ワイルド7/逮捕じゃねえよ、退治だ。

ワイルド7

ワイルド7監督:羽住英一郎/2011年/日本


おまえの代わりに俺が裁いてやる。


毎度のことながら原作は未読です。「ワイルド7」です。まあ興味ですよね、完全に好奇心だけで見ました。深田恭子が出ていることに一抹の不安を覚えながら…。

あらすじ:法律でさばけない悪を裁く超法規的警察組織『ワイルド7』。

飛葉大陸(瑛太)、セカイ(椎名桔平)、パイロウ(丸山隆平)、ソックス(阿部力)、オヤブン(宇梶剛士)、ヘボピー(平山祐介)、B・B・Q(松本実)の7人は、指揮官である草波警視正(中井貴一)のもとでワイルド7として悪を退治していた。

ワイルド7

飛葉は本間ユキ(深田恭子)が乗っているバスをバイクで停めた。ユキに「バイトに遅れるからバイクで送って。あと売上に貢献して」と言われ、彼女が働くレストランで夜中まで呑んだくれた。

飛葉が目を覚ますとユキの部屋にいた。酔いつぶれてしまったらしい。どうやってユキが飛葉とバイクを運んだのかはわからない。

ネタバレはありません。多分ないと思う。ちょっとはあるかもしれない。あまり褒めていませんが、いいところもあるんです。


おすすめ
ポイント
爆破も銃撃戦もあってなかなか派手です。バイクスタントがんばっています。話はシンプルでわかりやすい。
ワイルド7

えっとね、まず、「法律でさばけない悪を裁く超法規的警察組織『ワイルド7』」っていうのがね、3回くらい説明されます。タイトルバックで1回、中井貴一が1回、吉田鋼太郎が1回。うん。わかった。そんなに説明しなくていいからね。

PSU(公安調査庁情報機関)のえらいさんである桐生圭吾(吉田鋼太郎)が、ものすごく説明好きなのよ。ワイルド7についても、ワイルド7のメンバーの経歴についても、飛葉の過去についても、飛葉とユキの関係についても、全部説明しちゃう。しかも説明が重複なわけ。1回でいいですからね。


ワイルド7

でね、ちょうわるい桐生さんがいるちょうすごいPSUの、ちょうハイテクなシステムとやらが、ものすごくずさんすぎてきょとんとしちゃいましたね。あまりのことに一周まわっておもしろくなっちゃった。桐生さんのすごくわるい悪事も、まったく隠す気がなさすぎというかあんなのすぐバレるし、もーちょっとうまくやんなさいよ、わはは。

この映画、「秘密」がないんだよね。ワイルド7のことも秘密のふりをしているけれど、みんな知っている。


ワイルド7

映画の質を下げる女・深田恭子はさ、いつもどおりの大根っぷりと妙な不機嫌さを全身で表現していらっしゃいまして、ほんと、深キョンが出てくるとテンションがすごい下がります。

というか、深キョンはいいからワイルド7の7人をもっと押し出してくれよと、思うんです。ワイルド7の7人は、誰がどういう犯罪者なのかの説明は桐生がしてくれますが、性格が見えてこないしキャラクターどうしのからみもあまりないんですよ。


ワイルド7

それぞれに見せ場もほとんどないので、7人じゃなくていいじゃん、ってなっちゃう。各人の犯罪歴をもっと活かして、かっこいいところ見せて欲しいなあって思いました。アクションシーンだけでなく、ふだんの掛け合いとか、欲しいじゃないですか、やっぱり。そういうのがあると盛り上がるでしょ? でも、ないのよ…。

そんな中でもB・B・Qの松本実は、なにかとおもしろい顔をして目立とうとがんばっていましたね。えらい。


ワイルド7そして、主人公が無言のまま棒立ちになり他人の話をただ聞いているという驚くべきクライマックスでね…。

瑛太は「一命」であれだけの熱演を見せてくれた俳優なのだから、ぜったいもっと出来ると思うんですよ。なのにこんなことになっちゃって、ほんともったいないよ!

やっぱりさあ、男たちがバイク乗って銃を撃ったりしてがんばりつつ全員に見せ場のある「エクスペンダブルズ」とかを見習ったほうがいいと思うんだよね。
火薬いっぱい使っているし銃撃戦は多いしバイクスタントもがんばっているし、ルックはかなり整っているのに! シーンとしてはかっこいいところもあるんだけれど、いかんせんキャラクターが乗っかっていないので、見た目は盛り上がっていても見ているこっちの気持ちが盛り上がってこないんですよ。全然ワクワクしないの。わくわくしたかったよー。もっと、個々のキャラクターを丁寧に扱って欲しかった。そこさえきちんとしていればすごくおもしろかったと思うのに、残念です。

photo
ワイルド7 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-04

by G-Tools , 2014/07/22

JUGEMテーマ:邦画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
フカキョンは皮ジャンでバイク乗るべきだった 公式サイト。望月三起也原作、羽住英一郎、瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2011/12/26 10:37 PM
1969年から「週刊少年キング」で連載された望月三起也の漫画で、72年にはTVドラマ化もされた作品を映画化。犯罪者の中から選ばれた7人が悪人を容赦なく“退治”していく痛快アクションエンタテインメントだ。主演は『一命』の瑛太。共演に椎名桔平、阿部力、宇
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/12/26 10:55 PM
      公式サイトです。  http://wwws.warnerbros.co.jp/wild7/index.html  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156318/   ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     極悪人
  • **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
  • 2011/12/26 11:13 PM
ワイルド7 オリジナルサウンドトラックリアリティはさておき、アクションはダイナミックな犯罪劇「ワイルド7」。出演者全員が大型免許を取得したというバイク・アクションに注目 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/12/26 11:57 PM
ワイルド7 監督: 羽住英一郎    出演: 瑛太、椎名桔平、中井貴一、深田恭子、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ 公開: 2011年12月21日       ...
  • 映画@見取り八段
  • 2011/12/27 1:25 AM
「週刊少年キング」で連載された望月三起也原作のコミックを原作に映画化した作品です。 予告編を観た時、黒いスーツとバイクが何だか特撮ヒーローものみたいでカッコいいなあと気になっていました。 “超法規的”に悪党を倒していく彼らの活躍は、ちょっと昔懐かしい雰
  • とりあえず、コメントです
  • 2011/12/27 8:18 PM
こないだ「ワイルド7」を観てきまして、どう感想を書いたものかうだうだ考えていたのですが、何となく腹が決まったのでぼちぼ書いていきたいと思います。 まず大前提として私が望月三起也さんの原作漫画の...
  • 生まれてから今まで観てきた映画全部
  • 2011/12/29 1:23 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/12/29 5:43 PM
ちょっと安易に人を殺し過ぎだが、アクションシーンは悪くなかった。中井貴一ってこんなワルい役もできるのね。 題名ワイルド7 原作望月三起也 監督羽住英一郎 出演瑛太(飛葉大陸)、椎名桔平(セカイ)、丸山隆平(パイロウ)、阿部力(ソックス)、宇梶剛士(オヤブ
  • Adminではないけれど [ブログ篇]
  • 2012/01/09 3:29 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在982件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM