メランコリア/そして終わりのない悲しみ

メランコリア/Melancholia

メランコリアMelancholia/監督:ラース・フォン・トリアー/2011年/デンマーク


こんな世界、なくなっちゃえばいいのに。


ラース・フォン・トリアーの映画は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見てものすごく嫌な気持ちになって、その1本だけでもう、大嫌い! 二度と見ない! と思っていました。なので「アンチクライスト」も未見だし、見るつもりはありません。今回の「メランコリア」は、そこまで嫌な気持ちになる映画ではないと聞いたので、見てみましたよ。

メランコリア/Melancholia

あらすじ:新婦ジャスティン(キルスティン・ダンスト)と新郎マイケル(アレクサンダー・スカースガード)の結婚式。巨大惑星の接近に不安を覚えるジャスティンの姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)と、その夫ジョン(キーファー・サザーランド)。

二部構成で、第一部はジャスティンをメインに、第二部はクレアをメインにしています。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
淡々としているので、早く何か起こらないかなと思って見ていると退屈に感じるかも。欝傾向のある人はもしかしたら引っ張られて具合悪くなる…?
メランコリア/Melancholia

2時間超えでやや冗長ぎみかという印象はあります。特に後半はもうちょっとなんとか…とも思うのです。ただ、最初見始めたときはどうしようかと思いましたけれど途中からおもしろくなってきましたよ。

ジャスティンは、結婚式だというのに何かとまわりに嫌なことばっかり言われまくってちょうかわいそうなんですよ。かわいそうなんだが、意味わからん行動なども取るわけ。晴れの舞台である結婚式ですら、この調子ですから、普段の生活は推して知るべしであります。人生の縮図としての結婚式なのだね。ジャスティンと関わりのある人物が勢ぞろいして、挨拶とかもするので、とってもわかりやすい。


メランコリア/Melancholia

クレアの不安は漠然としたもので、普通の人はこちらの気持ちのほうがよく分かると思います。わたしもそうだな。そして監督の意向としてもそのようなので、狙い通りに行っているなあっと思いますね。

そして純粋で未来に満ちあふれた存在として出てくるのがクレアの息子なわけで、ちょっとこのあたりは陳腐かなあと。わかりやすいですけれどもね。

わたし、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」では、なんでそんなことするのよ! って登場人物に対して思い続けて、イライラしちゃってキライだったんです。あんたなにやってんの! っていう。


メランコリア」の場合は、なにやってんの! とは思いつつも、ある程度までは理解できるというか、ほんともうやめてよ…ってうんざりする感じではないから、入りやすかったです。

そしてわたしも「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のころから比べると映画をよく見るようになって、映画に慣れてきて、映画のなかの登場人物と自分の感情をある程度までは切り離せる、映画の中の人生は他人の人生だと割り切れるようになってきました。他人の人生を垣間見るのって、楽しいね。

photo
メランコリア [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-08-03

by G-Tools , 2014/07/22

JUGEMテーマ:洋画0217
photo
メロンコリーそして終りのない悲しみ
スマッシング・パンプキンズ
EMIミュージック・ジャパン 1995-10-25
評価

by G-Tools , 2012/02/17

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Melancholia(鬱病)。「死に至る病」のキェルケゴールを生んだ国らしいデンマーク映画。ラース・フォン・トリアー監督、キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲン ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/03/13 1:31 PM
『アンチクライスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が描く地球滅亡の物語だ。主演は本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得したキルスティン・ダストン。共演にシャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/03/13 4:26 PM
憂鬱なる滅びの詩。 デンマークの異才、ラース・フォン・トリアー監督の耽美な終末譚は、突然出現した巨大な蒼い惑星・メランコリアの接近によって、この世界の終わりに直面する、ある姉妹の葛藤を描く物語...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/03/13 7:30 PM
 【ネタバレ注意】  この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。  それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。  ラース・フォン・トリアー監督...
  • 映画のブログ
  • 2012/03/13 7:55 PM
ランキングクリックしてね ←please click 新作出す度、話題騒然。 「ヒトラーに共感する」とのバカな爆弾発言で、今年カンヌ国際映画祭から出禁を食らった ラース・フォン・トリアー監督最新作 キルスティン・ダンスト主演と聞いてうわっとなった
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/03/13 8:34 PM
ラース・フォン・トリアーが描く美しくもユニークな終末映画「メランコリア」。冒頭8分間の、プロローグの映像美に酔いしれる。ジャスティンは、姉クレアとその夫ジョンが所有す ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/03/13 11:43 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在985件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM