スリーデイズ/すべてリーアムのいうとおり

The Next Three Days/スリーデイズ

スリーデイズThe Next Three Days/監督:ポール・ハギス/2010年/アメリカ


ラッセル・クロウが、いつもどおり人を殴りながら、奥さんを脱獄させます。


The Next Three Days/スリーデイズ

ラッセル・クロウ主演のサスペンス映画「スリーデイズ」、サミュエル・L・ジャクソン主演のサスペンス映画「4デイズ」、ルパート・フレンド主演の戦争映画「5デイズ」と、今年は秋に似たようなタイトルの映画が3本もあってややこしくて大変ですよね。しかも「◎デイズ」じゃ内容がよくわからない。

数字デイズものは他にも1998年のハリソン・フォード主演映画「6デイズ/7ナイツ」、2007年の韓国映画「セブンデイズ」、2002年のアンソニー・ホプキンス主演映画「9デイズ」、2000年のケヴィン・コスナー主演映画「13デイズ」、2007年のジョシュ・ハートネット主演映画「30デイズ・ナイト」、2004年のジャッキー・チェン主演映画「80デイズ」などがございますがわたし1本も見ていませんでした。

今日の映画「スリーデイズ」は原題「The Next Three Days」、2008年公開のフランス映画「すべて彼女のために」のリメイクです。オリジナルは未見ですが、けっこう忠実にリメイクしているようす。まあ忠実であればよいというわけでもないんですけれどもね…。でも面白かったですよ。


あらすじ:奥さんが殺人容疑をかけられて投獄されたので、脱獄させます。

ジョン・ブレナン(ラッセル・クロウ)は大学教授です。息子がひとりおり、奥さんのララ(エリザベス・バンクス)とは良好な夫婦関係を築いています。しかしある日、ララは殺人犯として投獄されてしまいました。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
ラッセル・クロウがずっとぴりぴりしています。リーアム・ニーソンはほんのちょびっとしか出てきませんでした。
The Next Three Days/スリーデイズ

裁判すりゃあいいじゃん、って思うでしょう、まあ普通裁判ですよね。でも、できないわけ、証拠いろいろ揃っちゃってるし、弁護士も「もう無理!」って言うの。
事件から3年経ってて新しい証拠が出てこないし、とにかく、裁判はできないのね。できないんです!

で、ラッセル・クロウは、脱獄犯で本も出しているリーアム・ニーソンにね、どうやったら脱獄ができるのか聞くわけ。なんでリーアム・ニーソンが教えてくれるのかとかは、いいんです。いいの! スカーフェイスのリーアム・ニーソンちょうかわいいからいいの! そーゆーところにぐだぐだ言う子、お母さんは嫌いです!

さて、リーアムから、どうやって脱獄すればよいか、何分で警察が来て何分で道路が閉鎖されるか、最終的にどこへ行けばいいのかなどを聞いたラッセルさん、綿密な計画を立て始めました。


The Next Three Days/スリーデイズ

この映画、134分のうち60分くらいは、脱獄計画を練ったり準備をしたりなんですね。音楽もすごく少ない。もしかしたらこのまま実行せずに終わるのか…? とすら思いました。それくらい準備している。

切羽詰まりまくっているラッセルさんは、ちんぴらから「あんた必死すぎるんだよ、そんなんじゃ失敗するよ」とか言われちゃう。で、案の定失敗する(笑。

ラッセルさんは普通の人なんですよね。普通の両親のもとに生まれて、普通に青春を送って、就職して、結婚して、家を買って、子供を作って、ってやってきた。


The Next Three Days/スリーデイズ

いっぽうリーアム・ニーソンは脱獄7回のツワモノなわけです。「脱獄はかんたん、問題はそのあと」とか言えちゃうくらいなの。ラッセルさんの奥さんが収監されているのは、そんなリーアムですら「そこめっちゃ厳しいからとってもたいへん」って言うくらいの場所なのね。

そりゃ、ラッセルさん、ストレスで吐いたりしますよ。こういう、さらっといかないところがいいよね。

この映画は、「普通の人」が重大な犯罪を犯すことについて描いていると思うんです。もちろん、たったひとりの愛する女のためにはどんなことでもできますというお話でもあるけれども、それは彼が脱獄を計画するきっかけでしかないとも思うんですよ。


The Next Three Days/スリーデイズ

奥さんは、自分が本当に殺したのかどうかについてほとんど何も言いません。ラッセルさんの方も、聞かないんですね。そこはもう、完全に信頼しきっている。うちの奥さんが人を殺したりするわけないと思っている。信じ切っているので、行動に移せるのです。

奥さんのほうはどうなんだろう、どう思っているんだろうと考えてみると、やっていないという証拠がでない、3年も収監されてもう先がない、しかもこの先これが20年は続くわけで、もう、諦めかけているんじゃないかと。だからあのシーンがあると思うんだよね。


The Next Three Days/スリーデイズ

脱獄が実行に移され始めてから、どんどんスピーディーになり音楽も流れ始めます。ダニー・エルフマンだよ。

映画が始まった時から、奥さんが女上司と口論してぴりぴりしており、準備中もぴりぴり、実行中ももちろんぴりぴりと、ずーっと緊張の連続なんですね。こころの休まる時があまりない。

公園で知り合ったよその奥さんと話すような一見ほのぼのシーンでも、ラッセルさんは「うちの奥さん、刑務所にいるんで」とか言って、よその奥さんによけいな緊張感を与えたりしている。わたしがあの奥さんだったら、関わったこと後悔すると思う。だって怖いんだもん、切羽詰まってて。


リーアム・ニーソンの出番は数分程度なんですが、リーアム・ニーソンの言うとおりのことが起きるんですね、ある時点までは。その時点から先は、幸運が手助けをする。でもこの、幸運が手助けをするっていうのもリーアム・ニーソンの言っていたことなので、やっぱりぜんぶがリーアムの言うとおりだったってわけですよ。
となると、ラッセルさんの今後が心配です。大丈夫なのだろうか…。

photo
スリーデイズ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-03-02
評価

by G-Tools , 2012/01/30

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
2008年に公開されたフランス映画『すべて彼女のために』を『告発のとき』のポール・ハギス監督がリメイク。無実の罪で投獄された妻を救うために奔走する夫。しかし無常にも万策尽き、追い詰められた夫は妻を脱獄させることにする。主演は『ロビン・フッド』のラッ
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/10/11 3:49 PM
Ost: the Next Three Days平凡な小市民が練り上げた脱獄計画は、生活のすべてを犠牲にする覚悟があってこそ。切実で孤独な戦いが胸に迫るが、主演のラッセル・クロウはミスキャスト。大学 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2011/10/11 7:08 PM
「逃げ切れるのか」に徹した映画。とにかく最後の最後まで「逃げ切れるのか」を徹底的に見せ切る。そのポール・ハギス監督の演出力に脱帽する映画でした。 残念ながらオリジナル ...
  • こねたみっくす
  • 2011/10/11 7:45 PM
(原題:The Next Three Days) ----これって、フランス映画『すべて彼女のために』のリメイクだよね。 「そう。 前作も緊迫感に溢れていてオモシロかったけど、 これもなかなか。 最初はランニングタイムが134分と聞いて、 正直、ビビっちゃったんだけどね。 なにせ
  • ラムの大通り
  • 2011/10/11 9:57 PM
その罪は、愛のために。 「スリーデイズ」は、冤罪で囚われた妻を救い出す為に、夫が綿密な脱獄計画を練り上げるフレッド・カバイエ監督のフレンチ・サスペンス映画「すべて彼女のために」を、「クラッシュ...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2011/10/12 9:51 PM
ランキングクリックしてね←please click ポール・ハギス監督, 脚本作じゃなかったら主演も興味なかったからスルーしてたかも。 試写にて鑑賞 ポール・ハギスと言えば、イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」、「父親たちの星条旗」、 男
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2011/10/12 10:34 PM
フランス映画『すべて彼女のために』をポール・ハギス監督&ラッセル・クロウ主演でリメイクしたサスペンスです。 『すべて彼女のために』は未見なのですけど、同じ監督さんの『この愛のために撃て』が面白かったので この作品も楽しみにしていました。 途切れなく続く
  • とりあえず、コメントです
  • 2011/10/13 10:08 PM
THE GREY 凍える太陽THE GREY/監督:ジョー・カーナハン/2012年/アメリカ リーアム・ニーソンはみんなの師匠でお父さんなんです! リーアム・ニーソンが好きで好きでたまらないです。かっこいいじゃないですか、還暦ですよ。わたしリーアム大好きですけどやっぱ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/08/17 12:03 PM
サード・パーソンThird Person/監督:ポール・ハギス/2013年/イギリス、アメリカ、ドイツ、ベルギー わたしはあなたを、守りたかった。 試写で鑑賞。公開は6月20日です。TOHOシネマズ日本橋、H8で鑑賞。 ポール・ハギス監督作は「スリーデイズ」しか見ていない
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2014/06/19 11:59 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM