おとなのけんか/こうやってわたしたちはいつまでも解り合えない

おとなのけんか/Carnage

おとなのけんかCarnage/監督:ロマン・ポランスキー/2011年/フランス・ドイツ・ポーランド・スペイン


大人の喧嘩は、ややこしい。


けんか最近してますか、わたしはしていません。めんどくさいからね。修羅場って疲れるよね。
ロマン・ポランスキー新作「おとなのけんか」原題は「Carnage」で「修羅場」ですね、この邦題はよい邦題です。メインキャストは4人で、アパートの一室からほぼ出ないというこぢんまりした作品ですが、とってもおもしろかったです。

おとなのけんか/Carnage

あらすじ:子供同士の喧嘩で片方が怪我をしたため、その話し合いに集まった2組の夫婦だったが…。

怪我をしたイーサンの親、マイケル (ジョン・C・ライリー) とペネロピ (ジョディ・フォスター) は、怪我をさせたザカリーの親アラン (クリストフ・ヴァルツ)とナンシー (ケイト・ウィンスレット)を家に招く。平和に解決するため話し合いを始めた4人は、ちょっとしたことから大喧嘩へと発展するのだった。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
80分足らずでお話があるわけでもないので、会社帰りにさらっと軽く見られる良い映画です。
結婚している人、子供がいる人におすすめ。女同士、男同士で見るほうがよさそう。
おとなのけんか/Carnage

この映画で起こる喧嘩は、一言で言えば価値観の相違から来るもので、それがここまで全員ばらばらだと、もう、ちょっと喧嘩したくらいでは反省もしないし歩み寄れることもないのです。

誰が悪いわけでもなく、なにが問題だったわけでもなく(子供のけんかが発端とはいえ、大人同士のけんかのほとんどは子供関係ないからね)、ただただぶつかりあってしまう。

そして、この大惨事から、おのおのの登場人物のの性格や人生が透けて見えてくるっていうのがね、すごくおもしろいなあと思いました。


おとなのけんか/Carnage

ハムスターを捨てた」とまるで武勇伝のように言うジョン・C・ライリー、なにかと良識をふりかざしてつっかかってくるジョディ・フォスター、話し合いの途中でもおかまいなしに仕事の電話をするクリストフ・ヴァルツ、しょっちゅう化粧を直しているケイト・ウィンスレット。もうさ、まず、顔立ちがそれぞれのキャラクターにぴったりなんだよね。

ジョン・C・ライリーはちょっと太って老けたせいなのか、なんか顔のヘンなところにシワが入っていてすごい、動物みたいだった。


おとなのけんか/Carnage

ジョディ・フォスターは、最初のほうこそ、昔と変わらないなあなんて思っていたけれど、最後にはまさに般若のような顔つきになっていてとってもこわかったね。

クリストフ・ヴァルツは弁護士の役なんだけど、って書いたらもう「ああ、ねー、ですよね」って思う感じだし、ケイト・ウィンスレットはこてこての厚化粧にちょっと胸元のあいたブラウスで「偽物」呼ばわりされるのがまたしっくりくる。


ああ、可笑しい。ああ、でも、笑えない。いや、おもしろいしずいぶん笑ったけれど、あまりにもリアリティがありすぎてときおりズキッとくる。

価値観の違いで喧嘩になるのはなぜか。それは、自分が正しいと思っているから。信じているから。信じているものを…信じている『自分』が、こてんぱんにやられてしまうのはつらい。

思春期を乗り越えて大人になって、失敗しながら職に就いて、傷つきながら恋愛をして、結婚して、子供を作って、子供に人生を吸い取られながら、どうにかこうにかごまかしながら、もうちょっとどうにかならないかなあと思いながら、どこかでそれを諦めて生きている。最高じゃないけれど、現状維持するには悪くない人生、お願いだから、否定しないで。

だから、自分の正しさを主張する。そして、わかりあえない。ぶつかりあって傷ついて、ほんとあいつはしょうがねえな、って相手のせいにして、わたしたちはいつまでも、自分のことだってわからないままなんだね。
すごくおもしろい映画でした。すべての大人のみなさんに、おすすめです。

photo
おとなのけんか (初回生産限定リバーシブル・ジャケット仕様) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-07-11
評価

by G-Tools , 2012/07/11

JUGEMテーマ:洋画0220
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
8月の家族たちAugust: Osage County/監督:ジョン・ウェルズ/2013年/アメリカ 家族はいろいろ、大変だ。 試写で鑑賞。公開は4月18日です。よみうりホールでの試写は何度か行っていますが、毎回エレベーターで7階まで上がってしまい、そのあと激混みの階段に並び
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/04/11 1:15 PM
ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーTHE GUARDIANS OF THE GALAXY/監督:ジェームズ・ガン/2014年/アメリカ 「アイ・アム・グルート!」 TOHOシネマズ日劇スクリーン1、K-18で鑑賞。I列〜K列でもいいかも。いつもどおり予告もなにも見ていなくて、『ガサツな
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/09/17 8:30 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1027件の記事があります。

最近の記事
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM