一枚のハガキ/いつになったら、戦後は終わりますか?

一枚のハガキ

一枚のハガキ監督:新藤兼人/2011年/日本


邦画界最高齢の現役映画監督、新藤兼人監督引退作。


今日は終戦の日です。というわけで、反戦映画の「一枚のハガキ」。御年99歳(撮影当時は98歳)の新藤兼人監督作です。この監督の他の作品をまったく見たことがないので、どんなかんじなのかわからないまま見てみました。意外に笑えるところが多く、しめっぽさやお涙頂戴もなくてよかったですね。監督の実体験をもとにしており、メッセージ性が強いわりにカラッとしていて良いです。

あらすじ:戦友から1枚のはがきを託された男が、戦友の妻を訪ねる。

松山(豊川悦司)と森川(六平直政)は、海軍に所属する戦友。松山は、フィリピンへ行くことになった森川から、「今日はお祭りですが あなたがいらっしゃらないので 何の風情もありません 友子」と書かれたはがきを受け取る。もし自分が死んだら、このハガキを持って妻のところへ行ってほしい、たしかに読んだと伝えて欲しいと。

おすすめ
ポイント
豪華俳優陣で安定感あり。大竹しのぶの顔がすごい。
バーレスクダンサーのTAMAYOさんがおっぱいほっぽりだしています。
一枚のハガキ友子(大竹しのぶ)は、夫が戦死したあと、義父母(柄本明倍賞美津子)に請われて夫の弟、三平(大地泰仁)と再婚。しかし赤紙が来てしまい三平も戦死、義父母も次々にこの世を去った。天涯孤独の身になった友子は、ひとり貧しい生活を送っていた。

一方、松山は無事に帰ってきたが、家には誰もいなかった。女房が自分の父親と逃げてしまったのだ。

この、友子と松山それぞれの事情を説明していくシーンがですね、なんか笑えちゃうんです。
一枚のハガキ特に友子のほうは、起こっていることがとにかく悲惨なのに、出征シーンのところとか4コママンガみたい。

松山は、ようやく家に帰ってきたと思ったら女房は父親と逃げるわ近所のガキどもにはばかにされるわですっかりやる気をなくし、ものすごい適当に釣りをしたりして無職のままうっかり4年も過ごしてしまう。

こっちも悲惨は悲惨なんだけど、叔父(津川雅彦)とのやりとりや、女房(川上麻衣子)と対面してものすごい気まずそうなところとか、やっぱりマンガ的なんですね。
一枚のハガキ全体的に役者がオーバーアクトぎみだし、自然なかんじはないんです。急に「まだ戦争は終っていないぞー!」って叫んだりするし。カメラもほぼ固定です。

友子に思いを寄せる村のいばりんぼう(大杉漣)も、絵に描いたような滑稽な演技と外見で、笑いを誘います。
大杉漣が張り子の龍に入ってわあわあ言っているのを豊川悦司が黙らせるシーンなんか、ぷっ! って吹き出しちゃいます。

戦地に赴くことになるか、行かずに済んで生きて帰れるかは、クジで決まるのです。最初100人いた海軍の小隊も、94人が死んでしまう。

なぜ死んだ、なぜ帰ってきた、なぜあの人が死んであんたが生きてるんだ、と泣き叫ぶ友子のその問いに、松山は「クジだから」としか答えません。そう答えるよりほかないんですね。そして泣き叫んでいた友子の方も、クジならしかたないと諦めたようになる。運命だからしょうがない。戦争だからしょうがない。
そうやって諦めようとしていても、新しい世界へ踏み出そうと決意しても、愛する者を奪われた悲しみが癒えることはないわけです。すべてを失ってから新しい一歩を踏み出したとき、ようやく未来が見えてくる。
苦しいかもしれないがその一歩を踏み出していきましょう。そのとき、戦後が終わるのかもしれません。

一枚のハガキこの映画、大竹しのぶがちょっと年取り過ぎなんですよ。ほんとはもっと若い俳優のほうがよかった、役柄的には20代後半〜30代後半くらいなんですね。

しのぶはもう54歳ですからね、54歳で「こどもを産む」とか言うのもやっぱちょっと厳しい。んだけれど、たぶんねえ、30代くらいの女優で、大竹しのぶほどに演技の出来る人がいなかったんじゃないのかなあって思うんですよね。クライマックスの顔とかえらいことになってますからね。あれはなかなかできない。
もしくは、男性は70歳を超えてくると20代の女も40代の女も同じに見えているみたいで、可愛い可愛いとかわいがってくれる、ようなかんじで、98歳にもなったら30代も50代も同じに見えるのやもしれません。
いやさすがにそれはないか。

photo
一枚のハガキ【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2012-02-21

by G-Tools , 2014/07/22

JUGEMテーマ:邦画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
「先日、ある大先輩の方が、 『監督も歳とるとつまらなくなるね。 最後までオモシロかったのはルイス・ブニュエルくらいだ』と、 そうおっしゃっていたんだけど、 日本にもそれと同じくらいバイタリティあふれる監督が、 それもなんと現役でいる」 ----それが、この新
  • ラムの大通り
  • 2011/08/15 9:56 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM