2011年新作映画ジャンル別ベスト&ワーストを選んでみたよ

2011年新作映画


年間ベストの季節です。今年はわたしにしては新作映画を多く見ているし、おもしろい映画も多かったので、ジャンル別にベストとワーストを選出してみました。ジャンルわけは当ブログのカテゴリに準じます。上半期のベストテンはこちら。


試写で見たものや、洋盤ブルーレイで見たものも混ざっていますが、今年日本公開された映画に限定して選出しています。また、このエントリの最後に、今年見た新作映画のタイトルとジャンル、かんたんなあらすじを載せています。ところで、今年はじめて、見た映画の本数を数えてみました。ぜんぶで258本、うち102本が新作でした(映画祭で見たものとドラマは除く)。

ちなみに、今年のベストは「塔の上のラプンツェル」です。これだけはゆるがない。



SF映画

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンTransformers: Dark of the Moon/監督:マイケル・ベイ/2011年/アメリカ


シリーズの中では「トランスフォーマー・リベンジ」の方が好きなんだけれどもなんだかんだ言って外すことができない「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」、今作でマイケル・ベイは卒業かとおもいきや次回作で監督をやるとかやらないとかいう話が出てきて、え…? となりつつ、ベイががんばってくれるんならもうなんでもいいです、なんでもいいんです。ばんぶゆびが出てくれるのなら。ばんぶゆびがかわいいのなら。



ディストピア映画

わたしを離さないでNever Let Me Go/監督:マーク・ロマネク/2010年/イギリス


わたしを離さないで(Never Let Me Go)

内容をまったく知らずに見て大泣きして大変でした。こんなのってないよ…ひどいよ…。映画を見て泣くと後頭部のあたりがじわーっとしてきて、ふだん自分の身に起きたことで泣くのとは違う感覚になっておもしろいです。キーラ・ナイトレイは笑った顔が怖いです。



エイリアン映画

宇宙人ポールPaul/監督:グレッグ・モットーラ/2011年/アメリカ・イギリス


ポール(Paul)

SF映画愛にあふれた映画でございました。実写とCGの組み合わせも、ここまで自然にできるようになったのかーっとも思いますよね。ウザキャラのセス・ローゲンも声だけだといいヤツでした(嫌いなわけじゃないのよ)。
エイリアン映画は他に「スカイライン −征服−」「スーパー8」を見ました。



コメディ映画
・該当なし
スーパー!」とか「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」とかありましたが、これがいちばん! というのがないので該当なしです。あえていうなら「メタルヘッド」かな。ジョセフ・ゴードン=レヴィットのコメディ映画は「50/50 フィフティ・フィフティ」も見ましたが、「メタルヘッド」のほうがよかったです。おならぷう。


ホラー映画

ブラック・スワンBLACK SWAN/2010年/アメリカ/ダーレン・アロノフスキー


ブラック・スワン(BLACK SWAN)

ムカデ人間」とどちらにするかすごく悩みました…。「ドリーム・ホーム」もおもしろかったねえ。




ゾンビ映画
・該当なし
ゾンビ映画は「ゾンビ処刑人」しか見ておりません。この映画、前半のしまりのなさに不満は残るものの、生首にバイブを当ててしゃべる世にもあほくさいシーンは最高です。今後に期待です。


コミック原作映画

X-MEN:ファースト・ジェネレーションX-Men: First Class/監督:マシュー・ヴォーン/2011年/アメリカ


X-MEN:ファースト・ジェネレーション(X-Men: First Class)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」「グリーン・ランタン」「マイティ・ソー」「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」「グリーン・ホーネット」などコミック原作映画はたくさんありましたが、ぶっちぎりで「X-MEN」ですね。まかぼい。



アクション・アドベンチャー映画

ワイルド・スピード MEGA MAXFast Five/監督:ジャスティン・リン/2011年/アメリカ


Fast Five/ワイルド・スピード MEGA MAX

マッチョが車でドガーンですよ。筋肉もりもりでみんな仲良しですよ。最高じゃないですか、ねえ。ああ、楽しいなあ!
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を見るまでベストを決められないなあと思っていましたが、結局バカさ加減で「ワイルド・スピードMEGA MAX」に軍配があがりましたね。




サスペンス・ミステリー映画

ミケランジェロの暗号Mein bester Feind/My Best Enemy/監督:ウォルフガング・ムルンベルガー/2010年/オーストリア


ミケランジェロの暗号(Mein bester Feind/My Best Enemy)

今年は個人的にサスペンス映画の当たり年でした。おもしろいのいっぱいあった! 「アンノウン」「アリス・クリードの失踪」「MAD探偵 7人の容疑者」「4デイズ」「ゴーストライター」「アウェイク」とか、良かったなあ。でも「ミケランジェロの暗号」がいちばんよかったよ。おすすめよ。




ディザスター・パニック映画

ピラニア3DPiranha/2010年/アメリカ/アレクサンドル・アジャ


ピラニア

水中・大人数・半裸という大変な条件の中であれだけの血まみれっぷりはじつにりっぱなことであるなあ。ウエット…T…シャツ…。




ファンタジー映画

・該当なし
ファンタジー映画で見たのは「デビルクエスト」ですがこれは今年の洋画ワーストです。ひどかった。ニコラス・ケイジロン・パールマンクリストファー・リーを無駄遣いしていた。あとファンタジー映画のカテゴリーで正しいのかわからないが「ツリー・オブ・ライフも見ました。いい映画でしたがとにかく疲れました。



人間ドラマ

カンパニー・メンThe Company Men/監督:ジョン・ウェルズ/2010年/アメリカ


The Company Men/カンパニー・メン

おじいちゃんがひたすら困る、おじいちゃんがちょうかわいい、おじいちゃんが…おじいちゃんが! 今年のおじいちゃん映画のベストでもあります。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」もおじいちゃんかわいいけどかわいそうだから。「カンパニー・メン」もおじいちゃんかわいそうだけど、かわいそうじゃないおじいちゃんもいるからいいの。




アニメーション

塔の上のラプンツェル Tangled/監督:バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ/2010年/アメリカ


塔の上のラプンツェル(Tangled)

もうほんと好きで…。今年一番何度も見た映画です。わたしは去年と一昨年のベストが「コララインとボタンの魔女」でさ、3年連続で「お母さんが怖い映画」なんですよね。



ランゴ」も実に素晴らしい映画でした。かわいくないのにかわいい。



マフィア・ギャング・暴力・戦争映画

・該当なし
暴力映画で見たのは「キラー・インサイド・ミー」ですが、ちょっと迷ってしまったので外しました。



ドラッグ映画
・該当なし
サスペンス映画ですけれども内容は完全にドラッグ映画(コカインとかマリファナとかの既存のドラッグに近い描写)なのでドラッグ映画あつかいにした1本のみの鑑賞でした。「リミットレス」です。結構良かったですが、もう一押し欲しかったかんじ。


ドキュメンタリー・モキュメンタリー・実話、実在の人物等に関する映画

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップExit Through the Gift Shop/監督:バンクシー/2007年/アメリカ・イギリス


イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(Exit Through the Gift Shop)

上半期ベストだった「127時間」と迷いましたがこちらにしました。はたしてミスターブレインウォッシュとは何者であるのか? ほんとは仕込みなんじゃないのか? とか物議をかもし、なんかもうめんどうくさくなってこの映画についていろいろ話しあうのはイヤになっておりますが、めちゃくちゃおもしろかったのです。




ラブロマンス・ラブコメ映画

ラブ・アゲインCrazy, Stupid, Love./監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア/2011年/アメリカ


ラブ・アゲイン/Crazy, Stupid, Love.

なにかとよく脱ぐキレイなおばさん、ジュリアン・ムーアがただ電話しているだけのシーンでぽろっぽろ泣いてえらいこっちゃでした。年をとってジュリアン・ムーアになれるんならなりたいものです。あとライアン・ゴズリングの腹筋がすてきすぎた。



スポーツ映画

・該当なし
スポーツ映画は今年見ていません。「マネーボール」はたぶん見ないだろうな〜、おもしろいんだろうけどな〜というかんじです。



ロードムービー・青春映画

・該当なし
青春映画で見たのは「永遠の僕たち」です。いい映画だし加瀬亮うまかったし良かったけれど、迷ったので外しました。



歴史劇

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船The Three Musketeers/監督:ポール・W・S・アンダーソン/2011年/アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ


The Three Musketeers/三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

ポール・W・S・アンダーソンの子供らしさが良い方向へ働いた面白い映画でした。あとルイ13世がかわいらしすぎた。これは歴史劇でなくてアクション映画なんだけれども、いいアクション映画の中では埋もれてしまうのであえて歴史劇扱いにしてベストに入れるという卑怯なことをするくらいルイ13世がかわいらしすぎた。



ミュージカル映画

・該当なし
ミュージカル映画は今年見ていません。「塔の上のラプンツェル」はミュージカル映画枠でもいいのかな。でもミュージカル映画として見ると、お歌がちょっと少ないんですよね。



ドラァグクイーン・女装・ゲイ映画

キッズ・オールライトThe Kids Are All Right/2010年/アメリカ/リサ・チョロデンコ


キッズ・オールライト(The Kids Are All Right)

ゲイ映画ですけれどもこれはお父ちゃん映画なので、お父ちゃんが無理してがんばっているともう、ああ、お父ちゃん…。
今年は「プルートで朝食を」「コニー&カーラ」「3人のエンジェル」「プリシラ」「キンキーブーツ」「ピンク・フラミンゴ」「フィリップ、きみを愛してる!」など旧作のドラァグクイーン・ゲイ映画をいろいろ見ましたが、結局「プリシラ」が一番いいっていうね。



邦画

CUT監督:アミール・ナデリ/2011年/日本


cut

今年は邦画をたくさん見ました。今までの自分では考えられないくらいたくさん見た。で、すべりこみで「CUT」を選びました。邦画なのか? 邦画でいいよね。「電人ザボーガー」とどちらにするか最後まで悩み、まだちょっと迷っています。しかしクライマックスの「シネフィルが選ぶオールタイムベスト100」が素晴らしすぎてどうしてもこの映画を選びたいという気持ちになり、ザボーガーたんもかわいいけど、でも、ああ、こまった。



ほかに良かった邦画は、瑛太が卵をすする「一命」、大竹しのぶがすごい顔をする「一枚のハガキ」、おばあちゃんが熊と戦う「デンデラ」、社本くんちょっと痛い「冷たい熱帯魚」など。「ワイルド7」「モテキ」「うさぎドロップ」は、悪くはなかった映画です。



というわけで15本選びました。いかがでしょうか。思っていたより『該当なし』が多かったですね。

ささやかに、ジャンル別ワーストも載せておきます。見ている本数が0〜1本しかないために該当なしになったジャンルは除外しました。



最後に、今年わたしが見た新作映画のリストを載せておきます。来年も面白い映画がたくさん見られるといいですね。みなさま、良いお年を。


1月
  • ソーシャル・ネットワーク
  • 青春映画です。男の子同士で好きだの嫌いだの許さんだの訴えるだのやっています。
  • グリーン・ホーネット
  • コミック原作ヒーロー映画です。あほの金持ちと、主人が大好きな部下とがキャッキャします。
  • スプライス
  • 新しい生命体を作るSF映画です。毒親が子供を虐待します。
  • トロン:レガシー
  • SF映画です。「トロン」の続編としてはまったく文句がありません。

2月
  • 白夜行
  • 小説原作映画です。堀北さんが女の子を襲ったりします。
  • 完全なる報復
  • サスペンス映画です。ジェラルド・バトラーがわがままを言ったりします。
  • 冷たい熱帯魚
  • エログロスプラッタです。おっさんがおっさんを脅してばらばらにしたりします。

3月
  • ファンタスティックMr.FOX
  • ストップモーションアニメです。動物と人間が戦争します。すたすた歩いたりがぶがぶ食べたりします。

4月
  • エンジェルウォーズ
  • アクション映画です。むちむちした女の子たちが肌もあらわに戦います。
  • キラー・インサイド・ミー
  • ノワール映画です。あんまりなにも考えていない人が、謝りながら女の顔をぼこぼこにぶん殴ります。
  • 悲しみのミルク
  • ペルー映画です。母乳から恐怖が感染すると思っている女の人が、膣の中にジャガイモを入れます。

5月
  • アジャストメント
  • ディック原作SF映画です。運命はすべて他人の手によってうまいこと調整されています。
  • アウェイク
  • サスペンス映画です。全身麻酔が効かずに意識があるままで心臓移植手術をします。
  • アンノウン
  • サスペンス映画です。リーアム・ニーソンが寒い街であっちへよろよろこっちへよろよろします。
  • 昼間から呑む
  • 韓国の低予算映画です。昼間からお酒を飲みます。
  • キッズ・オールライト
  • お父ちゃん映画です。レズビアンカップルの家庭に、遺伝子上のお父さんが現れてわたわたします。
  • 八日目の蝉
  • 小説原作映画です。赤ちゃんのときに誘拐された女の人が、昔のことを思い出します。
  • ブラック・スワン
  • ホラー映画です。プリマドンナに抜擢された人が、だんだん具合悪くなります。
  • スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
  • ゲームっぽいアクション映画です。好きな人の過去を乗り越えます。
  • ドリーム・ホーム
  • スプラッタ映画です。ものすごくマンションがほしい女の人が、がんばっていっぱい殺します。

6月
  • 光のほうへ
  • デンマーク映画です。だめだめな兄弟がだめだめながらもなんとなく心を通わせます。
  • アリス・クリードの失踪
  • サスペンス映画です。誘拐犯と監禁された女の人が、好きだとか嫌いだとか言ったりしてごたごたします。
  • メタルヘッド
  • ほのぼのファミリー映画です。崩壊寸前の家族の仲を小汚いメタラーがとりもちます。
  • レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー
  • スプラッタ映画です。ホエールウォッチングに来たと思ったら、きちがいに殺されました。
  • 127時間
  • 実話です。陽気な登山家が腕を岩に挟まれてよぼよぼします。
  • あぜ道のダンディ
  • お父ちゃん映画です。いつも怒鳴っているお父さんがヘンなダンスをします。
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
  • コミック原作ヒーロー映画です。プロフェッサーXとマグニートーがいちゃいちゃいちゃいちゃします。
  • スカイラインー征服ー
  • エイリアン映画です。巨大エイリアンが襲ってきて吸い込まれそうになるのでオロオロします。
  • スーパー8
  • エイリアン映画です。自主制作映画を撮っている子供が秘密を知ります。
  • わたしを離さないで
  • SF映画です。外界から隔絶された子どもたちに残酷な運命が待ち受けています。

7月

8月

9月

10月

11月

12月
JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM