コンテイジョン/豪華キャストで技巧派映画

Contagion/コンテイジョン

コンテイジョンContagion/監督:スティーブン・ソダーバーグ/2011年/アメリカ


主役級は全員アカデミー賞(級)などと言われていますが、
それは俳優だけではないのです。


全員アカデミー賞受賞者だったらこの見出しももっとスッキリするのですが、こればっかりはしょうがないです。「コンテイジョン」、最初に予告を見た時、「この豪華キャストでいまどきパンデミック映画?!」と驚いたものです。もう、この映画は、おもしろいとかおもしろくないとかはおいといてとりあえず「知ってる顔がいっぱい出てきてウワーイ」だけでいいんじゃないかと思いつつ見に行きました。

Contagion/コンテイジョン

そうしたら、それとは別のところでとっても感心したのでした。

あらすじ:謎の感染症で次々に死にます。

グウィネス・パルトロウが香港から帰ってきて死んで、グウィネスの旦那さんがマット・デイモンで、マリオン・コティヤールローレンス・フィッシュバーンケイト・ウィンスレットが医師で、ジュード・ロウがデマ拡散ブロガーで、あれやこれやしたり死んだりします。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
しょっぱなっからグウィネス・パルトロウのひどいすっぴんでビックリ、マット・デイモンの顔がぷっくぷく、いっぽうローレンス・フィッシュバーンはちょっとやせたような…。ジュード・ロウはみごとなクズでした。
Contagion/コンテイジョン

アカデミー賞は俳優だけではない、というのはですね、スティーブン・ソダーバーグが「トラフィック」で監督賞を受賞しているということもありますが、編集のスティーヴン・ミリオンも同じ作品で編集賞を受賞しているんですね。この人は「バベル」でも編集賞にノミネートされています。

で、なんで編集の話をするかというと、この映画、ものすごい1カットが短いんですよ。ちょっとびっくりするくらい短いの。無駄がいっさいないので、映し出されるすべてのことがスーッと頭に入っていくかんじ。最後のマット・デイモンのシーンだけちょっと長くしてある、だからここでジーンとするんです。


Contagion/コンテイジョン

これほんと感心しました、感心って言い方がじゃっかん上から目線で好きじゃないがどう言えばいいのか。

とにかく、起きていることについては、見てりゃ全部わかるよっていうふうに作ってある。だから、登場人物が多くても混乱しないし、ずーっと前にちょびっとだけ出てきた人が、あとになってまた出てきても、どこの誰でなんの役だったかというのがパッとわかるんですね。


Contagion/コンテイジョン

まあ、混乱しないようにキャストが豪華ということはあると思いますし、キャストが豪華なだけに一体誰が主人公なのか判然としないということもあります、出てきたのにいつのまにか消えちゃう人もいます、散漫な印象になってしまった感はありますけれどもね。

それから、どうもメリハリに乏しいと言うか、ずっと同じテンションで続いていくのでクライマックスがはっきりせず、次の展開まだかなーと思ってしまう、105分しかないのに2時間超えているように感じてしまうという欠点も、ありました。


ハッキリ言って話そのものに目新しいところがないぶん(あ、ジュード・ロウのキャラクターはいまふうでしたね。わたしはホメオパシーを悪だと思っているので、とことんクズに描いてくれてほんとスカっとした!)、なんかもしかしたらこの編集の妙技っぷりを披露したかったんじゃあ…と思うくらいのテクニカルな映画でした。余計なシーンをどーしても切れない癖のある監督とかは、ちょっと見習ったらいいと思います。

photo
コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-02-16
評価

by G-Tools , 2012/01/30

JUGEMテーマ:洋画1120
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:CONTAGION(接触感染)。スティーヴン・ソダーバーグ監督、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2011/11/28 9:30 PM
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18〜20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年〜19年に猛威を振るったスペ...
  • 映画のブログ
  • 2011/11/28 9:45 PM
コンテイジョン(マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン出演) [DVD]新種のウィルスの恐怖を豪華キャストで描く群像ドラマ「コンテイジョン」。素 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/11/28 10:36 PM
 え〜実は自分はスティーヴン・ソダーバーグ監督の映画を面白いと思ったことがなくて
  • みんなシネマいいのに!
  • 2011/11/28 10:48 PM
(原題:Contagion) 「う〜ん。これは少し複雑な映画だなあ」 ----へぇ〜っ。そうニャの? 何年か前、日本でも作られた 『感染列島』みたいな感じじゃニャいの? 「扱っている題材はパンデミックだし、 確かにそうなんだけど、 3.11を経験した日本で、 いまこれ
  • ラムの大通り
  • 2011/11/28 11:08 PM
原題CONTAGION監督スティーヴン・ソダーバーグ出演マリオン・コティヤール マット・デイモン ローレンス・フィッシュバーン ジュード・ロウ グウィネス・パルトロー公開2011年 11月
  • 映画 K'z films 2
  • 2011/11/28 11:59 PM
本日はスティーヴン・ソダーバーグ監督のパンデミック・スリラー、「コンテイジョン」を観てきました。この手の映画というといっぱいあるのですが、派手さを抑え、かなりリアルなシミュレーションという意味で...
  • 生まれてから今まで観てきた映画全部
  • 2011/11/29 8:55 AM
コンテイジョン ★★★★ 新種ウイルスの感染パニック! 映画の中で起きてることが なぜか今の日本と重なってみえる まず初めに、『コンテイジョン』て何!? と素朴なギモン。 なぜ原題そのまま? まあ最近は、気の利いた邦題をつけるのが難しいからか 原題そのままって
  • Healing
  • 2012/01/08 10:07 AM
パーフェクトセンスPERFECT SENSE/監督:デイヴィッド・マッケンジー/2011年/イギリス 世界の終わりと、僕らの始まり。 パンデミック映画といえば、去年「コンテイジョン」のときに「えっ、いまどき…」と思いましたが(おもしろかったけどね)、「パーフェクト
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/01/24 12:27 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1027件の記事があります。

最近の記事
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM