「ワイルド・スピード」シリーズ/ガサツがクルマでやってきた!

ワイルド・スピード/The Fast and The Furious

ワイルド・スピードThe Fast and The Furious/監督:ロブ・コーエン/2001年/アメリカ


カーアクション映画はとにかくスタントマンのすごさを実感できるので好きです。


ワイルド・スピード MEGA MAX」予習のために見ました。うちに1と3のDVDしかなくてですね、アップルTVに2があったので、とりあえず123を見て、やっぱり4も…と思い結局「ワイルド・スピード クアドリロジー」を購入しました。

だいたいネタバレしています。けどストーリー的なネタバレしていても特に問題ない映画なので…。
★シリーズを見ずに「MEGA MAX」を見ようとしている人用に、各タイトルごとに「MEGA MAX」に関係ある部分の簡単なまとめをつけておきます。

ワイルド・スピード/The Fast and The Furious

あらすじ:ストリートレースでぶいぶい言わせていたら刑事がおとり捜査でやってきた。

話はね、最後とかちょっと、えっ、って思うんです。え、あれ、って思うんですけれど、そんなのどうだっていいじゃないですかー! どうだっていいんですよー!
おまわりが泥棒の片棒を担いだっていいんですよー! だって、大切なのは友情だから! 男と男の友情!
マッチョ! ぶりぶりしたおなご! うなるエンジン!
もうね、それでいいんです、こういうのは。


おすすめ
ポイント
完全に主役を食っているヴィン・ディーゼルと、10年間ほぼ同じ印象の役を演じ続けているミシェル・ロドリゲス。でもミシェル・ロドリゲスは最近のほうがかわいいね。
ワイルド・スピード/The Fast and The Furious最初警戒し合っているドミニク(ヴィン・ディーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)ですが、あることをきっかけにドミニクの警戒心が一気に解けてすごい仲良くなるんですよね。こういうの好きだなあ。
そしてドミニクの仲間がヤキモチ焼いてぶうぶう言っててかわいい。

わたしはカースタントを見るのが好きなんですよね。車乗らないし興味無いので車種とかぜんぜんわからないですが、スタントのすごさを見ているだけで楽しいです。
ワイルド・スピード/The Fast and The Furious★「MEGA MAX」に関係あるところまとめ

  • ヴィンス(マット・シュルツ)はドミニクのことを大好きで、ブライアンのことは大嫌い。ご飯に釣られやすい。
  • ストリートレースをして勝つと、相手の車をもらえる。このシリーズの基本ルール。
  • 走り屋の周りには半ケツのおねえちゃんが集まっている。これもこのシリーズの基本。


ワイルド・スピードX22 Fast 2 Furious/監督:ジョン・シングルトン/2003年/アメリカ


今度はバディもの! クルマの数を増やしてみた正統派続編映画です。


1はほとんどヴィン・ディーゼルで持っていたようなものだったので、2ではヴィンが出ないと聞いてどうなることやらと思っていたら、「トランスフォーマー」シリーズにも出演しているかっこいい黒人、タイリース・ギブソンが投入されました。不必要な場面で脱いでムキムキっぷりを見せてくれる! すてき!

ワイルド・スピードX2/2 Fast 2 Furiousあらすじ:警察官を辞めたのに、麻薬組織のおとり捜査に駆り出されます。

1で完全にヴィン・ディーゼルに食われてしまっていまいち影の薄かった主人公が、2ではだいぶ主人公然としていて良かったですね。

そもそも主人公がかなりのガサツっぷりなのに、相棒のローマン(タイリース・ギブソン)はそれに輪をかけてガサツなわけです。ひさびさに会ったというのにいきなり殴り合いのケンカをしちゃうくらいガサツです。いいねえ。キャラクター的に2人のバランスもよくて、よかったです。
ワイルド・スピードX2/2 Fast 2 Furiousほとんど無意味に脱ぐタイリースさん。なにかともぐもぐしているタイリースさん。かわいいわー。

ストーリーは1と比べてかなりまとまっています。問答無用で車を止めてしまう謎の機械とかも出てきて面白いですね、なんなんですかねあの機械は(笑。

カーアクションの派手さは、撮り方も含めて1にはやや劣ります、特に車内の撮り方はちょっと単調になっちゃっているんですけれども、そのぶん数で攻めて来ていました。主人公があの地で信頼を得て仲間を増やしたんだな〜って思うと、微笑ましい気持ちになります。続編映画で何かの数を増やすのは基本なので、ほんと、続編としてひじょうにまっとうだと思いました。
ワイルド・スピードX2/2 Fast 2 Furiousワイルド・スピードX2/2 Fast 2 Furious
★「MEGA MAX」に関係あるところまとめ

  • ローマン(タイリース・ギブソン)はブライアンの旧友で、お金に目がない。
  • モニカ(エヴァ・メンデス)は刑事。「MEGA MAX」ではカメオ出演。
  • テズ(リュダクリス)は天才メカニック。2ではアフロ、「MEGA MAX」では坊主。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTThe Fast and the Furious: Tokyo Drift/監督:ジャスティン・リン/2006年/アメリカ


渋谷や新宿はどれくらい道が狭いか体感的に知っているので、よけいハラハラします。


アメリカでのレースは直線道路ばかりなんですが、日本は狭いのでドリフト走行をせねばならず、アメリカでのレースに慣れている若者がほとほと困るというお話です。あまり評判が良くなかったので期待していませんでしたが、これおもしろいじゃないですか、ねえ。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT/The Fast and the Furious: Tokyo Driftあらすじ:アメリカ人の高校生が東京に来てドリフトの練習をします。

主人公がいきなり高校生になりました。ルーカス・ブラック。いろいろありましてアメリカから東京に来て、おろおろしつつもヤクザと繋がりが出来てしまいます。

ハリウッド映画などで日本が舞台になると、滑稽な日本みたいなのが強調されるので、それを嫌う人ってけっこういると思うんですよ。でもさ、まあ、学食のメニューはアレですけれども、この映画で描かれる日本って、別におかしくないというか、格好良いと思って描いている部分のほうがずっと多いと思いますよ。
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT/The Fast and the Furious: Tokyo Driftカーアクションに関しては、1、2よりすごかったと思います。狭い道をびゅんびゅん走るので、よけいすごいように見えるのかもしれません。

街中を走るシーンなんかは、東京で撮影が出来ないのでセットだったり合成だったりするんですけれども、じっさい車が走っていることに変わりはないし、パッと見ただけではまったくわからないんですよね。

撮影監督はカーアクションを撮るの初めてだったそうですが、いやはやすごいです。
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT/The Fast and the Furious: Tokyo Driftお話はこれ、スポ根ものですよね、ようするに。修行シーンがほとんどなわけ。友情もあってさ、演歌っぽいところ(身の上話)もあってさ、おもしろかったなー。

メインの日本人役は韓国系アメリカ人のサン・カンと、韓国と日本のハーフであるブライアン・ティー、アルゼンチン出身の韓国人レオナルド・ナムで、韓国系ばかりなんですよね。日本語のセリフは吹き替えだったし。

これってしょうがなくって、アメリカで活躍している若い日本人俳優、英語を話せる若い日本人俳優がいないってことなんですよね…。この映画は千葉真一出ていますけれど、若くないですからね。
よくハリウッド映画出ている日本人俳優でパッと思いつくのはケイリー=ヒロユキ・タガワですけれども、やっぱりぜんぜん若くないし(笑。「インセプション」の渡辺謙もね、若くない。若いところだと「マイティ・ソー」の浅野忠信ですけれど、セリフが二言三言しかなかった。それにこの2人は日本国内の仕事がメインなんですよね。そう思うと「監獄島」のマサ・ヤマグチと、「ムカデ人間」の北村昭博にはほんとがんばってほしいです。
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT/The Fast and the Furious: Tokyo Drift★「MEGA MAX」に関係あるところまとめ

  • ハン(サン・カン)はいつもなにか食べている。
  • ドミニク(ヴィン・ディーゼル)がカメオ出演しており、「ハンの友達で、一緒に走っていた」と言う。

ワイルド・スピード MAXFast & Furious/監督:ジャスティン・リン/2009年/アメリカ


今までで一番ドラマがしっかりしていて、今までで一番派手です。


主人公がポール・ウォーカーに戻りました。そしてヴィン・ディーゼルも戻ってきました。
シリーズの時間軸としては、1→2→MAX→MEGA MAX→3になりまして、3で死んでしまった人が「MAX」に出てきます。

あらすじ:麻薬組織を追います。ミシェル・ロドリゲスの弔い合戦です。

Fast & Furious/ワイルド・スピード MAX刑事だったのが泥棒の手助けをした1、刑事をやめてストリートレーサーになっていた2、出番のなかった3を経て、MAXでは主人公がFBIになってしまいました。

いったいどんな紆余曲折があればちんぴらからFBIになれるのか、主人公はアホっぽく見えるが本当はものすごくデキるやつなのではないか、シリーズ通してもっとも謎なキャラクターが主人公だったという事実に戸惑いを隠しきれません。

さらに、レティ(ミシェル・ロドリゲス)が死んでしまってまたビックリです。ギャラの問題とかなのかなー。
Fast & Furious/ワイルド・スピード MAX

お話は、FBI捜査官になった主人公が麻薬組織を追っている、同じ麻薬組織に恋人を殺されたドミニクは復讐しようとしている、というかんじですね。2人が手を組むわけではなくて別々に敵を追うんだけれど、まあ、追っている対象が同じなので、同じ場にいたりはします。

このシリーズは、1本ごとにそれぞれの特徴がありつつも、共通しているものがあるのでブレがないです。シリーズものってそういうものだと思うけれどね。
3は異色ではありますが、面白いし、レース・おねえちゃんのしりがぶりぶり・男と男の友情、があるのでいいと思います。いいじゃんね。

今回はおそらく初めて人が轢き殺されます。今までなかったのでびっくりしました。やはり毎回新しいことを入れてきているのだなー。


Fast & Furious/ワイルド・スピード MAX★「MEGA MAX」に関係あるところまとめ

  • ジゼル(ガル・ガドット)は麻薬王を裏切ってドミニクの仲間になった。
  • レオ(テゴ・カルデロン)とサントス(ドン・オマール)は、「MAX」と「MEGA MAX」では役名が異なるが、「MAX」ではほぼ名を呼ばれないため、雰囲気だけ覚えておけば大丈夫。

Fast & Furious/ワイルド・スピード MAX
  • レティ(ミシェル・ロドリゲス)はドミニクの彼女で、殺される。殺されるシーンははっきり映らない。
  • ラストでヴィン・ディーゼルが懲役刑をくらい、護送車で移送されているところへ主人公たちがそれぞれの車に乗ってやってきて、護送車の前に飛び出す、というシーンで終わる。「MEGA MAX」はこのシーンからの続きから始まる。


というわけで、明日は「ワイルド・スピード MEGA MAX」の感想をアップしますよ。

photo
ワイルド・スピード EURO MISSION ブルーレイ+DVDセット(E-Copy) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2013-11-20
評価

by G-Tools , 2013/12/04

photo
ワイルド・スピード クアドリロジー Blu-ray【デジタルコピー付】(初回生産限定)
ジェネオン・ユニバーサル 2011-09-22
売り上げランキング : 784
評価

by G-Tools , 2011/09/21

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
大ヒットしたカーアクションムービー「ワイルド・スピード」シリーズの第3弾。今回の舞台は何と東京。公道をドリフトしまくる迫力満点のカーアクションがウリです。前二作と変わり、『プライド 栄光への絆』のルーカス・ブラックが主演。共演にサン・カン、ブライア
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/09/29 2:06 PM
大ヒットカーアクションムービーの第2弾。主演は前作と同じくポール・ウォーカー。前作で同じく主演だったヴィン・ディーゼルは今回は出ていない。共演にはこの作品の後「トランスフォーマー」シリーズや『デス・レース』に出演したタイリース・ギブソンが出演している
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/09/29 2:06 PM
ワイルド・スピード MEGA MAXFast Five/監督:ジャスティン・リン/2011年/アメリカ 悪いヤツから1億ドルを盗み出せ! ヴィン・ディーゼルの魅力にみんなめろめろです。 先行上映で見てきました。このシリーズを見たことがなかったので直前に一気見しました(「
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2011/09/30 12:01 PM
ワイルド・スピード SKY MISSIONFurious 7/監督:ジェームズ・ワン/2015年/アメリカ 必死で彼を「そこ」に生き返らせようと、して。 TOHOシネマズ日劇 スクリーン3、M-17で鑑賞(※初回鑑賞時。いろいろあったので再鑑賞してから感想書こうと思いましたが、思い
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2015/04/28 10:26 PM
ワイルド・スピード ICE BREAKThe Fate of the Furious/監督:F・ゲイリー・グレイ/2017年/アメリカ いよっ!待ってました!! 新宿ピカデリー シアター2 E-15で鑑賞。 あらすじ:ドムが裏切る。 キャストヴィン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンジェ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2017/04/28 10:51 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM