ドラゴン・タトゥーの女/触って欲しい、殺してやりたい

ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

ドラゴンタトゥーの女THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/監督:デヴィッド・フィンチャー/2011年/アメリカ


ファーザーコンプレックスと、愛されぬ肉体。


ダニエル・クレイグは辛気臭いのでジェームズ・ボンドにはまったく合いませんが、「ドラゴン・タトゥーの女」は辛気臭い話ですからダニエル・クレイグがあっていると思います。原作は読んでいません。また「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」も見ていません。

ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

あらすじ:ハリエット失踪事件をゴスパンク少女と辛気臭いおっさんが追います。

社会派雑誌「ミレニアム」を発行するジャーナリスト、ミカエル(ダニエル・クレイグ)。あるとき、大企業グループの元会長ヘンリック(クリストファー・プラマー)から、40年前に失踪したハリエットという少女についての再調査を依頼される。そして、とてつもない情報収集能力を持ったリスベット(ルーニー・マーラ)というゴスパン少女を紹介されるのだった。


告白しますとわたくしクリストファー・プラマーが出てきたあたりからリスベットが地下鉄で男と揉みあうあたりまで寝ちゃってたんですよね…。おじいちゃんが画面に出てきているのに寝ちゃうとかほんと…。

そんなこんななので、実は話がはっきりわかっていません。話っていうか、ハリエット失踪事件についての細かい人間関係とか。でも、そんなに困らなかったので、まあ、いいです。

※事件の結末についてのネタバレはありません。リスベットについてはネタバレしているのでご注意ください。

おすすめ
ポイント
長いですけれど、見ているとそんなに長くも感じないかも。猫好きは注意。
ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

それで見終わってみて思ったのは「リスベットのファザコン物語なんだなあ」ということで、しかしあとでぐぐってみたら原作第一部の原題は直訳で「女を憎む男」だそうなので、わたしが感じたことはずれているかもしれないと思いつつですね、書いておくことにします。

ただ前述のとおり最初のほう寝ていたので取りこぼしもあるかと思います。


ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

リスベットは、ひっきりなしにタバコを吸いつつ食べているものはマクドナルドのハッピーセットだったり、縛り付けられて泣きわめいたのと同じ場所で同じ相手に向かってされたこと以上の罰を与えたりするような、どうもアンバランスな少女であるわけです。

このアンバランスさはダニエル・クレイグにむかって「(身体を)触っていて欲しい」と言った同じ口で「(あいつを)殺してもいい?」と聞くようなところにも現れていて、触って欲しいという要求は口に出してもおかしくないものだが、殺していいか聞くのはなぜなのだろうとも思うのです。


ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

セックスで相手の身体の上に乗りかかることをそのままマウンティングと受け取るのであれば、最初にダニエル・クレイグを押し倒したリスベットの心情についてはなんとなくは想像ができてくるんです。

ただ、カットがかわったら正常位になってしまったのでわたしの思い違いなのかとも思えるのだけれどね。正常位にさえならずにいてくれれば、もうちょっとわたしも自分の考えたことに自信が持てたのですが。


ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

※以下ネタバレを含みます。

リスベットの、父との確執(実際になにが起きたのかははっきりとはわからぬままに、しかしおおよそ想像がつくもので)のことを思えば、おそらくリスベットとさほど年の変わらぬだろう娘がいるダニエル・クレイグを父の代わりとして見ていたであろうことは想像に難くないわけです。

リスベットは父親を支配したかった、と、その一方で、父親に親密なやりかたで愛情を持って触れてほしかったし、父親の命を奪いかけた人物を殺すことを、許されたかったんじゃないかと思うのです。


『父親の命を奪いかけた人物』。この『父親』が、実の父親であれば、『命を奪いかけた人物』はリスベット本人のことであるわけで、もう、この時点で彼女はまったく未来がないんだろうなあと想像してしまうんですよね。で、実際彼女に未来はないんですけれど、その結末の迎え方がまた父親から裏切られる、というものなわけで、なんつーかこう…彼のことはすべてわかっていたはずなのに、それでもわからなかった、予測出来なかった部分を見て手ひどく傷つけられ、期待したこちらがバカだったと肩を落とすことになるわけで、なんかねえ、いいからダニエル・クレイグちんこもげろ。と思いましたね。

photo
ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-06-13
評価

by G-Tools , 2012/03/30

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズの
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/02/16 1:03 AM
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
  • 映画のブログ
  • 2012/02/16 6:44 AM
The Girl with the Dragon Tattoo (Movie Tie-in Edition) (Vintage Crime/Black Lizard)クチコミを見る◆プチレビュー◆スウェーデン発の大ベストセラーをD.フィンチャーが巧みに映画化。ハリウッドらしいスタ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/02/16 9:25 AM
ランキングクリックしてね ←please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデ
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/02/17 12:42 AM
ドラゴン・タトゥーの女 ★★★★☆4.5 これはこれで、あり! D・フィンチャー版はファンを裏切らない スウェーデン版の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の公開時でしたか、 記憶が定かではないのですが、 「すでにハリウッドリメイクが決まっている」といわれ
  • Healing
  • 2012/02/17 11:43 PM
パンク少女の純情。 スウェーデン発の世界的ベストセラー、背中にドラゴンのタトゥーを纏う女、リスベットと敏腕記者ミカエルの活躍を描く、「ミレニアム」三部作が本国で映画化されたのは僅か三年前の2009...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/02/18 10:08 PM
オリジナルと互角の面白さであった。全体的な印象として、艶っぽい。ラストの印象も違っていて、オリジナルでは温かみを感じたし、リメイクでは甘酸っぱさを感じた。いずれにしろ甲乙つけがたい極上のミステリー。お薦め作品だ。
  • 作曲♪心をこめて作曲します♪
  • 2012/04/10 4:58 PM
ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]発売日:2012-02-...
  • あれ欲しい
  • 2012/05/03 9:38 AM
映画の中で、グレーのパーカーを着ているひとは、孤独であることが多い 最近、映画を見ていて『グレーのパーカーを着ているひとは、孤独であることが多い』というのに気づいたんですね。それで、語呂も良いので『グレーのフードは孤独のメタファー』だとえんえん申し
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2013/09/06 11:44 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1007件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM