プルートで朝食を/時代の狭間をふわふわ生きる子猫ちゃん

プルートで朝食を/Breakfast on Pluto

プルートで朝食をBreakfast on Pluto/監督:ニール・ジョーダン/2005年/アイルランド・イギリス


キリアン・マーフィーがぽわぽわしているので、母親のような気持ちになります。


こちらも先月Twitterで紹介していただいたドラァグクイーン映画です。女装ですがドラァグクイーンではないですね。以前から気になっていたのでちょうどよかったです。そしてリーアム・ニーソンが出ていてうふふ。
しかもお父さんの役でうふふですよ。パパー。

プルートで朝食を/Breakfast on Plutoあらすじ:捨て子でゲイの青年が、お母さんを探して旅をします。

パトリック・ブレイデン(キリアン・マーフィー)は赤ちゃんのとき母親に捨てられ、養子に出されて育ちます。早くから女装をしていた彼は、養母にうとまれながらも楽しく暮らしていました。

うとまれるといっても虐待されていたわけではなく、いつもふざけていたり遊んでいたりするのでめんどくさがられていたんですね。彼はある日、家族と言い合いになり、そのまま家出してしまいます。
おすすめ
ポイント
キリアン・マーフィーがふわふわしていてちょうかわいい。ファッションも良いです。
そしてリーアム・ニーソンが「わふわふ!」とか言っててちょーかわいい!

ネタバレしています。
プルートで朝食を/Breakfast on Pluto彼はキトゥンと名乗ります。聖パトリックの従者である聖キトゥンと。あくまでもパトリックの従者なわけ。
いくら名を偽っても、男であるパトリックからは逃れられないと解っているのかなとも思いますね。

で、お母さんを探して旅をしつつ、いろんな人に会うんです。優しい人もいれば、そうでない人もいる。

彼はロックバンドのボーカル、ビリー(ギャヴィン・フライデー)と良い仲になるのだけれども、ビリーが「母が残してくれた家だ」とキトゥンを連れてきたトレーラーハウスは、テロリストの隠れ家なのね。
プルートで朝食を/Breakfast on Plutoキトゥンはビリーが去るとき、「バラもチョコレートも口先だけだって知ってた、でも幸せだった」それでもあとあとまで、真剣な恋もあったと言い、そのたびビリーを思い出しているふしがあるわけ。

これすごい悲しいなあと思って、幸せな恋愛の真っ最中に、相手がウソをついていても、気づかないことのほうが多いじゃないですか。多くないですか? 恋は盲目って言うしね。でもキトゥンは気づいていて、それでも喜ぶふりをして、幸せだったと言う、相手を憎まないんですよね。
プルートで朝食を/Breakfast on Pluto話が前後するけれども、キトゥンはアイルランド人でですね、この時代、北アイルランド紛争が激化しテロが頻発していたんですね。

ですから、キトゥンの人生とテロは関係が深いんです。
ビリーの元を離れるきっかけになったのは爆弾テロだし、友達がIRAに傾倒していったり、テロリストと間違われて拘留されたりするしね。

でもたぶん、本人はそのことを強く意識はしていないんです。なんかね、すごいぽわーっとしているの。見ていてちょう不安になる、もう、この子は! しゃんとして! かあさん心配ですッ!
プルートで朝食を/Breakfast on Plutoで、どう考えてもどんどん堕落していってしまうのだけれど(街娼になっちゃいますからね、もう、どん底じゃん!)本人はさほど悲壮感もない。

真剣真剣って、もー、やんなっちゃう!」とか言うの。現実逃避しているんじゃないのかなあ、厳しい現実と向き合えないから、なんとかやっていくためにはふわふわしておくしかない。

本人の心持ち的にはそれでいいんだけれど、見ているこっちはハラハラするよ…! いつ死んでもおかしくないんだもの。
プルートで朝食を/Breakfast on Plutoいちばん焦ったのは、マジシャンのバーティ・ヴォーン(スティーヴン・レイ)と知り合ったとき。相手がマジシャンだとわかったとたん、キトゥンはぽわーんとなってしまうのね、すてき! って。でも、さっき他の人に殺されかかったばっかりなんですよ。おい! ちょっとは人を疑うということをだな…。

でもバーティはすごく優しい人で、キトゥンのこともすごく大切にしてくれたので、ほっとしました。ほんと、キトゥンを見ていると母親の気持ちになってしまうよ。
プルートで朝食を/Breakfast on Plutoリーアム・ニーソンおとうちゃんはね、神父なんですけれど、リーアム神父なんですけれどね、キトゥンが働いている覗き部屋に来て、母親の住所を教えていくんですね。もうね、神父なリーアムとうさんが、いったいどんな気持ちでいかがわしい街に足を踏み入れたのかと、自分の息子を指名してさ、ベビードールに身を包んだ息子がセクシーポーズを取る様子をさ、どんな気持ちで見ていたかと思うと、もうね! お、おとうちゃん…!
というわけで、ドラァグクイーン映画ではなくショーはあまりないですが、良い映画でした。おとうちゃん!

photo
プルートで朝食を [DVD]
ポニーキャニオン 2006-12-22
評価

by G-Tools , 2014/04/22

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
THE GREY 凍える太陽THE GREY/監督:ジョー・カーナハン/2012年/アメリカ リーアム・ニーソンはみんなの師匠でお父さんなんです! リーアム・ニーソンが好きで好きでたまらないです。かっこいいじゃないですか、還暦ですよ。わたしリーアム大好きですけどやっぱ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/08/17 12:03 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在998件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM