アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!/落ちこぼれ刑事が巨悪に立ち向かう!

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!THE OTHER GUYS/監督:アダム・マッケイ/2010年/アメリカ


あれっ、いつものウィル・フェレルじゃない…!


俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」のアダム・マッケイ監督。ウィル・フェレルと組んだ映画は他にも「マーシャル博士の恐竜ランド」「タラデガ・ナイト オーバルの狼」「奥さまは魔女」「俺たちニュースキャスター」など。「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」は洋盤ブルーレイを持っていますが、しゃべりの多いコメディ映画はさすがに日本語字幕がないとつらく、最初の3分くらいだけ見てほったらかしていました。

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)あらすじ:スター刑事の栄光の陰に隠れた地味な刑事2人。ひょんなことからある投資家を逮捕するが…。

ニューヨーク市警の花形刑事、ダンソン(ドゥウェイン・ジョンソン)とハイスミス(サミュエル・L・ジャクソン)。粋なセリフとド派手なアクションで、街の人気者だよ。しょぼいチンピラを捕まえるために街を破壊したって許してもらえるんだ。

※ストーリー上のネタバレはありません
おすすめ
ポイント
いつもとちょっと違うウィル・フェレル。マーク・ウォルバーグとの相性も良いです。
ロック様&サミュエル・L・ジャクソンのコンビもアホっぽくて◎
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)いっぽう、地味〜な脇役刑事、テリー(マーク・ウォールバーグ)とアレン(ウィル・フェレル)。テリーはやる気はあるものの過去の失敗でバカにされ、アレンはデスクワーク大好きでヘンに生真面目なウザイ奴。

…ん? 

デスクワーク大好きで、ヘンに生真面目な、ウザイ奴。
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)ウィル・フェレルが、デスクワーク大好きで、生真面目?(ウザイはいつものことだけど)

マーク・ウォールバーグはウィル・フェレルのことが大嫌いでケンカしようとするんだけど、ウィル・フェレルに言い負かされてしまいイラッとしてコーヒーをぶっかけたりするのね。ウィル・フェレルが相手を冷静に言い負かすとか、どうしたの? コーヒーをぶっかけるのは今までだったらウィル・フェレルの役割だよね。

というわけで、この映画、いつものウィル・フェレルじゃないんですよ。
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)あの、でかい子供みたいで突然大声を出したりしつこいくらいにボケ倒したりオーバーなリアクションをとったり毛むくじゃらでぶよぶよな裸体をさらしたりしているいつものウィル・フェレルじゃないんですよ。どうしたの? 何があったの? ていうか、誰なの?! 見た目はウィル・フェレルなのに、違う人みたいだよ?

それがいけないというわけではないんですよ。なんか物珍しくていいんですよ。他の映画ではいつもシモネタばっかり言っているウィル・フェレルが、
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)見てこのマグカップ、パッと見"FBI"っぽいけど、よく見るとちょっとエッチなことが書いてあるんですよ。
うふふ、どうかな、僕のこのセンス。あれ? どうしたの? もしかしてこの面白さわからなかったのかな、えっとね、つまりこれはね…


などと、ものすごいレベルの低いシモネタ未満のギャグをものすごい真面目に解説してしてしまうという、おい、お前一体どうしたんだ感がね、これはいいです。

ただ、この映画に足りないのはテンポのよさなんですね。もういつも言っていますけれど、映画はテンポが命なんですよ、どうしても。しかもコメディ映画ですんで、気持ちよく進んでいかなきゃならないんです。
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)それがどうも、もたもたしてるように見えるんですね。アバンタイトルのアクションシーンなんかは編集もパパッとしているのですが、それに対するこの本編のもさっと感、これはねーもしかしたらわざとなのかなあ? いや、どうだろう…。わざとじゃないとしたら、このテンポの悪さは非常にもったいない。

ウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグが追うのは経済犯罪で、あくまでも脇役刑事の地味な活躍という内容なので、どうしても全体的に地味なんです。起こっていることは大規模だけれど、見た目にはこぢんまりしている。それも別にいいんですよ。
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)現実として一般の善良な人たちを追い詰める犯罪者というのは、テロリストや巨大麻薬密売組織ではなく、こういった金融犯罪だったりするのです。そしてそういう犯罪者を逮捕するのは、銃をぶっぱなす派手な刑事ではなく地道に捜査を重ねる刑事だったりするのです。ですからこの映画はリアリティのあるものであるし、ブラックコメディに近いのだと思います。

ですからそういう部分はよいんです。ただ、ウィル・フェレルはTLCが好きという設定でTLCネタがたっぷり入っているんですけれども、これはどうしても日本語字幕だとわかりづらくまたTLCを知らないとどうにもならないという難しいネタでした。。
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)というわけで、いつものウィル・フェレルを期待して見てしまうと、ちょっと戸惑ってしまいます。ですが、ウィル・フェレルがいつもと違うよ、というのを楽しむ映画でもあると思います。

わたしがこの映画をバディムービーの『パロディ』だと思って見ていた、というのもちょっとこれはわたしに否がある。パロディになっているのはロック様とサミュエル・L・ジャクソンのところで、ウィル・フェレルのマーク・ウォルバーグについてはパロディというのとは別の方向へ向かっているコメディだったんですよね。
アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(THE OTHER GUYS)なんだか感想がだんだん「よかった探し」になってきていますが、やはりどうしてもテンポの問題が気になるんです、繰り返しになりますが。そこさえ良ければ…。

ちなみに邦題の「踊る」部分ですが、これは確かに踊ってはいます。踊ってはいますけれども、ナポレオン・ダイナマイト」がバスに乗っているから「バス男」という邦題がついたのと同レベルであり、本編の内容とはほぼ無関係でした。
photo
アザー・ガイズ [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2013-09-03

by G-Tools , 2014/07/22

JUGEMテーマ:洋画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
監督 アダム・マッケイ 主演 ウィル・フェレル 2010年 アメリカ映画 116分 コメディ 採点★★★★ 人気者って、往々にして口が達者ですよねぇ。私も口が達者とはよく言われますが、概ね人を怒らせる方向で達者なので人気者にはなれず。ただ、集団の中で怒らせた
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2011/08/24 1:04 PM
「俺たち○○○」シリーズ?最新作。出演はもちろんこの人ウィル・フェレルと『ザ・ファイター』で好演を見せたマーク・ウォールバーグ。ダメ刑事のこの2人がいつの間にか重大犯罪の解決に巻き込まれてゆく姿を描いた爆笑コメディムービーだ。共演にサミュエル・L・ジ
  • LOVE Cinemas 調布
  • 2011/08/24 11:03 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM