ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/僕の小規模な冒険

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いExtremely Loud and Incredibly Close/監督:スティーブン・ダルドリー/2011年/アメリカ


美しく飾られた、悲劇の結末。


試写会で見ました。トム・ハンクスには特に思い入れとかなくて、なにがいいのかいまいちわからん俳優だなあと思っていました。サンドラ・ブロックにも特に思い入れないです。タイトルが面白くて見たというかんじね。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close

あらすじ:9.11で父親を亡くした子供が、父の遺した鍵の秘密をさぐります。

主人公はオスカーくん(トマス・ホーン)、たぶん11歳です。お父さんはトム・ハンクス。すごくいいお父さんです。お母さんはサンドラ・ブロック。共働きです。アパートの向かいにはおばあちゃん(ゾーイ・コールドウェル)が住んでいて、夜中にオスカーとトランシーバーで話したりします。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
人の善を信じるひとに。映像が美しいです。小物もかわいい。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close

オスカーの、けっこうイラッとくるかんじがいかにも普通の子供といった雰囲気でさ、というかアスペルガー症候群っぽいので、こだわりが強いし人の話もあんまり聞けないんだよ。

トム・ハンクスはすごくいい父親で、ちょっとあまりにも良い人すぎる気もするけれども、まあそこは…ね。トム・ハンクスは、個性を主張しすぎず役に合わせるところがいいところなのかなっと思いました。


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close

彼の旅に同行することになるおじいちゃん(マックス・フォン・シドー)が良くてですね、おじいちゃんは口がきけないのでメモを書いたり手のひらに彫ってあるYes/Noの刺青で会話するんですね。オスカーがわりと口数の多いほうなので、このコンビの感じがすごくいい。おじいちゃんが、ジュースをちゅうちゅう飲むよ! サンドウィッチをもそもそ食べるんだ。

おじいちゃんは現実と向き合わない、声が出ないというのは現実を乗り越えていないからなんだけれど、もう、この年まできてしまったらしかたないなと思うんです。


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close

オスカーがなぜ父親の死にここまで囚われてしまっているのか、という理由がわかるシーンで、わたし、すごく気持ち悪くなってしまったんですよ、ショックで吐き気がしたの。オスカーの身に起きた出来事はとても悲惨で、彼がいつまでも父親の死を乗り越えていけないのは彼自身のせいで、本人もそれをわかっているから自分を責めて…と、まるで自分で自分に呪いをかけてしまっているようなんですよね。

鍵の秘密がわかればきっと呪いも解ける、この鍵は、お父さんが僕に遺してくれたすてきななにかを開けるためのものだって、思っていた…そのこと自体も呪いみたいなものなんだけれど。


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close

オスカーはこの冒険の中でちょっと成長したけれども、呪いの力があまりにも強いし、まだまだ先は長いんじゃないのかな、って思いましたね。

そして、大切な人を失うのはとても大変なことなので、そんなにすぐには乗り越えられなくても、しかたないんじゃないかと、ゆっくりと乗り越えていくのなら、それでいいんじゃないのかなっと思いました。


映像表現がとても美しく、冒頭の、舞うように落下する人とか、オスカーの心情に合わせてピントが浅くなったりとか、ロケーションのうつくしさにしてもそうだし、オスカーの宝物もとってもかわいらしいんですよ。美術的なところや音楽などが大変ファンタジックなので、オスカーが抱えているものの深刻度合いがやや和らいでいるなあと思いました。そのぶんよけいに、問題のシーンの残酷さが際立っているのかなとも思います。

JUGEMテーマ:洋画1219
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2012/02/17 12:21 AM
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
  • 映画のブログ
  • 2012/02/17 7:33 AM
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2012/02/18 11:52 PM
オスカーを授かったサンドラ・ブロック 公式サイト。原題:Extremely Loud & Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2012/02/20 11:50 AM
探しものは何処にある? 9.11の同時多発テロによって、父を亡くした11歳の少年、オスカー・シェルの小さな冒険を通して、大いなる喪失と再生を描いた現代の寓話。 原作は2005年に発表されたジョナサン・サ...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2012/02/23 9:11 PM
鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
  • 2012/02/26 3:49 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在919件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM