに暮らしているっていうその陳腐さなんなんですかね。ダサ…いよ…。


キラー・エリート/Killer Elite

眼鏡(エイデン・ヤング)とヒゲ(ドミニク・パーセル)、新人君もよかった。とくに眼鏡はよかったです。この3人は各々、あっ! やっちゃった! ってシーンがあるのがね。好きだなあ。

あと、交通事故がよかった。わたしね交通事故のシーンってすごい好きで。びっくりするじゃないですか? 一瞬で取り返しつかなくなるのたまらないよね。あとはやっぱイサムさんですかねえ、頭突きすごいしてましたね。クライマックスの、縛られたままでのアクションよかったですね〜。うん。


いいところと悪いところ交互に書きましたけれども、そう、いいところもある、悪いところもある、ってかんじなんですよね。作戦がいまいち練りこまれていなくてダメダメで不安感ただよっているところとか、ネタとしてすっごくいいのになー。惜しいなー。でも、デニーロはかっこよかったしイサムさんもよかったなー。そう、俳優とアクションの力で見られる映画でした。80年代感はあんまりないけどね。車くらい?

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
元英国陸軍特殊部隊(SAS)隊員のベストセラー小説を基に映画化。凄腕の殺し屋が元SAS隊員を相手にして死闘を繰り広げるアクション・サスペンスだ。主演はジェイソン・ステイサム。共演にクライヴ・オーウェン、ロバート・デ・ニーロと豪華な俳優が揃った。監督
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/05/23 9:14 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1027件の記事があります。

最近の記事
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM